HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

知っておくととても便利!
Treasure Data CDPコンソールで使えるショートカット集

ホーム » 知っておくととても便利!Treasure Data CDPコンソールで使えるショートカット集

データマネジメントチームの渡部 真子です。

Treasure Data CDPのコンソール上でQueryやWorkflowを作成する時に、ボタンをひとつひとつマウスで押下する回数が多く面倒・・・と思ったことはありませんか?
実はTreasure Data CDPにもショートカットが用意されています。

この記事は知っておくと便利なTreasure Dataコンソールのショートカット7選をご紹介します。

できる動作 Windows/Lunux Mac 使えるコンソール
1 QueryをRunする Ctrl + Enter Command (⌘) + Enter Queries
2 コメントアウトする Ctrl +  / Command (⌘) + / QueriesWorkflow
3 Queryを保存する Ctrl + S Command (⌘) + S Queries
4 Run結果を表示/非表示する Ctrl + B Command (⌘) + B Queries
5 検索する Ctrl + F Command (⌘) + F QueriesWorkflow
6 置換する Ctrl +  H Command (⌘) + Option + F Workflow
7 選択した行を1行上下に動かす Alt + ↑ or ↓ Option + ▲ or ▼ QueriesWorkflow

QueryをRunする

Queriesで書いたSQLを動かすときに、コンソール右上の「Run」ボタンをクリックする動作です。
最もよく行う動作なので、ぜひ覚えておきましょう。

QueryをRunする
試しに以下のサンプルコードをコンソールに貼り付けて、ショートカットで実行してみましょう。

WITH tbl AS (
    SELECT a FROM ( VALUES 1,2,3,4,5,6,NULL ) AS t(a) 
)
SELECT a, IF (a%2=0,'even', 'odd') AS number_type
FROM tbl
QueryをRunするショートカット

結果

QueryをRunする結果

コメントアウトする

Queries 上なら「– 」、Workflow上なら「# 」を行の冒頭に入れてコメントアウト表記にしてくれます。

コメントアウトする
先ほどのサンプルコードの上にコメントを入力し、ショートカットを利用してみましょう。

サンプルコード

一時テーブルtbl に1,2,3,4,5,6,NULLを入れ
number_typeというカラムに偶数ならeven、それ以外ならoddをそれぞれ返す

WITH tbl AS (
    SELECT a FROM ( VALUES 1,2,3,4,5,6,NULL ) AS t(a) 
)
SELECT a, IF (a%2=0,'even', 'odd') AS number_type
FROM tbl
コメントアウトするショートカット

Queryを保存する

Queriesで作成したSQLを保存するときに、コンソール右上の「Save」ボタンをクリックする動作と同じです。
これもよく使うので、ぜひ覚えておきましょう。

Queryを保存する
Queryを保存するショートカット

Run結果の表示/非表示を切り替える

Queriesで長いSQLを記載する際に画面を広く使いたいときに、Table PreviewやQuery Resultなどの「Run」した結果を表示している部分を非表示にします。
Run結果の表示/非表示を切り替える

Run結果の表示/非表示を切り替えるショートカット

検索する

Queries や Workflow のコンソール上に記載のある特定の文字列や数字を検索できます。
コンソール右上の「虫メガネ」マークをクリックする動作と同じです。
検索する
例えば、以下のようなサンプルコードで、id1を検索したり特定の年月を検索したりするときに便利です。

サンプルコード

SELECT member_id,month,sales
  FROM( VALUES
  	 ('id1','2020-04',1000 )
  	,('id2','2020-04',5000)
  	,('id3','2020-04',3000)
  	,('id1','2020-05',2000)
  	,('id2','2020-05',2000)
  	,('id3','2020-05',4000)
  	,('id1','2020-06',6000)
  	,('id2','2020-06',10000)
  	,('id3','2020-06',3000)
  ) AS t(member_id,month,sales)
検索するショートカット

置換する

Workflowのコンソール上に記載のある特定の文字列や数字を置換できます。
長いdigファイルの中の特定のdatabase名を変換したいときなどに利用すると便利です。
置換する
例えば、こちらのサンプルコードの場合は、WHERE句で記載したため、エラーが出てしまいます。WHERE句をHAVING句へ置換してみましょう。

サンプルコード

_export:
 td:
   database: blog

+sales_average:
 td>:
 query: |
     WITH tbl AS (
       SELECT member_id,month,sales
       FROM( VALUES
       ('id1','2020-04',1000)
       ,('id2','2020-04',5000)
       ,('id3','2020-04',3000)
       ,('id1','2020-05',2000)
       ,('id2','2020-05',2000)
       ,('id3','2020-05',4000)
       ,('id1','2020-06',6000)
       ,('id2','2020-06',10000)
       ,('id3','2020-06',3000)
     ) AS t(member_id,month,sales)
   )

   SELECT member_id,AVG(sales) AS avg_sales
   FROM tbl
   WHERE 5000<AVG(sales)
   GROUP BY member_id
   ORDER BY member_id
置換するショートカット

選択した行の記述を1行上下に動かす

QueriesやWorkflowのコンソール上の特定の行を並び替えたい時に利用できます。

選択した行の記述を1行上下に動かす

先ほどWHERE句をHAVING句に置換しましたので、HAVING句をGROUP BY句と入れ替えてみましょう。
Runした際にエラーとならず、結果を抽出できます。

サンプルコード

_export:
 td:
   database: blog

+sales_average:
 td>:
 query: |
    WITH tbl AS (
      SELECT member_id,month,sales
      FROM( VALUES
       ('id1','2020-04',1000)
       ,('id2','2020-04',5000)
       ,('id3','2020-04',3000)
       ,('id1','2020-05',2000)
       ,('id2','2020-05',2000)
       ,('id3','2020-05',4000)
       ,('id1','2020-06',6000)
       ,('id2','2020-06',10000)
       ,('id3','2020-06',3000)
     ) AS t(member_id,month,sales)
   )

   SELECT member_id,AVG(sales) AS avg_sales
   FROM tbl
   GROUP BY member_id
   HAVING 5000<AVG(sales)
   ORDER BY member_id
選択した行の記述を1行上下に動かすショートカット

まとめ

今回は意外と知られていないけれど、使うととても便利なショートカットキー7つをご紹介しました。

他にも便利なショートカットはたくさんあるので、知りたい方はこちらのProduct Documentをご参照ください。

渡部 真子

Data Managementチーム

大学卒業後、金融業界の営業を経てIT業界へ。Web広告のトラッキングツールのカスタマーサクセスとして累計300社超の広告主の分析・活用に従事。2021年より多種多様なデータを用いた分析・活用を行いたいと考え、トレジャーデータへ参画。分析基盤構築やBIツール可視化の支援を行う。

得意領域 :Web解析、アドテクノロジー、データ分析支援

Back to top button