OVERVIEW

  • 名称

    Treasure Data ”PLAZMA” 2018 in Digital Belt

  • 開催日時

    2018年11月30日(金)

  • 会場

    ベルサール秋葉原2F

  • 主催

    PLAZMA実行委員会

  • 参加費

    無料※事前登録制

SPEAKER

arrow

矢木 智彦
Tomohiko Yagi

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
事業企画部
副長
arrow

松村 吏司
Satoshi Matsumura

株式会社講談社
第一事業局
コミュニケーション事業第一部
デジタルマーケティンググループ
リーダー
arrow

石川 春来
Haruku Ishikawa

Tri Petch Isuzu Sales Co., Ltd.
Senior Manager
arrow

吉田 健人
Taketo Yoshida

Tri Petch Isuzu Sales Co., Ltd.
Full-Stack Engineer
arrow

加藤 英也
HIDEYA KATO

株式会社Legoliss
執行役員
arrow

小澤 正治
Shoji Ozawa

Looker Data Sciences Inc.
VP & Japan country manager
arrow

町田 紘一
Machida Koichi

ソフトバンク株式会社
法人事業戦略本部
デジタルマーケティング事業統括部
事業戦略部
部長
arrow

小向 国靖
Kuniyasu Komukai

株式会社J-WAVE i
代表取締役社長
arrow

HAL_hatanaka

HALデータ研究所合同会社
CEO
HAL_hatanaka
close
 
リテールに特化したDMPデベロッパー。20年に渡るEC/オフライン小売販売業を経てリテール・プラットフォームの開発会社を立ち上げる。次世代の小売戦略を提唱。
arrow

深津 航
Fukatsu Wataru

株式会社Scalar
代表取締役CEO兼COO
arrow

安室 敦史
ATSUSHI YASUMURO

株式会社SUBARU
主事
arrow

田原 春江
Harue Tahara

株式会社SUBARU
arrow

大野 耕平
Kohei Ono

ブライトコーブ株式会社
デジタルマーケティング /
アカウントマネージャー
arrow

奥内 鉄治
Tetsuji Okuuchi

TAPAD Inc.,
Country Manager, Japan
arrow

多田 哲郎
Tetsuro Tada

株式会社サイバー・コミュニケーションズ
データソリューションディビジョン
エグゼクティブ・ストラテジスト
arrow

嶋津 耕志
Koji Shimazu

株式会社Legoliss
執行役員
arrow

新谷 哲也
Tetsuya Shintani

The Trade Desk Japan株式会社
Country Manager, Japan
arrow

百々 雅基
Masaki Dodo

株式会社PLAN-B
Juicer事業部
データストラテジスト
arrow

森 聡
Mori Satoshi

株式会社セールスフォース・ドットコム
インサイドセールス本部
デジタルマーケティング事業部
部長
arrow

川村 昌義
Masayoshi Kawamura

Datorama Japan, a salesforce company
シニア・アカウントエグゼクティブ/
Senior Account Executive

TIME SCHEDULE

GALLERY A

  • トレジャーデータの自社eCDP事例 -How Treasuredata Runs Treasuredata-

    トレジャーデータ株式会社 カスタマーエンゲージメントマネージャー 宮下 毅

    トレジャーデータでは、創業当初より、Marketo、Salesforce、Zendesk、Sansanなど、国内外の様々なクラウドアプリケーションをフルに活用することで、急速なビジネスの成長と環境変化に対応してきました。それぞれのクラウドサービスの特徴を活かした利活用を推進する一方で、お客様視点でのトレジャーデータとの体験や価値を最適化していくためのデータベース基盤として、様々なクラウドサービスのデータを統合するeCDPの導入を進めています。当セッションでは、トレジャーデータの自社eCDP導入事例と、そこで得られた知見を皆様に紹介します。

  • 『AI×モーメント分析』でCDPの効果を最大化

    株式会社ビービット エグゼクティブマネージャ/エバンジェリスト 宮坂 祐氏

    データドリブン・マーケティングの現状と課題を構造的に解説し、CDPの効果を最大化するための、新しい分析手法「モーメント分析」についてご紹介します。

  • 休憩
  • Marketing Cloudで実践する”ひかりTVショッピング”の少数精鋭マーケティング

    株式会社セールスフォース・ドットコム インサイドセールス本部 デジタルマーケティング事業部 部長 森 聡氏

  • 休憩
  • J-WAVEのリスナーと番組理解による先端のデータ活用事例 ~マーケティングだけじゃなく広告提案、サービス改善への示唆を得るデータ活用~

    株式会社J-WAVE i 代表取締役社長 小向 国靖氏 株式会社ブレインパッド マーケティングプラットフォーム本部 副本部長 チーフデータサイエンティスト 佐藤 洋行氏

  • プライベートDMP「Rtoaster」最新事例のご紹介

    株式会社ブレインパッド コミュニケーションデザイン部 マネージャー 上村 篤嗣氏

  • 休憩
  • 小売業における次世代戦略

    HALデータ研究所合同会社 CEO HAL_hatanaka氏

  • 3rd Partyデータってどう使うの? 1億人の属性データを保有するDMP「Juicer」活用事例

    株式会社PLAN-B Juicer事業部 データストラテジスト 百々 雅基氏

  • 休憩
  • 積水ハウスの目指す次世代インフラ ~DMPによる情報分析基盤の構築

    積水ハウス株式会社 IT業務部 部長(システム企画/IT推進担当) 上田 和巳氏

    積水ハウスでは中期経営計画における基本方針として「BEYOND2020に向けた“住” 関連ビジネスの基盤づくり」を掲げています。IT部門においても既存事業の拡大・新たな事業創生のための次世代インフラの構築を進めていますが、本日はその中でも中核を担う「DMPによる情報分析基盤の構築」について、DMP導入の経緯&狙い、苦労した点、今後のビジョン等を、裏話も含めたユーザー目線による本音トークでご紹介します。

  • トレジャーデータとソフトバンクが取り組むデータビジネス

    ソフトバンク株式会社 法人事業戦略本部 デジタルマーケティング事業統括部 事業戦略部 部長 町田 紘一氏

    ソフトバンクグループ入りしたトレジャーデータのArm Treasure Data eCDPをコアに、お客様データとソフトバンクの独自データを掛け合わせて描く、ソフトバンクのデジタルマーケティング事業の新たな戦略についてご説明します。

  • 休憩
  • 生命保険会社が仕掛けるO2O。施策と課題

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 事業企画部 副長 矢木 智彦氏

    さまざまな環境の変化から、保険のあり方も変革を求められる中、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では、従来型の生命保険企業から健康応援企業への変革を進めています。その取り組みの中から、web・スマホアプリ・MAツールを活用した集客・ナーチャリングのチャレンジと課題についてお話します。

  • Treasure Dataに色々なものをつないでみよう

    日本情報通信株式会社 バリューインテグレーション本部 ソフトウエアテクニカルセールス部 部長 中田寛之氏

  • 休憩
  • Legolissが提供するTREASURE CDPの活用術

    株式会社Legoliss 執行役員 嶋津 耕志氏

  • 自走するデータチーム構築まで繋げていく、共創型データ戦略の作り方

    株式会社Legoliss 執行役員 加藤 英也氏

  • 休憩
  • SUBARUデジタルマーケティング&イノベーション with Treasure Data

    株式会社SUBARU 主事 安室 敦史氏 株式会社SUBARU 田原 春江氏 株式会社スバルITクリエーションズ データサイエンティスト 小川 秀樹氏

    株式会社SUBARUのCDP活用ユースケース。 実務担当者・デジタルプランナー・エンジニアそれぞれの視点からオープンに語ります。SUBARUにおけるTreasure Dataの役割は拡大・進化を続け、次世代データプラットフォームとして業務に浸透しており、各部門の中で既存の枠に囚われない意識改革を起こしています。今回、実務担当者も交えてリアルな事例を紹介します。

  • 情報銀行とブロックチェーン/分散型台帳

    株式会社Scalar 代表取締役CEO兼COO 深津 航氏

GALLERY B

  • リスタートしたJTB/~トレジャーデータCDPを活用して~

    株式会社JTB Web販売部 主幹 戦略担当部長 データサイエンス セントラル統括 福田 晃仁氏 株式会社JTB Web販売部 Web戦略課 担当課長 データサイエンス セントラル 統合データ基盤リーダー 山岡 恭子氏

  • マーケティング・インテリジェンス(MI)で実現するデータ活用と導入事例

    Datorama Japan, a salesforce company シニア・アカウントエグゼクティブ/Senior Account Executive 川村 昌義氏

  • 休憩
  • 高性能AIが実現する一目惚れマーケティング

    Appier Japan株式会社 エンタープライズソリューションセールス ディレクター 木村 近義氏

    Appierの先行型MAツール「アイコア」による、最先端のエンゲージメントをご説明します。

  • 休憩
  • トレジャーデータ連携で使いやすくなったTAPADクロスデバイスソリューション

    TAPAD Inc., Country Manager, Japan 奥内 鉄治氏

  • ゼロからの挑戦!モビリティビジネスにおけるデータ・ドリブンマーケティング@タイ

    Tri Petch Isuzu Sales Co., Ltd. Senior Manager 石川 春来氏 Tri Petch Isuzu Sales Co., Ltd. Full-Stack Engineer 吉田 健人氏

    世界一位のモバイル・インターネット大国とも言われるタイで、消費者のデジタル化へのゼロからの挑戦。歴史あるモビリティビジネス企業において Treasure data CDP や LINE Business connect をどの様に導入・活用し、デジタルマーケティングを推進してきたか。

  • 休憩
  • これからのデータ活用の攻めと守り

    株式会社サイバー・コミュニケーションズ エグゼクティブ・ストラテジスト 多田 哲郎氏 株式会社DataSign Founder 代表取締役社長 太田 祐一氏

  • パブリッシャーのデータ活用のあり方~コンテンツの価値を可視化する“コトバDMP”~

    株式会社小学館 広告局 デジタルメディア営業センター 副センター長 河村 英紀氏 株式会社サイバー・コミュニケーションズ データ・ソリューションディビジョン データストラテジスト 丸田 健介氏

    「コトバDMP」は小学館独自のデータマーケティング基盤で、小学館運営の主要メディア全てでデータ収集と分析を行っています。このコトバDMPを用いて小学館の資産であるコンテンツをマーケティングに活用する方法を事例も交えて紹介します。

  • 休憩
  • 動画マーケティングのKPIって再生回数だけですか? TREASURE CDPで進化する動画マーケティング 2.0

    ブライトコーブ株式会社 デジタルマーケティング/アカウントマネージャー 大野 耕平氏

    数あるコンテンツの中でも最もデータ量の多い動画。制作費が最も高額なコンテンツも動画です。せっかく制作した動画がWebサイトに置いてあるだけ…になっていないでしょうか?また、動画マーケティングのKPIが再生回数だけになっていないでしょうか?本セッションではBrightcoveの概要と、TREASURE CDPとの連携で実現できる一歩先の動画マーケティングを事例を交えてお話します。

  • オールアバウトが進めるコンテンツマーケティングにおけるデータ活用

    株式会社オールアバウト メディアビジネス本部 プラットフォーム開発部 ジェネラルマネジャー 中島 大輔氏

  • 休憩
  • CDP x Looker = Data innovation!

    Looker VP & Japan country manager 小澤 正治氏

    組織横断のデータ活用を促進するデータガバナンス、データ価値向上を可能にするLookerの実演

  • 媒体社・広告主から見たDMPを活用したタイアップ記事広告の検証

    株式会社講談社 第一事業局 コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ リーダー 松村 吏司氏 popIn株式会社 執行役員 西舘 亜希子氏

  • 休憩
  • 最高の顧客体験を創る!IMJ CX Platform

    株式会社アイ・エム・ジェイ Implementation Consulting部 シニアコンサルタント 辻 陽子氏

    DMP市場が高い成長率で拡大する一方で、ソリューションを上手く活用しきれず、データ倉庫になってしまっているケースが多く見受けられます。このようなクライアントの課題を解決し、顧客の体験価値向上を実現する「IMJ CX Platform」について、活用事例を交えてご紹介いたします。

  • Treasure CDPを契約して、たった数ヶ月で自分と組織に起きたこと、そしてこれから

    バニラ・エア株式会社 販売促進部 デジタルマーケティンググループ シニアマネージャー 桑本 豊彰氏

    1ヵ月もかからず本稼働を実現し、様々な社内データを統合できるようになったデジタルマーケティングの展開(MA・BI連携)についてや組織を超え始めたデータの民主化についてお話しします。

  • データをProgrammatic Buyingに活用するには

    The Trade Desk Japan株式会社 Country Manager, Japan 新谷 哲也氏

  • 休憩
  • MKIが提案するCDPによる新たな顧客エンゲージメントとは?

    三井情報株式会社 チーフビジネスマネージャー 松田 伊晴氏

  • 「現場の”あったらいいな“をカタチに」 国産MA「SATORI」を活用した最新コミュニケーション事例 ~SATORI with TREASURE CDP~

    SATORI株式会社 代表取締役 植山 浩介氏

  • テレビ視聴データソリューション「TV Viewing Data™」とTreasure Dataを連携させたCM分析

    ソニーマーケティング株式会社 ネットワークサービス部 ビジネスプランニングマネジャー 佐保 学氏

ACCESS

PREVIOUS SCENE

PARTNER

TREASURE

DIAMOND

RUBY

GARNET

※社名アルファベット順

ORGANIZER

WE BELIEVE

プロデューサー
株式会社 HEART CATCH 
代表取締役

西村 真里子

デジタルテクノロジーの中でも特にデジタルマーケティングの知見は、マーケターはもちろん、あらゆる企業人やクリエイター、ソーシャルメディアを使う人たちに必須の知識となりました。これからの時代を生きるすべての人々にとって、デジタルマーケティングは必要な武器となりえます。企業の生産性を高めるためにも、社会課題を解決するためにも有効です。 「開けゴマ」! 今までデジタルマーケティングのノウハウは、一部の人にしか開かれていませんでした。「TREASURE DATA “PLAZMA”」は、21世紀を生きるすべての人々に必要な武器をオープンにします。丸の内・虎ノ門・六本木・渋谷に「デジタルベルト」を形成し、解放された武器を届けていきます。 「いつかやらなきゃ」「誰かがやってくれる」という意識では、シンギュラリティーに負けてしまいます。デジタルマーケティングについて知識をアップデートする機会として、「TREASURE DATA “PLAZMA”」を活用ください。

プロフィール 国際基督教大学(ICU)卒。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後外資系企業のフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社のプロデューサーを経て2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×デザイン×マーケティングを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターを行う。Mistletoe株式会社フェロー。

プロデューサー
株式会社メジャース 取締役
難波 弘匡

メジャースのサービスを通して様々な業界の企業マーケティングをご支援しているなかで、従来型の、企業発信のメッセージや主張だけで市場全体の知識が醸成されていた時代は終わりを迎えつつあると感じています。 企業が抱えている課題をすなわち市場の課題と捉え、主催する企業はもちろん、協賛企業、そして来場者と一緒に課題に向き合い、解決策を模索していく。いわゆるエコシステムとしての在り方ですが、役者は揃っていてもそれを真に実現できているリアルイベントはまだまだ少ないのが現状です。 「時代の潮流をリアルに体感でき、参加者全員でこれからのイノベーションの在り方を模索できる場」。私たちは「TREASURE DATA “PLAZMA”」を通して、そのような「場」を提供していきたいと考えています。

プロフィール 2010年にメジャースに入社後、グーグル社、マルケト社などの外資系IT企業のマーケティングを支援。 成果主義のBtoBマーケティングプロデュースを軸に、リアルマーケティングの総合プロデュース、マーケティング戦略設計、リードジェネレーションのプロセス構築、 インサイドセールスの組織構築など、多岐にわたり企業のマーケティングに携わる。現在は、マーケティング×リアル×テクノロジーを使ってリアルマーケティングにも新しい潮流を起こすことを目指している。

発起人
トレジャーデータ株式会社 
マーケティング担当ディレクター

堀内 健后

トレジャーデータのサービスは、データのためのプラットフォームです。私たちはデータのための「場」を提供する企業として、さらにイノベーションを起こしていくための「場」を提供する企業でありたいと思っています。そのためには、クラウド上で提供するサービスだけではなく、それを使う企業・人、足りない機能や役割を補うパートナー企業・人、そしてサービスをつくる私たちが活発に交流するための「場」が必要です。加えて海外で展開されているイノベーションのうねりを体感したことにも、大きく影響を受けています。 トレジャーデータが日本で事業を開始してから5年が経ちました。激動の環境を成長してこれたのは、支えていただいたみなさまのおかげです。その感謝の気持ちを、社会へのさらなる貢献というかたちにつなげていくためには、この「場」つくりが必須と考えています。私たちは「TREASURE DATA “PLAZMA”」という「場」を通して、みなさまとともにデジタルトランスフォーメーションを加速させ、より良い未来をつくれると信じています。

プロフィール トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。