ARTICLECASE STUDYEVENTMARUNOUCHI

マーケに使えるデータがない! から始まった、GMOペパボ独自マーケティング基盤構築への挑戦

Case Study

「アイデアをまずは形にして、サービスをスモールスタートしてみよう」。このような発想で新しいウェブサービスを開始する企業は多いが、見事にサービスが成長軌道に乗ってビジネス規模拡大に注力しようと考えた際に直面するのが、“マーケティングの壁”だ。サービス開始時には大規模な開発を必要とするマーケティング基盤を実装することは難しく、一般的なアクセス解析ツールを導入するものの、サービスが成長して綿密なデータマーケティングを展開しようとすると、必要なデータが整理されていないケースが多いのだ。

こうした課題に対して、Arm Treasure Data eCDPを活用して独自のデータマーケティング基盤の構築に挑戦したのが、ハンドメイド作品のマーケットプレイス「minne」を運営するGMOペパボだ。同サービスのデータマーケティングを推進する技術部データサイエンティストの財津大夏氏が「ウェブサービスにおける行動ログ活用基盤を通したデータ駆動マーケティングの実践」と題して講演した。

新規サービスが投資フェイズに入り、粒度の細かいデータへの需要が高まる

「minne」は、クリエイターが制作した雑貨、アクセサリー、デザインやアートなどのハンドメイド作品を出品し、販売することができるサービスで、2012年に提供を開始。ウェブサイトとスマートフォンアプリを展開し、2017年時点で年間流通額102億円、参加者数39万人、出品数689万点と大きく成長した。財津氏によると、サービス開始から3年が経過した頃、今後の成長を見込まれてサービスへの投資を強化することが決まった段階で、大きな壁に直面したのだという。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close