HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

法人営業高度化のための新プロダクト「Treasure Data CDP for Sales」について

ホーム » 法人営業高度化のための新プロダクト「Treasure Data CDP for Sales」について

カスタマーエンゲージメントチームの安永 大志です。
本日は9月14日に発表いたしました法人営業を高度化するための新プロダクト「Treasure Data CDP for Sales」についてご説明させていただきます。

読者の皆様も体験されているように、新型コロナウイルスの影響により、生活様式に大きな変化が発生しました。特に、法人営業は営業担当者が顧客担当者と対面でコミュニケーションを取ることで成り立っていましたが、コロナの影響で対面営業は制限され、営業活動におけるデジタル化・データ活用の潮流は、より一層加速しています。さらに近年これらの活動をデジタルで管理するための営業管理ツール(SFA)や顧客管理ツール(CRM)の導入が進んでいます。また、マーケティング部門では、見込み客の育成を目的に、マーケティングオートメーション(MA)ツールを採用する企業も増えています。
 
では、一気に増えた様々なデータを読者の皆様の会社では余すところなく活用ができているでしょうか?

今回提供する「Treasure Data CDP for Sales」は法人営業に関するデータ活用に課題を感じている企業様向けの製品です。企業は「Treasure Data CDP for Sales」を活用することで、顧客企業の状態やそこに所属する個人の行動を可視化・分析でき、最適かつ効率的な対応を実現することが可能になります。「Treasure Data CDP for Sales」には、Webサイト上での全ての行動データ、既に導入済みのMA、SFA、CRMツールのデータ、IoT機器のデータなど、様々な種類のデータを収集・統合することができます。さらに、顧客の反応に応じて、適切なチャネルで最適なアプローチすることが可能です。

例えば、Webサイトを訪れた顧客に対して、機械学習を使って製品の受注確度や離反確度を予測したり、次の最適なアクションやレコメンドを提示したりすることで、営業担当者がその情報をもとに顧客対応を行うといった、オンラインとオフラインを融合させた高度な営業活動が可能になります。

Treasure Data CDP for Salesの概要

  • 様々な部署にサイロ化した法人営業に関するデータを統合
  • ダッシュボードを用いて顧客企業の状況を可視化
  • 機械学習を用いて受注確度や離反確度を予測
  • 機械学習の結果を各担当部門に共有し顧客対応の最適化・効率化を実現

それでは、「Treasure Data CDP for Sales」を使うことでどのような成果が得られるのか顧客ダッシュボードサンプルをお見せしながら説明させていただきます。
*企業により取り扱う製品やサービス、必要な情報等が異なるため、実際にダッシュボードを作る際は企業ごとにカスタマイズが必要になります。



まずは、左側の「企業情報」欄を御覧ください。この顧客は2019年に商品Cを失注していることがわかります。次に上部の「ネクストベストアクション」欄を御覧ください。優先度が「最高」になっており、この顧客は、商品購入意向が高いことがわかります。また中段右側では機械学習による予測スコアリングで商品Bの購入意向が高いことがわかります。そして下段では、顧客担当者との接点別行動履歴を追うことでお客様がどのような行動の結果、優先度が上がっているのかを営業担当者が把握できます。



顧客個人の画面では、顧客の担当窓口の詳細データが閲覧できます。この内容を把握した上で、担当者にアポを取り、購入意向の高い商材を提案することで効率よく売上を獲得することが可能となります。もし、全社にまたがっている情報を全て営業担当者が手作業で収集していたらどれほどの時間と労力が必要になることでしょうか。(もしかしたら、読者の皆様の会社のトップセールスパーソンは独自に上記作業を実施しているのかもしれませんが) 「Treasure Data CDP for Sales」を使えば、情報収集の時間を全て営業活動に使うことが可能です。その結果、読者の皆様の法人営業にとって「Treasure Data CDP for Sales」が大きな武器になると弊社は考えております。

「Treasure Data CDP for Sales」は株式会社USEN ICT Solutions(USEN-NEXT GROUP)に先行導入されています。株式会社USEN ICT Solutions(USEN-NEXT GROUP)では、営業活動全体の可視化、業界別シナリオメールの配信、既存見込み客の活性化施策を行い、その結果、営業粗利が55%増加、特定商材の見込み客からの受注率が約28%増加、特定商材の受注までの営業稼働期間が1/3に減少する等の成果を出しています。

いかがでしたでしょうか、「Treasure Data CDP for Sales」についてご理解いただけましたでしょうか。もし本ブログをご覧いただきご興味を持っていただきましたら、弊社カスタマーサクセス担当又は問い合わせフォームまでご連絡ください。

トレジャーデータでは、10月13日(水)に Beyond Marketing〜マーケティングを超えて、広がり、つながる顧客体験のストーリー〜をテーマにしたオンラインイベント「PLAZMA20」を開催します。法人営業・マーケティングの高度化に取り組む企業との対談、「CDP for Sales」等の新プロダクトの詳細説明を配信します。詳細はこちらを御覧ください。

安永 大志

Customer Representativeチーム

大手都市銀行を経て、電子マネー運営会社に転職。大手航空会社とのポイントアライアンス事業や、電子マネーの利用データを使ったモバイルメディア・O2Oマーケティングビジネスの事業開発等に従事。前職のITサービス会社では、同社のゲームプラットフォームや広告メディアをご利用いただく企業様向けのカスタマーサクセスチームやマーケティングチームのマネージャーを歴任。カスタマーサクセスチームでは、自身の経験を生かし、カスタマーサクセス人材の育成にも注力し、多くの人材を輩出。マーケティングチームではSNSや各種Webメディアを利用したオンラインプロモーションからTVCM・屋外広告・リアルイベントを始めとしたオフラインプロモーションまで幅広く実施。現在はトレジャーデータにて、カスタマーレプレゼンタティブチームのシニアマネージャーとしてTreasure Data CDPをご利用いただく企業様のカスタマーサクセスを推進。

得意領域 : オンライン・オフラインプロモーション設計、カスタマージャーニー設計、ポイントアライアンス、人材育成

Back to top button