fbpx
HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

監査ログ(Premium Audit Log)のダッシュボード可視化事例

ホーム » 監査ログ(Premium Audit Log)のダッシュボード可視化事例

カスタマーエンゲージメントチームの高見 翔です。
今回は監査ログ機能である“Premium Audit Log”に関して、Treasure Data CDPを管理されている方に向けて、取得したデータの可視化サンプルをご紹介いたします。この機能がONになっていると、​td_audit_logというDBにアクセスイベントが蓄積され続けます。ダッシュボードと連携し可視化しておくことで日頃の管理に活用ください。

機能そのものについては、こちらの記事をご覧ください。
※Premium Audit Logオプション機能となり、追加ご契約が必要になる場合がございます。詳しくは担当CSまでお問い合わせください。

User Managment

ユーザーリストと各ユーザーのログイン・利用状況を把握する。

Data Export

外部へのデータエクスポートに関して、日次実績と実行ユーザー及び連携先を把握する。

Data Import

データインポートに関して、日次実績と実行ユーザー及びデータソースを把握する。

Database Permission Setting

各DBへの権限付与状況と権限設定の履歴を把握する。

Workflow

Workflowの作成・変更履歴と実行ユーザーを把握する。

Resource Deletion History

各種データソースや設定の削除履歴と実行ユーザーを把握する。

Job History & Referenced Tables

各種Job実行履歴を対象Tableや具体実行内容まで把握する

まとめ

SQLの実行履歴やWorkflowの変更履歴などは個別に見ていけば確認することは可能ですが、管理視点で日常の利用が運用ルールに沿って実行されているか、セキュリティ観点から怪しい動きを監視できるようにしておくことはデータ活用を推進していく上で重要になります。

Audit Log機能に興味がございましたら、担当のカスタマーサクセス、またはサポートまでお問い合わせください。

高見 翔

Customer Engagementチーム

2013年に医療系ベンチャー企業に入社。1年間の飛び込み営業修行を経て、自社ポータルサイトの立ち上げを担当。サービスリリース後はUI/UX含めたサイト改善〜Google Analyticsでの分析、企画、広告業務に従事。その後、大手デジタルエージェンシーに転職。事業会社での経験も活かし、代理店の立場から業界問わず広告プランニング〜運用までを担当。後期には運用チームのマネジメントとコンサルタントとしてプロジェクトマネジメントも経験。2019年にカスタマーサクセスとしてトレジャーデータに参画し、メディア、CPGのお客様を中心に活用サポートに従事。

得意領域 : デジタル広告全般、SEO、サイト改善(UI・UX)

Back to top button