ARTICLECASE STUDY

ZOZO×トレジャーデータで挑む、ビッグデータを活用した新しい広告事業|株式会社ZOZOテクノロジーズ

CASE STUDY|株式会社ZOZOテクノロジーズ
開発部データチーム エンジニア 大谷 潤氏

日本を代表するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を中心に、ビッグデータを駆使してビジネスを拡大しているZOZO。今年に入り、Arm Treasure Data eCDPを導入してビッグデータ活用をさらに強化し、新たなビジネスに挑戦しているという。ZOZOは、Arm Treasure Data eCDPをどのように活用し、そしてどのような価値を生み出そうとしているのか。同グループの技術開発を担う株式会社ZOZOテクノロジーズ 開発部データチーム エンジニアの大谷 潤氏が紹介した。

ビッグデータを活用した、広告事業への挑戦

大谷氏はまず、ZOZOのビジネスとそこから生まれるデータについて紹介した。同社は、1200以上のショップ、7000以上のブランドを取り扱い、常時73万点の商品数(全て2019年5月末時点)を展開する日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」、そして1300万以上のダウンロードを達成し800万件以上の投稿(全て2019年5月末時点)を集めているファッションコーディネートアプリ「WEAR」を中心にビジネスを展開し、ファッションに敏感な人々を中心に絶大な支持を集めている。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More

Related Articles

Back to top button
Close