HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

Google Playのデータセーフティセクションへの対応について

ホーム » Google Playのデータセーフティセクションへの対応について

カスタマーサクセスチームの安永 大志です。

今回は、昨今お客様からお問い合わせが発生している、Google Playのデータセーフティセクションへの対応の際に実施すべきことについて記載いたします。

【結論】
 本対応に必要な事柄はすべて自社(お客様の利用環境)に依存する。よって自社においてTreasure-data CDPのシステム構築をした部署(多くの場合はIT部門またはトレジャーデータの導入支援パートナー企業)へ相談し対応する必要がある。

上記のように記載してしまうと身も蓋もないのですが、上記結論になる背景を後述いたします。
なお、上記結論をご理解いただけた読者の方は、以降の文章は必要ないと思いますので、ご放念ください。

Googleがアプリデベロッパーに依頼していることはなにか

下記が、Googleがアプリデベロッパーに依頼していることの概要です。

概要
Google Playのデータセーフティセクションは、アプリが収集または共有するユーザーデータをユーザーに把握してもらい、アプリの主なプライバシーとセキュリティの方針を紹介するための簡単な方法です。この情報を利用することで、ユーザーはインストールするアプリを決める際に、より多くの情報に基づいて選択できるようになります。
すべてのデベロッパーは、2022年7月20日までに、Google Playで公開するアプリでユーザーデータをどのように収集、処理するかを申告し、そのデータを暗号化などのセキュリティ保護対策によってどのように保護するか、詳細を示す必要があります。これには、アプリで使用されるサードパーティのライブラリまたは SDK を通じて収集、処理されるデータも含まれます。

この情報は、Google Play Consoleの[アプリのコンテンツ]ページ([ポリシー] > [アプリのコンテンツ])にある新しいデータ セーフティ セクションのフォームから入力できます。データセーフティフォームに入力して送信すると、ご提供いただいた情報は、アプリの審査プロセスの一環としてGoogleによって審査されます。
Google Playユーザーがアプリをダウンロードする前に、デベロッパーがデータをどのように収集、共有するかについて理解できるように、この情報は後でストアの掲載情報に表示されます。
デベロッパーは、Google Playのストアの掲載情報で完全かつ正確な申告を行う責任を単独で負うものとします。Google Playはすべてのポリシー要件についてアプリを審査していますが、ユーザーデータの取り扱いについて、Googleがデベロッパーに代わって判断することはできません。
データセーフティフォームの記入に必要なすべての情報を持っているのは、デベロッパーの皆様のみです。
アプリの動作とデベロッパーの申告に相違があることが判明した場合、Google は違反措置など、適切な措置を講じることがあります。

参照:「Play Consol ヘルプ」2022年3月3日時点

上記の太字の部分を抜き出したものが下記となります。

  1. ユーザーデータをどのように収集、処理するかを申告し、そのデータを暗号化などのセキュリティ保護対策によってどのように保護するか、詳細を示す必要があります。これには、アプリで使用されるサードパーティのライブラリまたは SDK を通じて収集、処理されるデータも含まれます。
  2. データ セーフティ フォームの記入に必要なすべての情報を持っているのは、デベロッパーの皆様のみです。

こちらをご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、アプリから取得できるユーザーデータをどのように収集・処理しているかによって、Googleへ申請する内容が異なります。
さらに、Treasure-data CDPをお客様がどのようにご利用いただくかは、お客様の利用状況に依存します。
以上のことから、Googleに申請する為に必要な情報はトレジャーデー側では把握することができません。したがって必要な情報は各お客様にてご準備頂く必要がございます。

必要な情報は、どこから取得すればいいのか!

前段で、自社で用意する必要があるのは理解したが、「どこに相談したらいいのか」と、お困りになる読者の方もいらっしゃるかもしれません。多くは下記の部署にご確認いただくことで解決できるでしょう。

  • Treasure-data CDPのシステム構築をした部署(多くはIT部門や導入パートナー)
  • アプリの開発及び運営部署

Treasure-data CDPに関する部分は、多くの場合、自社のIT部門またはTreasure-data CDPの導入を実施したパートナー企業に確認することで解決することでしょう。

すでに導入パートナーとの契約が終了している場合でも、導入した際に作成した仕様書などは自社のIT部門や、マーケティング部門に存在すると思いますので、そちらも適宜ご利用いただくと良いかと思います。

また、Googleが必要としている情報はトレジャーデータに限ったものではなく「アプリでのユーザーデータ収集・処理」ですので、アプリ開発及び運営部署にも確認が必要です。

なお、トレジャーデータで提供しているモバイルSDKに関する詳細を確認したい場合は以下のリンクをご利用ください。
繰り返しになりますが利用状況は各利用企業様の利用内容に依存しますので、ご了承ください。
https://docs.treasuredata.com/display/public/PD/About+Mobile+Tracking+and+Mobile+SDKs

いかがでしたでしょうか。皆様の課題解決のお役に立てていれば幸いです。 
最後まで読んでいただきありがとうございます。また次の記事でお会いしましょう。

安永 大志

Customer Engagementチーム

大手都市銀行を経て、電子マネー運営会社に転職。大手航空会社とのポイントアライアンス事業や、電子マネーの利用データを使ったモバイルメディア・O2Oマーケティングビジネスの事業開発等に従事。前職のITサービス会社では、同社のゲームプラットフォームや広告メディアをご利用いただく企業様向けのカスタマーサクセスチームやマーケティングチームのマネージャーを歴任。カスタマーサクセスチームでは、自身の経験を生かし、カスタマーサクセス人材の育成にも注力し、多くの人材を輩出。マーケティングチームではSNSや各種Webメディアを利用したオンラインプロモーションからTVCM・屋外広告・リアルイベントを始めとしたオフラインプロモーションまで幅広く実施。現在はトレジャーデータにて、カスタマーエンゲージメントチームのシニアマネージャーとしてTreasure Data CDPをご利用いただく企業様のカスタマーサクセスを推進。

得意領域 : オンライン・オフラインプロモーション設計、カスタマージャーニー設計、ポイントアライアンス、人材育成

Back to top button