ARTICLECASE STUDY

タイアップ広告は何を目指すべきか — 講談社「現代ビジネス」とpopInの試みから見えてきたもの

CASE STUDY|
株式会社講談社 第一事業局 コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ リーダー 松村 吏司氏
popIn株式会社 執行役員 西舘 亜希子氏

広告主企業にとって、ターゲットとしている消費者にリーチする手段として、コンテンツマーケティングは重要な選択肢のひとつとなっています。そして、そのコンテンツマーケティングを展開するフィールドとして、コンテンツメディアは重要なパートナーであり、タイアップ記事広告はオウンドメディアだけではリーチできない潜在顧客にリーチする最適な手段のひとつです。しかし、実際にタイアップ記事広告を展開する場合、そのKPI設定は難しい課題です。一般的にはコンテンツのPV数やリンクのクリック数などで施策の良し悪しを判断するに留まり、より深い分析まで踏み込めないケースがよくあります。

そうした課題に対して、ひとつの解決策に挑戦したのが、大手出版社の講談社と、メディア事業者などにコンテンツレコメンデーション製品を提供しているベンチャー企業popIn(ポップイン)です。実際にどのような試みを行い、どのような成果を生み出すことができたのか。株式会社講談社 第一事業局コミュニケーション事業第一部デジタルマーケティンググループに所属し、ビジネスメディア「現代ビジネス」の広告営業リーダーを務める松村吏司氏と、popIn株式会社のメディアセールス担当執行役員である西舘亜希子氏が、「媒体社・広告主から見たDMPを活用したタイアップ記事広告の検証」と題した講演の中で紹介しました。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close