HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

Treasure Data CDPとLINE広告の連携について

ホーム » Treasure Data CDPとLINE広告の連携について

Treasure Data CDPは、LINE株式会社のパートナープログラム「LINE Biz Partner Program」において、「Technology Partner」として認定されました。本プログラムの認定により、Treasure Data CDPに格納済みのデータを利用したセグメントリストをLINEの広告プラットフォームへシームレスに連携することができるようになりました。

本ブログでは、Treasure Data CDPとLINE広告の連携方法について解説します。

こちらのコンテンツはアカデミー受講者さまのみに公開しております。自社ドメインのメールアドレスでログインください。当社サービスに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

ログイン

連携の前提

Treasure Data CDPとLINE広告の連携のKeyとして、IFA(IDFA、GAID) / email / 電話番号を利用します。この情報は下記のWorkflowにてハッシュ化されたうえで連携されます。

また現状、LINE広告へ連携する際は、コネクタが無くAudience StudioからActivationで連携することができないため、トレジャーデータのSEが提供するWorkflowをお客様のCDPに設定していただく必要があります。WorkflowにはPythonスクリプトが含まれるので、Custom Scriptingという機能が必要です。また、データ抽出を行うためのSQLはお客様ご自身で作成いただく必要がございます。

設定の際、トレジャーデータのSEが一時的に貴社のTreasure Data CDP環境にAPI経由でアクセスいたしますので、Master API key(作業時のみの一時的なもので構いません)のご提供とIP Whitelistをご利用の場合、弊社のIPアドレス(接続元IP)をご登録いただく必要があります。

連携の手順

1.広告アカウントIDの紐付け

本連携に必要なLINE広告の広告アカウントIDをご確認ください。

ご提供いただいた広告アカウントIDでSEが連携の為の紐付け作業を行った後、お客様のLINE広告アカウントのAdminメールアドレス宛に紐付けの承認依頼メールが届きますので、承認をお願いします。

2.お客様のCDPへWorkflowを登録

SE、またはCSからWorkflowをzipでご提供します。そちらをお客様のTreasure Data CDP環境へ登録して下さい。

3.SEへSecret登録依頼

Workflowの登録が完了したら、続いて以下の情報をSEへご提供下さい。

  • WorkflowのProject名
  • Master API key

※前述した通りトレジャーデータのSEがAPI経由で貴社のCDPにアクセスし、作業いたします。IP Whitelistをご利用の場合、事前に弊社のIPアドレス(接続元IP)をご登録いただく必要があります。

4.Workflow内の各種パラメータの登録

Workflow内の以下のパラメータに任意の値、及びSQLなどを登録して下さい。

*1: line_ads_access_keyとline_ads_secret_keyは、Data Provider (=トレジャーデータ社) としてのクレデンシャル情報のため、お客様へ共有することはできません。本理由により、これらの値は弊社が設定します。

5.Workflowの実行及びLINE広告上のオーディエンスステータスを確認

上記の設定が完了したらWorkflowを実行し、完了次第LINE広告のオーディエンスステータスを確認してください。

以上が実際の連携方法となります。
実際に利用してみたいという方は、カスタマーサクセス担当までご連絡ください。

四柳 裕識

Customer Representativeチーム

大学卒業後、音楽配信サービス会社にて各携帯電話会社との協業事業の運営及び、自社サービスのCRMやキャンペーン設計に従事。その後、広告の運用代理業などを経て、ニュースメディアに転職し広告記事の制作ディレクターとして、顧客への企画提案から取材、記事の掲載までを経験。同社にて、商品開発部に異動し、DMPの導入プロジェクトのリードを行う。その中で各種DSPとの協業や社内データの可視化、顧客レポートのリッチ化など自社データの活用を推進。2019年にトレジャーデータに参画し、カスタマーサクセスとして大手自動車会社、携帯電話会社、ゲーム会社など、幅広い業種でのデータ利活用を支援。また、社内で利用するダッシュボードの作成やサポート体制の効率化なども担当。

得意領域 : デジタル広告、データアライアンス

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button