記事

VUCA時代に生きるためのヒントを|伊藤 嘉明さん、西村 真里子さんと鼎談を行いました!

トレジャーデータでマーケティングを担当している堀内です。

トレジャーデータが1年をかけて取り組むプログラム「TREASURE DATA “PLAZMA”」の初日、2月19日(月)のキーノート・スピーチを行っていただくX-TANKコンサルティング株式会社 代表取締役社長兼CEO 伊藤 嘉明さんをお迎えし、”PLAZMA”の総合プロデューサーである株式会社HEART CATCH 代表取締役 西村 真里子さん、堀内の3人で鼎談を行いました。


伊藤さんは日本に1台しかない自転車で颯爽と登場!

VUCAという言葉をご存知ですか?

Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(不明確)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉です。
激動し不確かで、複雑かつ曖昧な昨今の社会経済活動を指し、現代はVUCAの時代とも言われます。見通しが立ちにくく、昨日までの常識が通用しないような予測不能の世界のただなかに、私たちは置かれています。

では私たちは、そのようなVUCAの時代に、どのような心構えで立ち向かうべきなのでしょうか?

トレジャーデータは”PLAZMA”のスタートにあたり、数々の苦境に喘ぐ企業の事業再生を行ってこられた伊藤さんに、VUCAの時代に生きる私たちへのヒントをお話しいただきます。異能の経営者ともいわれる伊藤さんとの鼎談は、刺激と気づきに溢れた時間となりました。


鼎談の模様は各メディアで取り上げていただくとともに、当ブログでもご紹介します。伊藤さんの基調講演は2月19日の13時10分から、丸の内JPタワーホールにて行います。「ビジネス界の異端児が考える予測不能(VUCA)時代の突破方法」、是非足をお運びください!

トレジャーデータは2018年、デジタルマーケティングの祭典「TREASURE DATA “PLAZMA”」を開催します。「Network Showcase」の規模を拡大、デジタルマーケティングの最新トレンドを提供し、デジタルトランスフォーメーションを加速させるイベントです。2018年2月19日からスタートします。イベントサイトでプログラムの詳細を紹介しています。

Tags
続きを読む

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。クラウド型データマネジメントソリューションを提供しています。日本では2013年から本格的に事業を展開し、デジタルマーケティングやデジタルトランスフォーメションの根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングに導入いただいています。
Back to top button
Close
Close