ARTICLECASE STUDY

共通ポイント「Ponta」のデータ資産を企業のマーケティング支援に活用 ~ ロイヤリティ マーケティングが実現したデータエクスチェンジ

Case Study|株式会社ロイヤリティ マーケティング
営業企画部プロダクトチーム リーダー 村田淳史氏

Arm Treasure Data eCDPをはじめとするデータ基盤を活用するメリットは、データの統合管理に加えて、双方の合意があればデータエクスチェンジを活用して様々な企業同士でデータを相互活用できる点です。9,000万人を超える日本最大級の会員数を誇る共通ポイント「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティングも、このデータエクスチェンジに参画している企業のひとつです。では具体的に、「Ponta」の属性データや実利用データにはどのような可能性があるのでしょうか。株式会社ロイヤリティ マーケティング営業企画部プロダクトチーム リーダーの村田淳史氏が「Arm Treasure Data eCDP×Pontaリアルデータで実現できるアプローチとは?」と題した講演で紹介しました。

膨大なデータを蓄積する「Ponta」が感じていた課題

共通ポイント「Ponta」は、ローソン、ケンタッキーフライドチキンをはじめとするリアル店舗、リクルートのホットペッパーグルメやじゃらんnetをはじめとするネットサービス、東京電力や昭和シェル石油をはじめとする生活インフラなど124社22万店舗の提携社ネットワークを誇り、生活者の様々なシーンに浸透している。日々の生活の様々な場面で「Ponta」が利用されることで、生活者のライフスタイルをデータによって深く知ることができるのだ。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close