VUCA時代の「働き方」をデジタルアップデートする

デジタルテクノロジーの急速な進歩によりもたらされた予測不能、VUCAの時代。
同時にそれは時間と空間を凌駕し、コミュニケーションの質を変えました。
「TREASURE DATA “PLAZMA” TORANOMON」では、
しなやかなマインドセットと最先端のテクノロジーツールを携えて、
企業の方向性や組織のあり方、また個人のキャリアといった視点から
VUCA時代の生き抜き方、本質的な「働き方」のアイディアを提供します。

詳細はこちら

“ PLAZMA ” で実施する5つのCoreプログラム

  • Keynote

    Sharing Mind

    30-40代のビジネスパーソンをターゲットに、VUCA時代に持つべきマインドをシェアするセッション

  • Showcase

    Sharing Technology

    デジタルに関連するテクノロジー企業のソリューションを徹底的に紹介

  • Case Study

    Sharing Business

    ユーザー企業によるデジタル活用事例の共有、明日からのヒントが得られるセッション

  • Tech Talk

    TD Engineer Talk

    TDやゲストスピーカによる、サポートエンジニアリングに関する
    Tech Talk & Meet up event

  • TUG

    Treasure User Group

    TDユーザー同士の情報交換から Product Update、
    ソリューションの模索、Meetup Program の展開

SPEAKER

伊藤 嘉明<br>Yoshiaki Ito
arrow

伊藤 嘉明
Yoshiaki Ito

X-TANK コンサルティング株式会社
代表取締役社長兼CEO
株式会社ジャパンディスプレイ
常務執行役員CMO兼CSO
close
info:
2017年10月より液晶ディスプレイ世界大手の(株)ジャパンディスプレイ 執行役員CMOとして経営再建に参画。1969年タイ・バンコク生まれ。米国サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールにてMBA取得、オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部卒。 2004年デルに入社、公共営業本部長兼米国本社コーポレートディレクターとして複数の大型案件を勝ち取り、アジア太平洋地域のベスト・リーダーに選出される。 アディダスジャパンの上席執行役員副社長兼営業統括本部長としては落ち込んだ売り上げをリーマンショック時にV字回復、過去最高売り上げおよび利益を達成。ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)ホームエンタテインメント部門の日本・北アジア代表就任時には同グループ内で5期連続世界一の収益達成、各種アワードを受賞、グローバルベストリーダーに選出。その後ハイアールアジア(現アクア)の社長兼CEOとしては15年連続赤字だった旧三洋電機シロモノ事業体を就任一年で黒字転換し、事業再生を成功させる。
加藤 信介<br>Shinsuke Kato
arrow

加藤 信介
Shinsuke Kato

エイベックス株式会社
グループ執行役員
CEO直轄本部
本部長
close
info:
2004年エイベックス株式会社に新卒入社。入社後は音楽事業に長く携わり、2016年に社長室へ異動。社長室部長として、構造改革や新規プロジェクトに参画。2017年よりグループ執行役員として戦略人事・グループ広報・マーケティングアナリティクス・デジタルR&Dを担当。2018年4月には組織名称をCEO直轄本部とし、左記の領域に加えて、新事業推進・戦略投資を管轄。
arrow

若原 強
Tsuyoshi Wakahara

コクヨ株式会社
ワークスタイル研究所
所長
若原 強<br>Tsuyoshi Wakahara
close
info:
コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所 所長。東京大学大学院修了後、SIer、経営コンサルファーム、ブランドコンサルファームを経て2011年コクヨ株式会社入社。社内マーケティング改革、アジアフラッグシップショールーム構築、オフィスレイアウト自動化システム構築等、それまでのキャリアで培った「ビジネス×クリエイティブ×テクノロジー」というスキルの組合せにて幅広く活動。2016年より現職。新しい働き方・暮らし方の研究に従事しつつ、自分自身の働き方実験として複業で個人事業を立ち上げ、個人コンサルタントとしても活動中。外部講演も多数。
arrow

大沢 かおり
Kaori Ohsawa

パイオニア株式会社
市販事業部 事業企画部
テレマティクス部
マーケティング部 1課
大沢 かおり<br>Kaori Ohsawa
close
info:
2004年パイオニア株式会社に入社。国内海外のロジスティクス、経営統括業務などを経て、2015年よりテレマティクス事業部に異動。同事業部にて交通事故を削減するための先進運転支援システム「Intelligent Pilot」の開発に参画。現在は豊富な経験を活かし「Intelligent Pilot」のマーケティング活動に従事。
河本 薫<br>Kaoru Kawamoto
arrow

河本 薫
Kaoru Kawamoto

滋賀大学 データサイエンス学部教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長
丸ノ内アナリティクス理事
元 大阪ガス(株)ビジネスアナリシスセンター所長
close
info:
1991年、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修了。大阪ガスに入社。1998年から米国ローレンスバークレー国立研究所でエネルギー消費データ分析に従事。帰社後、大阪ガスにてデータ分析による業務改革を推進。2011年からデータ分析組織であるビジネスアナリシスセンターの所長を務め、大阪ガスにおいてデータ分析組織を定着させた。日経情報ストラテジーが選ぶ初代データサイエンス・オブ・ザ・イヤーを受賞。2018年4月より現職。大阪大学招聘教授を兼任。博士(工学、経済学)。著書に『会社を変える分析の力』(講談社現代新書)、『最強のデータ分析組織』(日経BP)など。NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演。
村上 臣<br>Shin Murakami
arrow

村上 臣
Shin Murakami

LinkedIn Japan
カントリーマネージャー
close
info:
大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。その後統合したピー・アイ・エムとヤフーの合併に伴い、2000年8月にヤフーに入社。一度退職した後、2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。2017年11月にLinkedinの日本代表に就任。複数のスタートアップの戦略・技術顧問を務めている。
arrow

中島 徹
Tetsu Nakajima

Mistletoe株式会社
Chief Investment Officer
中島 徹<br>Tetsu Nakajima
close
info:
2002年東芝入社。研究開発センターにて無線通信の研究・無線LANの国際規格の標準化・半導体チップ開発業務に従事し、数十件の特許を取得。2009年から(株)産業革新機構に参画し、Whill・イノフィス等のロボティクス/IT/ソフトウエア系を中心に日本と米国シリコンバレーでのベンチャー投資に従事。エンジニア経験を活かして投資先の業績改善にハンズオンでコミットし、中村超硬の上場・Ripplexのカシオへの売却など複数のExitを達成。また、日本とシリコンバレーの有力な投資家・起業家とのネットワークを有する。2016年8月よりMistletoeに参画し、2017年11年よりChief Investment Officerに就任。日本・米国・欧州などグローバルにベンチャー投資を手掛ける。
arrow

橋本 好真
Yoshimasa Hashimoto

ソニーマーケティング株式会社
プロダクツビジネス本部
カスタマーリレーション部
ダイレクトコミュニケーション企画推進課
橋本 好真<br>Yoshimasa Hashimoto
close
info:
ソニーマーケティング株式会社にてデジタルマーケティング領域をリード。デジタル広告、ウェブサイトマネジメント、ECシステム構築、DMP、マーケティングオートメーションなどを担当し、One to Oneマーケティングを推進。過去にはEコマースのプロダクトマーケティング担当としてミラーレス一眼カメラなどの新カテゴリーの立上げを担当。一橋大学大学院国際企業戦略研究科修了(MBA)
矢野 一路<br>Ichiro Yano
arrow

矢野 一路
Ichiro Yano

アクセンチュア株式会社
通信・メディア・ハイテク本部
シニア・マネジャー
close
info:
2008年 早稲田大学理工学部卒業、同年アクセンチュアに入社。 ハイテク業界を中心に、基幹システムのSI案件、グローバルHR改革やグローバルWeb改革など、多岐に渡るプロジェクトをデリバリー。近年は、グローバルデジタルマーケティング改革やABM・リード育成を軸にしたマーケティング改革など、B2Bマーケティングに関するプロジェクトを主に担当。
田沼 和義<br>Kazuyoshi Tanuma
arrow

田沼 和義
Kazuyoshi Tanuma

スターツ出版株式会社
オズモール マーケティング部
部長
close
info:
出版社にて販売、マーケティング担当を務めたのち、2008年にスターツ出版入社。女性向けサイト「OZmall」にてネイルサロン予約サービスの立ち上げ、営業支援ツールの構築、ポイントサービスの立ち上げ、CRMシステムの導入、リスティング広告のインハウス化などを担当。2016年より現職。現在は集客からCRMまでデジタルマーケティング全般を担当。
arrow

柴田 剛
Tsuyoshi Shibata

株式会社ブレインパッド
マーケティングプラットフォーム本部
営業部 部長
柴田 剛<br>Tsuyoshi Shibata
close
info:
ブレインパッド入社後、プライベートDMP「Rtoaster」を活用したコンサルティング業務に携わる。主な担当プロジェクトは、大手通信業者のデジタルマーケティング支援、大手EC業者のプロモーション改善、大手流通業者のオムニチャネル(EC)活用プロジェクトなど。現在は営業部およびクライアントデリバリ部門の責任者として、Rtoasterを中軸とした各種プロダクトの販売活動を行う。
arrow

星野 拡
Hiromu Hoshino

エイベックス・デジタル株式会社
ビジネスデベロップメントグループ
シニアプロデューサー
星野 拡<br>Hiromu Hoshino
close
info:
映画配給会社を経て2009年にエイベックス入社。映像・音楽ソフトのプロモーションを担当。定額制映像配信サービスdTVでは、サービス開始当初からPR戦略やデジタル上を中心としたコミュニケーション全般を担当。2017年からマーケティング部門において、データ環境の整備やユーザーの行動分析を推進。現在は新規事業開発の部門でエンタメ×テクノロジーをテーマにした新規事業に着手。
堀 龍介<br>Ryusuke Hori
arrow

堀 龍介
Ryusuke Hori

株式会社テレビ東京コミュニケーションズ
テレビ東京コミュニケーションズ動画ビジネス部
部長
close
info:
2003年、メーカー系SIerのNECソフトに入社。システムエンジニアとして官公庁系認証システムの構築に従事。その後、動画配信ベンチャーでのWeb制作職を経て、2007年に博報堂グループに参加。クライアント企業のプロモーションプランニングに携わり、2015年にテレビ東京グループに。テレビ東京の広告付き動画配信の事業推進、マネジメントを担当。
森谷 尚平<br>Shohei Moriya
arrow

森谷 尚平
Shohei Moriya

凸版印刷株式会社
メディア事業推進本部
メディアマーケティング部
主任
close
info:
メディア事業推進本部 メディアマーケティング部 主任 2008年凸版印刷入社。電子チラシ配信サービス「Shufoo!」・クラウドフォトサービス「いい色」・自動サンプル配布メディア「Samplin」等、一貫してウェブメディアの企画開発を担当。現在はイノベーショングループリーダーとして新規サービスやDMPの企画開発を推進中。
arrow

堀之内 美帆
Miho Horinouchi

アウトブレインジャパン株式会社
マーケティング マネージャー
堀之内 美帆<br>Miho Horinouchi
close
info:
アウトブレイン ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー。2008年 日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。システム営業としてメガバンクから地方銀行まで金融機関の顧客を担当。2012年同社退職後、仮想化ソフトウェア大手のヴイエムウェア株式会社にてビジネス・デベロップメントおよびマーケティング・オペレーションとして4年間の経験を積み、2017年4月よりアウトブレイン ジャパン株式会社にマーケティングマネージャーとして参画。
arrow

植山 浩介
Kousuke Ueyama

SATORI株式会社
代表取締役社長
植山 浩介<br>Kousuke Ueyama
close
info:
東京大学情報理工学系研究科修士課程終了後、トライアックス株式会社を設立。ウェブシステム構築事業を開始し、中小企業から大手企業まで様々な顧客のウェブ支援、大学・研究機関や先端ベンチャー企業が求めるシステムの開発支援事業に従事。そのノウハウを基盤とし、「ワンストップで顧客とコミュニケーションが取れるプラットフォーム」を提供したいとの想いから、2015年にSATORIをスタート。「あなたのマーケティング活動を一歩先へ」をビジョンに、国産マーケティングオートメーションツール・「SATORI」の経営、マーケティング活動を行う。
濱野 幸介<br>Kousuke Hamano
arrow

濱野 幸介
Kousuke Hamano

プリズマティクス株式会社
代表取締役
close
info:
アウトブレイン ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー。2008年 日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。システム営業としてメガバンクから地方銀行まで金融機関の顧客を担当。2012年同社退職後、仮想化ソフトウェア大手のヴイエムウェア株式会社にてビジネス・デベロップメントおよびマーケティング・オペレーションとして4年間の経験を積み、2017年4月よりアウトブレイン ジャパン株式会社にマーケティングマネージャーとして参画。
吉武 亜季子<br>Akiko Yoshitake
arrow

吉武 亜季子
Akiko Yoshitake

Tapad Inc.
Commercial Director
close
info:
2017年6月よりTapadの日本ビジネスリードを担当。国内外事業社(DSP, DMP, Eコマース、媒体社など)へTapadのクロスデバイスソリューション「The Device Graph™」の提供に向け、パートナーシップ構築を進めている。Tapad参画前は、Kenshoo Japanやサイバー・コミュニケーションズ(CCI)で、17年以上に渡り、メディアプランニングからクリエイティブプロジェクト、広告商品の開発や海外企業との提携業務を含むインターネット広告並びにアドテクノロジービジネスを経験。
arrow

新谷 哲也
Tetsuya Shintani

The Trade Desk Japan株式会社
Country Manager, Japan
新谷 哲也<br>Tetsuya Shintani
close
info:
The Trade Deskのカントリーマネージャーとして日本市場での同社プラットフォームのチャネル開発とサポートをリード。これまでビジネス企画・開発、メディア企画・開発、第三者配信など黎明期から様々なビジネスの立ち上げを担当。特に、インターネット広告ビジネス関連では、広告プランニングから企業戦略立案・投資まで幅広い経験がある。現職以前は電通 デジタル・ビジネス局に所属、2014年7月より現職。
arrow

遠藤 寿彦
Toshihiko Endo

株式会社Geolocation Technology
取締役営業部長
遠藤 寿彦<br>Toshihiko Endo
close
info:
フリーランスでのDTPデザイン・マルチメディア制作を経て、1996年9月 静岡インターネット株式会社社外取締役に就任。2000年2月 株式会社Geolocation Technology 社外取締役として参画し2006年10月常勤取締役に就任。現在、取締役営業部長として営業部門を統括。
竹川 隆司<br>Takashi Takekawa
arrow

竹川 隆司
Takashi Takekawa

株式会社zero to one
代表取締役CEO
close
info:
野村證券にて国内、海外勤務等を経て、2008年よりフィルモア・アドバイザリー(東京)、Asahi Net International(ニューヨーク)にて、特に教育テクノロジー分野での創業・事業立ち上げを行う。2016年にzero to oneを創業、AI、ビッグデータなど高度IT分野の人材育成コンテンツの開発・展開に従事。震災後の東北復興支援にも深く関わり、東北風土マラソン&フェスティバル(登米市)、INTILAQ東北イノベーションセンター(仙台市)立ち上げ等。ハーバード大MBA。
館野 裕介<br>Yusuke Tateno
arrow

館野 裕介
Yusuke Tateno

Antuit株式会社
ソリューション・コンサルティング・グループ シニア・マネージャー
close
info:
日本アイ・ビー・エム㈱でソフトウェア営業リーダーを担当後、16年よりAntuit㈱に入社。グローバルのデータサイエンティストの知見を活用したマーケティング、サプライチェーン領域のデータ分析関連サービス、及びサイバーセキュリティビジネスの事業開発・営業・マーケティング活動を担当。
arrow

奥野 和弘
Kazuhiro Okuno

ドーモ株式会社
ディレクター
プリセールスソリューションズ
奥野 和弘<br>Kazuhiro Okuno
close
info:
2015年Domo入社。Domoを活用して課題を解決するソリューションコンサルタントとして、顧客企業のPDCAサイクル改善やデータドリブンな文化の推進、ビジネス課題の解決と最適化に貢献している。Domo入社以前は、複数の外資系IT企業でエンジニアやプリセールスを経験。保険・通信・小売・製造・公共事業など幅広い顧客を担当する中で、様々なビジネス課題解決に尽力した。2017 年 2 月より現職。
arrow

岡安 伸泰
Nobuyasu Okayasu

株式会社アイ・エム・ジェイ
Marketing Platform
第1本部
Customer Success部
部長
岡安 伸泰<br>Nobuyasu Okayasu
close
info:
2007年1月、DoubleClick Japanに入社し、デジタルマーケティング分野でのキャリアをスタート。アドテクノロジーとマーケティングプラットフォームのコンサルタントとして、最新のソリューション導入からオペレーション適正化まで多くの実績を持つ。現在は株式会社IMJにてCustomer Success部長を務め、マーケティングプラットフォームビジネスを牽引する。
重原 洋祐<br>Yosuke Shigehara
arrow

重原 洋祐
Yosuke Shigehara

株式会社Legoliss
取締役 副社長
close
info:
2002年にDAC入社。様々なプロジェクトなどを経験し、アイメディアドライブ/モデューロの代表取締役就任。 退任後はフリーを経てLegolissに参画。Legolissでは主にDMP関連の構造構築やビジネス開発を担当。
田中 龍<br>Ryu Tanaka
arrow

田中 龍
Ryu Tanaka

株式会社Legoliss
取締役/
マーケティングマネージャー
close
info:
2003年、株式会社オリコム入社。2007年より、株式会社大広にて、アカウントプランナー/ストラテジックプランナーとして、 事業戦略/新商品戦略構築や、ブランドコミュニケーション設計、データマーケティングなどを支援。2015年よりLegolissに参画。
arrow

市川 恵理
Eri Ichikawa

ブライトコーブ株式会社
Account Manager,
Digital Marketing
市川 恵理<br>Eri Ichikawa
close
info:
国内の動画配信事業社にて、約6年半企業での動画活用の啓蒙から、コンテンツの企画制作配信分析をトータルでサポート。2016年10月より、Brightcoveにて自社サービスであるVideoCloudを活用したオウンドメディアの動画マーケティング推進に専念。
arrow

小松 昇平
Shohei Komatsu

Datorama Japan株式会社
セールスマネージャー
小松 昇平<br>Shohei Komatsu
close
info:
Datorama Japan(デートラマジャパン)のセールスマネージャーとして、日本市場におけるサービス導入提案、運用支援を担当。2016年10月に入社後、大手広告代理店、グローバルブランドへの提案・導入を実現。また、ビデオリサーチやアドエビスなどとの連携プロジェクトも担当。一貫してマーケティングにおけるデータ活用支援に従事。趣味は卓球。さとなおオープンラボ7期卒業生。
酒田 理人<br>Masato Sakata
arrow

酒田 理人
Masato Sakata

株式会社ブログウォッチャー
プロファイルパスポート事業部
ロケーションインテリジェンス本部
プロデューサー
close
info:
2008年、株式会社リクルートに入社しWEBサービス全般の検索エンジン基盤の開発と推進を行う。2010年、株式会社ブログウォッチャーに新規事業企画担当として参加し、位置情報データプラットフォーム「プロファイルパスポート」の研究開発を海外企業と提携しながらスタート。2014年、同事業の事業責任者に就任後、位置情報を活用した広告サービス「エリアアドネットワーク」や、自社のスマホアプリを位置情報データ対応させる「プロファイルパスポートSDK2.0」のリリースを行う。2016年現在、同サービスは大規模チェーン店や大手メディアアプリを中心に導入されており月間利用ユーザは1000万人を突破している。
西岡 彩織<br>Saori Nishioka
arrow

西岡 彩織
Saori Nishioka

株式会社PLAN-B
Juicer事業部
close
info:
2015年に株式会社PLAN-Bに入社し、DMP「Juicer」の立ち上げに参画。 現在は「Juicer」のUX領域を主に担当しながら、新規機能の開発・マーケティング・顧客対応などにも従事。
arrow

上村 篤嗣
Atsushi Kamimura

株式会社ブレインパッド
コミュニケーションデザイン部
マネージャー
上村 篤嗣<br>Atsushi Kamimura
close
info:
営業職、情報システム職を経て、現在はマーケティング × テクノロジーの観点で、顧客のデジタルマーケティングを支援。自身がユーザーとして、自社にMAシステムやCRMシステムなどの各種システム導入を主導した経験を元に、導入目的・KPIの設計、組織内の調整・システム導入、施策の立案・実行の各フェーズに対して「実際に使う立場」の目線で実効的なテクノロジー活用支援を提供。
arrow

音部 大輔
Daisuke Otobe

株式会社クー・マーケティング・ カンパニー
代表取締役
音部 大輔<br>Daisuke Otobe
close
info:
P&Gジャパン、マーケティング本部に17年間在籍し、ブランドマネジャー、マーケティングディレクターとしてアリエール、ファブリーズ、アテント、パンパースなどのブランドを担当し、市場創造やシェアの回復を実現。のちにUS本社チームでイノベーションの知識開発をマーケティングとして主導。帰国後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂など多様な文化背景、製品分野で、複数ブランド群を成長させるブランドマネジメント、組織構築、人材育成を指揮。博士(経営学 神戸大学)。
西村 真里子<br>Mariko Nishimura
arrow

西村 真里子
Mariko Nishimura

株式会社HEART CATCH
代表取締役
close
info:
国際基督教大学(ICU)卒。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後外資系企業のフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社のプロデューサーを経て2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×クリエイティブ×ビジネスをつなげるプロジェクトをスタートアップ、大企業、行政の垣根を超えてゼロイチで作り上げるプロデューサー。J-Startupサポート企業。アート思考ワークショップ・プロデューサー。
堀内健后<br>Kengo Horiuchi
arrow

堀内健后
Kengo Horiuchi

トレジャーデータ株式会社
マーケティング担当ディレクター
close
info:
トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。

5月22日 プログラム

  • VUCA時代を生き抜くための「働き方」

    X-TANK コンサルティング株式会社 代表取締役社長兼CEO
    株式会社ジャパンディスプレイ 常務執行役員CMO兼CSO 伊藤 嘉明氏

  • 組織、制度、オフィス、全てを変えたエイベックスの構造改革とは

    エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長 加藤 信介氏

    エンタテインメントを取り巻く外部環境が大きく変わる中、エイベックスは未来の成長のために構造改革を行い、組織、制度を変え、オフィスもフリーアドレスをはじめとした目指すべき姿を実現するための場に作り直すなど、様々な取り組みを行なっております。本SESSIONではその変革の内容を、実例を交えながらご説明いたします。

  • 2030年の働き方から考える、デジタルアップデートの必要性

    コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所 所長 若原 強氏

    「働き方改革」という言葉が注目を集めるようになって久しい中、産・官・学それぞれが様々な取り組みを展開してきています。この流れの先に、ペーパーレス化や残業削減だけにとどまらない新しい働き方がどのように生まれ、その一方で既存の働き方はどのように消えゆく運命にあるのでしょう?近未来を見据えたとき、そこで主流となりうる働き方と、そこでテクノロジーが担いうる役割についてみなさまと考えてみたいと思います。

  • 大手企業のマネジメントは多様化する働き方をどう許容すべきか?

    X-TANK コンサルティング株式会社 代表取締役社長兼CEO
    株式会社ジャパンディスプレイ 常務執行役員CMO兼CSO 伊藤 嘉明氏
    エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長 加藤 信介氏
    コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所 所長 若原 強氏

  • テレマティクスサービスで交通事故を削減し、安心して働ける環境づくりを実現

    パイオニア株式会社 市販事業部 事業企画部 テレマティクス部 マーケティング部 1課 大沢 かおり氏

    パイオニア株式会社では、交通事故を削減するための先進運転支援システム「Intelligent Pilot」を開発。当社は同システムにて現実世界で発生する交通事故に対して、先進技術やデジタルデータ(デジタル地図データ、走行データ、運転特性データ,etc)を活用し、ひとりでも多くの人を交通事故から守り、安心して働ける環境づくりに取り組んでいます。本セッションでは、今後も進化し続ける先進運転支援システム「Intelligent Pilot」についてご紹介します。

  • 滋賀大学データサイエンス学部の挑戦 ~企業と連携し、学生に実践的なデータ分析教育を授ける~

    滋賀大学 データサイエンティスト学部 教授 河本 薫氏

    滋賀大学は、2017年4月に、日本初となるデータサイエンス学部を開設した。その特徴の一つは、方法論だけでなく、それらを用いて価値創造できる人材を育成する点である。本講演では、企業と連携した価値創造教育プログラムについて紹介する。多くの企業に関心を持っていただき、協力いただける機会となれば有難い。

  • Future of Work(未来の仕事)

    LinkedIn Japan カントリーマネージャー 村上 臣氏

    働き方改革という言葉を目にすることが増えてきた。しかし、それが自分自身にどう影響するのか、また会社にとってどのような意味を持つのか?を深く考えたことはあるだろうか。副業を持つことが改革なのか、ワークプレイスを変革するのか、個人の仕事への向き合い方を変えていくのか?村上は、2017年に世界最大のビジネスSNSであるLinkedInの日本代表に就任。そのサービスを国内に広げながら、自らも働き方改革の担い手として日本のビジネスシーンで幅広く活動している。本セッションでは、これらの潮流を踏まえながら「Future of Work(未来の仕事)」を解き明かす。

  • 自分のスキルを次世代のために活かす”副業”という選択肢

    Mistletoe株式会社 Chief Investment Officer 中島 徹氏

  • “パラレル&デジタル” 人生100年時代に活躍し続ける人物像を探る

    Mistletoe株式会社 Chief Investment Officer 中島 徹氏
    LinkedIn Japan カントリーマネージャー 村上 臣氏
    株式会社HEART CATCH 代表取締役 西村真里子
    トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター 堀内 健后

5月23日 プログラム

  • デジタル化の未来と求められる営業・マーケティング変革

    アクセンチュア株式会社 通信・メディア・ハイテク本部 シニア・マネジャー 矢野 一路氏

    顧客・消費者のデジタル化、それに伴う購買行動などの変化を受け、企業競争の主戦場がデジタルに移っている中、デジタル領域で成功を収めるには、従来の組織、業務や顧客体験に新しいテクノロジーを適用するだけでは足りません。それを超える取り組みが必要です。

  • Lightning Talk

    アウトブレインジャパン株式会社 マーケティング マネージャー 堀之内 美帆氏

  • SATORI with TREASURE CDP 国産MAツール「SATORI」で実現する“強い”オンラインコミュニケーションとは!?

    SATORI株式会社 代表取締役社長 植山 浩介氏

    マーケティング活動において“デジタルファースト“が叫ばれる今、 具体的かつ正確で充分な対応ができているでしょうか。 来訪するリードの“匿名(アンノウン)“率が98%といわれている中、 いち早く顧客と接触し、最適なタイミングでコミュニケーションをとることが ビジネスの明暗を分ける非常に重要なポイントとなっています。 本LTではMAツールベンダーSATORIが“アンノウン“での コミュニケーション事例や最新活用法をご紹介いたします。

  • Lightning TAlk

    プリズマティクス株式会社 代表取締役 濱野 幸介氏

  • クロスデバイスデータ、ファーストパーティxサードパーティデータの可能性

    Tapad Inc. Commercial Director 吉武 亜季子氏

  • 「Rtoaster」が実現する データを活用した One to One CRM

    株式会社ブレインパッド コミュニケーションデザイン部 マネージャー氏 上村 篤嗣氏

    導入250社を超え、DMP市場で3年連続国内シェア№1のプライベートDMP「Rtoaster」を用いると、どのようにCRM・販促活動を改善することができるのか? 今年2月に大幅に機能がアップデートされ、更に使いやすくなったRtoasterで実現できることを、他社事例や施策サンプルを交えて15分でお伝えいたします。

  • 「CVRからLTVへ」OZmallと語るアプリとWebを活用したパーソナライズ施策事例

    株式会社ブレインパッド マーケティングプラットフォーム本部 営業部 部長 柴田 剛氏
    スターツ出版株式会社 オズモール マーケティング部 部長 田沼 和義氏

    DMPを広告やCRMに活用し、さまざまなパーソナライズ施策を実行されてきた OZmallの最近の取り組みについて、ブレインパッドが提供する「Rtoaster」の活用例を中心に パネルセッション形式でお届けします。

  • 一歩先のCDP活用 – The Trade Desk

    The Trade Desk Japan株式会社 Country Manager, Japan 新谷 哲也氏

  • BtoBマーケティングの課題を解決するIP Geolocationとは?

    株式会社Geolocation Technology 取締役営業部長 遠藤 寿彦氏

  • IBMグループのNI+Cが、Treasure Data へ足を踏み入れた理由とは。

    日本情報通信株式会社 バリューインテグレーション本部 ソフトウエアテクニカルセールス部 部長 中田 寛之氏
    日本情報通信株式会社 マーケティングソリューション システムエンジニア 安藤 舞氏

    NI+Cは、NTTとIBMの合弁会社として、主に両社の商材に注力したビジネスを市場に展開。特にAnalyics/Dataの分野では、IBM製品に注力してきました。
    この10年はマーケティング領域にも力を入れてきましたが、ここ数年DMP/CDPの領域を含めた提案が増える中、コンペとしてTreasure Dataの名前を頻繁に耳にするようになりました。
    近年、勢いのあるIBM Watson Campaign AutomationとTreasure Dataを組み合わせて実現する”素敵なマーケティングプラットフォーム”について、少しだけお伝えします。

  • 米国の先端事例から学ぶデジタルマーケティング人材の育成

    株式会社zero to one 代表取締役CEO 竹川 隆司氏

  • お昼休憩

  • Antuit(アントゥイット)のご紹介 -Treasure CDPを活用したデータドリブンマーケティングの実現に向けて

    Antuit株式会社 ソリューション・コンサルティング・グループ シニア・マネージャー 館野 裕介氏

    様々なマーケティングツールが次々に登場する中、それらのツールで獲得できるデータを十分に活用したデータドリブンマーケティングの実践が求められています。Antuitではグローバル140名以上のデータサイエンティストとビックデータエンジニアがAIやデータサイエンスを活用し、マーケティング活動の高度化とビジネス成果の創出をご支援しています。当LTではその実践事例の概要をご紹介いたします。

  • 映像配信サービス「dTV」が取組む顧客視点の退会抑止

    エイベックス・デジタル株式会社 ビジネスデベロップメントグループ シニアプロデューサー 星野 拡氏

    定額制映像配信サービスdTVでは、ユーザーの入会から退会までの行動データを収集・分析し、サービスの改善や退会抑止を目的とした施策の設計に活用しています。ただ、具体的な運用フェーズに至るまでには、データ環境の整備や可視化ツールの導入、仮説設計と効果検証を繰り返すPDCA運用の落とし込みなど、クリアにすべき多くの課題がありました。本セッションでは、そういった現場のリアルな取組みについてご紹介出来ればと思います。

  • 有名企業が続々と導入 ビジネスのためのオペレーティングシステムDomoとは?

    ドーモ株式会社 ディレクター プリセールスソリューションズ 奥野 和弘氏

    JAL、JTB、オープンハウス、パナソニック、ローソンなど業界を問わず多くの有名企業が導入するビジネスのためのオペレーティングシステム、Domoのご紹介をいたします。ビジネスのデータ活用需要が高まる中、リアルタイムでデータを統合し、データドリブンな組織と共にビジネスを拡大するための方法を解説いたします。

  • 最高の顧客体験を創る!IMJ CX Platform

    株式会社アイ・エム・ジェイ Marketing Platform 第1本部 Customer Success部 部長 岡安 伸泰氏

    DMP市場が高い成長率で拡大する一方で、ソリューションを上手く活用しきれず、データ倉庫になってしまっているケースが多く見受けられます。 このようなクライアントの課題を解決し、顧客の体験価値向上を実現する「IMJ CX Platform」について、活用事例を交えてご紹介いたします。

  • Lightning Talk

    株式会社LOAD&ROAD

  • Legolissが提供するTREASURE CDPの活用術

    株式会社Legoliss 冨田 恭平氏

  • ネットもテレ東におけるTREASURE CDPを利用したデータマネジメントの取り組み
    〜何をして、何に苦労して、何が見えたか〜

    株式会社テレビ東京コミュニケーションズ テレビ東京コミュニケーションズ動画ビジネス部 部長 堀 龍介氏
    株式会社Legoliss 取締役/ マーケティングマネージャー 田中 龍氏
    株式会社Legoliss 取締役 副社長 重原 洋祐氏

  • 残念な動画活用あるあるとブライトコーブが提案する改善案

    ブライトコーブ株式会社 Account Manager, Digital Marketing 市川 恵理氏

    企業において今や動画活用は当たり前になりましたが、活用の実態は残念なことが多いのも事実です。本講演ではよく陥りがちな残念な動画活用あるあると、その改善案をご説明いたします。

  • Lightning Talk

    Datorama Japan株式会社 セールスマネージャー 小松 昇平氏

  • TREASURE CDPを活用したデータビジネス最前線

    株式会社ブログウォッチャー プロファイルパスポート事業部 ロケーションインテリジェンス本部 プロデューサー 酒田 理人氏
    凸版印刷株式会社 メディア事業推進本部 メディアマーケティング部 主任 森谷 尚平氏
    株式会社PLAN-B Juicer事業部 西岡 彩織氏
    トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター 堀内 健后

  • デジタルでの顧客理解 〜ソニーマーケティングのOne to One コミュニケーション〜

    ソニーマーケティング株式会社 プロダクツビジネス本部 カスタマーリレーション部 ダイレクトコミュニケーション企画推進課 橋本 好真氏


SPECIAL WORKSHOP

OVERVIEW

  • 名称

    Treasure Data ”PLAZMA” 2018 in Digital Belt

  • 開催日時

    2018年5月22日(火)〜 23日(水)

  • 会場

    虎ノ門ヒルズフォーラム 5F

  • 主催

    PLAZMA実行委員会

  • 参加費

    無料※事前登録制

Scene

ACCESS

PARTNER

TREASURE

DIAMOND

RUBY

GARNET

※社名アルファベット順

EXHIBITION PARTNER

※社名アルファベット順

MEDIA PARTNER

※メディア名/社名アルファベット順

ORGANIZER

WE BELIEVE

プロデューサー
株式会社 HEART CATCH 
代表取締役

西村 真里子

デジタルテクノロジーの中でも特にデジタルマーケティングの知見は、マーケターはもちろん、あらゆる企業人やクリエイター、ソーシャルメディアを使う人たちに必須の知識となりました。これからの時代を生きるすべての人々にとって、デジタルマーケティングは必要な武器となりえます。企業の生産性を高めるためにも、社会課題を解決するためにも有効です。
「開けゴマ」!
今までデジタルマーケティングのノウハウは、一部の人にしか開かれていませんでした。「TREASURE DATA “PLAZMA”」は、21世紀を生きるすべての人々に必要な武器をオープンにします。丸の内・虎ノ門・六本木・渋谷に「デジタルベルト」を形成し、解放された武器を届けていきます。
「いつかやらなきゃ」「誰かがやってくれる」という意識では、シンギュラリティーに負けてしまいます。デジタルマーケティングについて知識をアップデートする機会として、「TREASURE DATA “PLAZMA”」を活用ください。

プロフィール
国際基督教大学(ICU)卒。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後外資系企業のフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社のプロデューサーを経て2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×デザイン×マーケティングを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターを行う。Mistletoe株式会社フェロー。

プロデューサー
株式会社メジャース
取締役

難波 弘匡

メジャースのサービスを通して様々な業界の企業マーケティングをご支援しているなかで、従来型の、企業発信のメッセージや主張だけで市場全体の知識が醸成されていた時代は終わりを迎えつつあると感じています。
企業が抱えている課題をすなわち市場の課題と捉え、主催する企業はもちろん、協賛企業、そして来場者と一緒に課題に向き合い、解決策を模索していく。いわゆるエコシステムとしての在り方ですが、役者は揃っていてもそれを真に実現できているリアルイベントはまだまだ少ないのが現状です。
「時代の潮流をリアルに体感でき、参加者全員でこれからのイノベーションの在り方を模索できる場」。私たちは「TREASURE DATA “PLAZMA”」を通して、そのような「場」を提供していきたいと考えています。

プロフィール
2010年にメジャースに入社後、グーグル社、マルケト社などの外資系IT企業のマーケティングを支援。
成果主義のBtoBマーケティングプロデュースを軸に、リアルマーケティングの総合プロデュース、マーケティング戦略設計、リードジェネレーションのプロセス構築、 インサイドセールスの組織構築など、多岐にわたり企業のマーケティングに携わる。現在は、マーケティング×リアル×テクノロジーを使ってリアルマーケティングにも新しい潮流を起こすことを目指している。

発起人
トレジャーデータ株式会社 
マーケティング担当ディレクター


堀内 健后

トレジャーデータのサービスは、データのためのプラットフォームです。私たちはデータのための「場」を提供する企業として、さらにイノベーションを起こしていくための「場」を提供する企業でありたいと思っています。そのためには、クラウド上で提供するサービスだけではなく、それを使う企業・人、足りない機能や役割を補うパートナー企業・人、そしてサービスをつくる私たちが活発に交流するための「場」が必要です。加えて海外で展開されているイノベーションのうねりを体感したことにも、大きく影響を受けています。
トレジャーデータが日本で事業を開始してから5年が経ちました。激動の環境を成長してこれたのは、支えていただいたみなさまのおかげです。その感謝の気持ちを、社会へのさらなる貢献というかたちにつなげていくためには、この「場」つくりが必須と考えています。私たちは「TREASURE DATA “PLAZMA”」という「場」を通して、みなさまとともにデジタルトランスフォーメーションを加速させ、より良い未来をつくれると信じています。

プロフィール
トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。

Back to top button
Close