HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

Treasure Data CDPのWebコンソールでのWorkflowログ

ホーム » Treasure Data CDPのWebコンソールでのWorkflowログ

Treasure Data CDPではWebブラウザでTDを操作することができるWebコンソールという機能があります。Webコンソールには作成したWorkflow(以下WF)を参照・修正することが可能です。また、WFを実行したときに実行結果や実行ログを参照することができます。

前提

WFの実行ログを確認するためのサンプル用のWFを作成いたしました。

【プロジェクト名】test_wf_project1
【親WF名】test_wf_project1.dig

なお、サンプルでは親WFから子WFを「for_each」で3回ループ処理で呼びだしております。

Webコンソールでは下記のように参照することができます。

WFのログ

そして実行後のログを説明いたします。


上記の箇所をクリックすると実行ログを確認することができます。



画面の左部にはそれぞれのタスクが時系列で表示されます。また画面の右部に「WF」「O」「E」のボタンが表示されていますが「O」のボタンにはSQLの処理ログである「Output Log」が記載されています。



また「query」タブには実行したDDLやSQL文が記載されています。



注意点ですがサンプルのWF用に「require」で子WFを呼び出した場合は詳細なログが表示されません。



その場合はWebコンソールで該当の子WFを選択して参照してください。




実行結果にはSQLの処理内容である「O」ボタンも表示されています。



このように子WFでの実行SQLの内容も確認することができます。

さいごに

Treasure Data CDPでのWebコンソールでのログ確認方法を紹介させていただきましたが、TD CLIでのコマンドに頼ることがなく細かい実行ログ確認がGUIで確認することができます。Webコンソールもどんどん便利性を追求して進化しております。より業務に活用していただければ幸いです。

UserEngagement事務局

ユーザーの皆さまへのお知らせや、Treasure Data UserEngagementのサイト運営を担当する事務局アカウント。
Back to top button