fbpx
HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

CDPの種別と特徴について

ホーム » CDPの種別と特徴について

カスタマーオンボーディングチームの溝川 晃央です。

CDP市場の勃興に沿う形で、Adobe,Salesforce(以下、SFDC)をはじめとした大手ツールベンダー各社がCDPをリリースしたことにより、今後CDP市場が活況を呈してくると思われます。そこで今回はポジショントークは抜きに、CDPの種別と、種別毎のメリット/デメリットについて整理をしてみたいと思います。

種別化するにあたって、やはり非常に大事な視点としてAdobe,SalesforceなどのベンダーはCRM施策の実行基盤(MA、サイト最適化等)を自社で保有したうえで、その活用促進を意図としてCDPをリリースしている、要は「Suite戦略」をとっている点。

それに対して弊社Treasure DataやTealium等のCDPベンダーは自社では実行基盤を保有せずに実行基盤に依存しないCRM活用促進を意図としている、要は「Best of Breed戦略」をとっている点は非常に大事なポイントだと思われます。

CDPに限らずIT業界では古くからSuiteとBest of Breed型のどちらがいいのか、といった論争は絶えませんが、ではCDPにおいてはSuiteとBest of Breed型のメリット/デメリットは何でしょうか?筆者はシンプルに以下のように考えます。

Suite型CDP

メリット

実行基盤とCDP間の技術的な連携難易度が低い

デメリット

自社以外の外部製品との連携難易度が高い(コネクター少、都度のデータ整形 要)

Best of Breed型CDP

メリット

データ取込/実行基盤ともにベンダーニュートラル(コネクター多)

デメリット

実行基盤とCDP間の技術的な連携難易度は若干高い

既に社内のCRMシステムを1社のみに依存し、また今後も1社利用を前提としている場合にはSuite型を選択するのが得策でしょう。逆にCRMシステムを複数社利用し、また1社によるベンダーロックインの状況を作りたくない、という場合にはBest of Breed型を選択するのが得策かと思います。

また、上記は機能でのメリット/デメリットにフォーカスしていますが、実装にあたっての体制面で見た際の難易度も考慮する必要があります。例えばSuite型CDPを導入する際に、同一ベンダーのデータをCDPに取り込むので技術的な難易度は低いものの、実行基盤の保守/運用が複数社に跨っている場合には、プロジェクト面から見た連携難易度は急激に高まるケースもあります。

以上、CDP導入、リプレイス検討にあたっての参考になれば幸いです。

溝川 晃央

Customer Onboardingチーム

2007年に中堅WEBメディアに入社。広告営業から新規事業開発、大手ポータルサイト各社とのアライアンスまで幅広く担当。その後、DSPベンダー数社にてDSP/DMP事業の立ち上げ、営業、アライアンスを担当。エンジニアと並走しての入札ロジックの改善、新規メニューの開発から、海外と連携しての新規プロダクトの輸入、Go-to-marketに従事。2017年よりセールスフォースにてDMP事業の立ち上げ、営業、導入企業へのコンサルティングを担当。2021年にトレジャーデータへ参画。導入期の伴走支援を行う「カスタマーオンボーディングチーム」に所属。

得意領域 : プロジェクトマネジメント、ロードマップ策定、施策設計、効果検証

Back to top button