HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

SalesforceのオブジェクトにTreasure Data CDPからデータ投入

ホーム » SalesforceのオブジェクトにTreasure Data CDPからデータ投入

はじめに

Treasure Data CDPにて集約したり分析したデータを様々なマーケティングオートメーションやアナリティクスツールなどにデータを投入することができます。
本稿ではCRMとして有名である「Salesforce」にデータを投入する例を紹介させていただきます。
今回はSalesforceのCampaign Memberオブジェクトに投入します。

システムでの投入イメージ

投入データ

Treasure Data CDPのテーブルにSalesforceのCampaign Member用のデータを用意します。
Salesforceの仕様はこちらとなります。

投入用テーブルとそのデータ


※ 「CampaignID」はSalesforceのCampaignオブジェクトのID
※ 「ContactID」はSalesforceのContactオブジェクトのID
※ 「LeadID」はSalesforceのLeadオブジェクトのID

Treasure Data CDPからのデータ投入

用意したデータをTreasure Data CDPからSalesforceに投入します。Treasure Data CDPではデータコネクターというGUIでデータImportやExportを実行できる機能があります。
今回はこちら方法でのデータ投入を記載いたします。

Salesforceへの投入はこちらを参照してください。

上記のように投入用のテーブルから該当列を取得するQueryを設定してから、「Export Results」をクリックしてください。

該当のAuthenticationsを指定して、投入対象である「CampaignMember」を設定してください。
これで事前処理は完了となります。あとは実行していただければSalesforceにデータが投入されます。

さいごに

SalesforceのCampaign Memberオブジェクトに投入するサンプルを記載させていだきました。
非常にシンプルな作業であることがご理解いただけたかと思われます。

今後とも業務で活いただければ幸いです。

UserEngagement事務局

ユーザーの皆さまへのお知らせや、Treasure Data UserEngagementのサイト運営を担当する事務局アカウント。
Back to top button