ARTICLECASE STUDY

3種類のデータソースをわずか5分で分析

Case Study

 

19億PV超えの「食べログ」が抱える4つの課題

「生活者視点の新しい価値を提供して、日々の生活を豊かに」という理念の下、「ユーザー本位の価値あるサービスを創出しつづける」ことをミッションに掲げている株式会社カカクコム。そのミッションを体現すべく、1997年の創業以来、カカクコムグループでは「価格. com」「フォートラベル」「スマイティ」など様々なサービス創造への挑戦を続けている。

2005年にリリースされ、現在は同社の主力事業に成長しているレストラン検索・予約サイト「食べログ」もそのひとつだ。2010年に第三者機関の計測で月間利用者数ナンバーワングルメサイトを獲得した「食べログ」は、現在ではデバイス合算で月間1億5000万UU、19億2000万PVものトラフィックを誇る。さらに、累計の口コミ数は2600万件、掲載店舗は80万店を突破している。

しかし、カカクコムで「食べログ」のデータ活用推進を担当する宮島弘行氏は、「実は『食べログ』事業におけるデータ活用には、つい最近まで大きく4つの課題があったんです」と振り返る。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More

Related Articles

Close