HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

Treasure Data CDPのファネル作成機能

ホーム » Treasure Data CDPのファネル作成機能

カスタマーオンボーディングチームの大西 高広です。
今回は、AudienceStudioのファネル機能についてご紹介いたします。

ファネル作成機能

最大8つのステージからなるファネルを作成・カスタマイズし、ユーザーのサービス体験を正確にセグメントとして反映することができるようになります。このファネルのステージを作成すると、ステージをさらに分析・改善を行なったり、特定のステージにいるユーザーに向けて次のステージへ進ませるためにキャンペーンを行う等の施策も可能になります。

このファネル作成機能の中で作成するステージセグメントは、バッチセグメントとは異なる仕組みでできています。

通常バッチセグメントでステージセグメントと同じ内容を作成する場合、個別独立したセグメントとなるため、他のバッチセグメント内に各ユーザーが存在していようがいまいが基本関係無くセグメントを生成するため、各ステージに対して同じユーザーが存在する結果となります。※下記イメージ

一方、このファネル作成機能で活用するステージセグメントは、

  • 各ユーザーは、同ファネル内の複数のステージには存在せず、必ず1つのステージにしか存在しません。
  • 各ユーザーは、より先のステージのセグメント条件が優先され、先のステージにいけばその手前のステージのセグメント条件にも合致していたとしても、より先のステージに属する結果となります。

※下記イメージ

また、このファネル作成機能で活用するステージセグメントについては、

  • A/Bテストの作成
  • Profiles API Tokenでの利用

がそれぞれできないルールとなっています。

ファネル作成時のv5での画面は左になるのですが、右のv4と比べてもほとんど変化なく利用いただけます。

異なる点としては、セグメント生成時の作成画面のUIがv5とv4とで大きく異なってくる点ぐらいですが、v5にバージョンアップしたことで中身は非常に扱いやすくなっていることもありますので、一度お試しいただければ使いやすさを実感いただけるかと思います。

いかがでしたでしょうか。ユーザーの分類は出来ているようで出来ていない企業様が多いこともあり、

サイト来訪

詳細ページ閲覧

AppDL

コンバージョン

のような簡単なステージの区分けから作成し、ステージの可視化やその改善、また、次のステージに進めるための個々の施策へと落とし込みを図り、ステージを活用したよりよい顧客体験とそこに紐づいたサービスの改善に取り組んでみてはどうでしょうか。この機会にでも是非、お試しいただければ幸いです。またご不明な点等ありましたら、弊社のカスタマーサクセス担当迄ご相談いただければと思います。

大西 高広

Customer Representativeチーム

GMO NIKKOに入社し、営業と並行して広告運用も自ら行う部署で継続して最大105アカウントを担当していたことから、運用型広告やアクセス解析をメインにデータ活用から最適化していく仕組みをノウハウ化。その後、大手クライアント向けの部署で営業として、WEBのマーケティング戦略の立案から実行・運用迄、社内外のマネジメント業務を経験。2015年に楽天株式会社に転職。ビッグデータを活用した広告商品の企画・開発や営業推進を担当。保有技術とアセットを組み合わせ、マーケティングに活用するAIエージェントやデータアライアンスを利用した広告商品、オンオフの購買データを統合分析した広告ソリューション等、複数の広告商品の企画・開発を行い、ローンチ後の営業推進を担当。2020年3月にトレジャーデータ参画し、カスタマーサクセス担当としてクライアントのデータ利活用の支援に従事。

得意領域 : デジタル広告全般、アクセス解析、データアライアンス、広告運用、施策設計

Back to top button