HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

プロジェクトリーダー、状況に応じたリーダーシップ

ホーム » プロジェクトリーダー、状況に応じたリーダーシップ

カスタマーコンサルティングチームの伊野 露起です。
Treasure Data CDPを導入するプロジェクトでPMOを担当しています。

前回、リーダーにはどんなタイプがあるか簡単にお話させて頂きました。
今回は、状況に応じたリーダーシップ論であるシチュエーショナル・リーダーシップ(SL理論)をお話させて頂きます。
プロジェクトリーダーのあなたはプロジェクトメンバーに応じたリーダーシップを使い分けできているでしょうか?

SL理論

シチュエーショナル・リーダーシップ(SL理論)は、ポール・ハーシーとケン・ブランチャードによって提唱されました。
リーダーシップを画一的に実施していくのではなく、状況に応じ使い分けるのが最適なリーダシップであるとしています。特に重要な要素としてメンバーの心理的成熟度(動機・やる気等)と課題達成への準備度(知識・経験等)をあげ、メンバーの状況に応じてアプローチを変えていきます。
状況に応じたリーダーシップのスタイルは4タイプに分けられます。メンバーの知識・経験が低い場合[S1]は「指導型」、動機・やる気度が高まってきた場合[S2]は「コーチ型」、知識・経験、動機・やる気度とも高まってきた場合[S3]は「参加型」、どちらもとも高い場合[S4]は「委任型」で、最終的にはリーダーの関与が少なくなる「委任型」に移るのが良いとされています。

4つのリーダーシップスタイル

S1指導型

 メンバータイプ:知識・経験が乏しく、動機・やる気が低い
 リーダーはメンバーへ仕事のゴールを明確にし具体的な指示を与えます。意思決定はリーダが行い、仕事の達成までの進捗を細かく管理します。

S2コーチ型

 メンバータイプ:知識・経験が乏しく、動機・やる気が高まってきた
 リーダーはメンバーへ仕事が必要な理由を説明し具体的な指示を与えますが、動機・やる気を継続させ、さらに高める為、意識決定に参画させたり、メンバーの意見や提案を引き出すサポートを行います。

S3参加型

 メンバータイプ:知識・経験、動機・やる気が高まってきた
 リーダはメンバーへ仕事が達成するまでのプロセスをサポートします。意識決定はメンバーが行いますが、意思決定の責任をメンバーと共有します。

S4委任型

 メンバータイプ:知識・経験が豊か、動機・やる気が高い
 リーダーはメンバーへ仕事の遂行を委ね、進捗報告を受けますが意思決定と問題解決の責任を任せます。

さいごに

プロジェクトチームには様々なタイプ(状況)のメンバーが参画しています。プロジェクトリーダーである、あなたがメンバーの状況に合わせたリーダーシップを使い分ける事で、メンバーの能力、仕事の成果を出す為の問題解決力が高まっていき、その結果チームとしての能力も高まり、結果を出せるチームにできるのではないでしょうか。

(参考文献)
堀 公俊 「ビジネスフレームワーク」

伊野 露起

Customer Consultingチーム

大学卒業後、独立系SIerにて金融システム開発に従事。その後、複数の中小SIにて基幹システム開発、ERP導入、Windows・Web・モバイルアプリケーション開発、ネットワーク構築、システム営業を経験後、多くのシステム構築案件のプロジェクトマネジメントを経験。2015年、トレジャーデータに参画し直販営業を経て、大手車載機器メーカーにてモビリティデータを活用したサービス企画・開発のプロジェクト支援を担当。現在はカスタマーコンサルタントとしてTreasure Data CDPを活用したシステム開発・運用のPMOを担当

得意領域 : プロジェクトマネジメント、IoTテレマティクスサービス

Back to top button