おすすめの動画すべての記事

AIによるECサイト利用者の行動分析と顧客体験の改善事例

ホーム » AIによるECサイト利用者の行動分析と顧客体験の改善事例

顧客接点のデジタル化が進み、顧客体験における”不”(=残念な体験)の解消がビジネスの成長に直接的に影響するようになりました。デジタルな接点では顧客の姿を直接見ることは叶わず、データから体験上の”不”を読み解く必要があります。

シンカーの岩瀬 央 氏が、顧客の行動プロセスを自動で分析・可視化するカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」により、ECサイト利用者の行動分析から体験上の”不”を捉え、改善に繋げた事例を紹介しました。

 

岩瀬 央

岩瀬 央 氏

株式会社シンカー

取締役CAO(Chief Analytics Officer)

カスタマージャーニー分析AI「CASTORY」開発者。AIスタートアップ向けビジネスコンテスト「HONGO AI 2019」にて優秀賞を受賞。機械学習を活用したユーザー行動分析で特許を取得。デロイトトーマツ コンサルティングにてRPA・BI・AI導入によるDXの構想策定から実行支援へ従事し、統計・機械学習によるAdvanced Analyticsチームの組成を経て2019年4月より現職。

※トレジャーデータ株式会社が主催した「PLAZMA 小売&アパレル」(2021年7月開催)での講演のアーカイブ動画です。

(時間:32分07秒)

 

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。組織内に散在しているあらゆるデータを収集・統合・分析できるデータ基盤「Treasure Data CDP」を提供しています。デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメション)の根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングカンパニーに導入いただいています。
https://www.treasuredata.co.jp/
Back to top button

PLAZMA 21-カスタマーサクセス-

顧客体験価値を最大化する
データの使い方

2021.12.8(水)-9(木)オンライン開催

詳しくはこちら