HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

トレジャーデータはじめの一歩 – 詳細編(2) –

ホーム » トレジャーデータはじめの一歩 – 詳細編(2) –

カスタマーエンゲージメントチームの安永 大志です。
初回の「トレジャーデータはじめの一歩」ではTreasure Data CDPをご利用いただくにあたって、必要な手順を簡単にまとめてご説明いたしました。また、2回目となるトレジャーデータはじめの一歩-詳細編(1)-では「具体的にやりたいことを決める為の方法」についてご説明しました。

3回目に当たる今回は、必要な手順の内の一つ「やりたいことに必要なデータを用意する」ということに焦点を当ててご説明いたします。

なお、このコンテンツの想定読者は、下記の方々です。

  • Treasure Data CDPの使って成果を出せと言われたが、実際にどのような成果を出すのが良いか明確になっていない。
  • Treasure Data CDPを使いこなすにあたって、何が成功パターンなのか知りたい。

具体的にやりたいこととは何なのか、まずはそこを一つづつ明確にしていきましょう。初回の「トレジャーデータはじめの一歩」では具体的にやりたいことを決める方法で下記のようにご説明しました。

Step 2:やりたいことに必要なデータを用意する

まずは必要なデータを取得する方法を検討する必要があります。そのため、まずは自社がどのようなデータを持っているのか把握が必要です。皆様の所属部署では持っていないデータを他部署では持っているということもあります。自社の持つデータの棚卸しをし、そこから施策実施に必要な情報があるのか無いのかを判断してみましょう。上記を実施した上で、不足の情報があれば新たに取得を開始すれば問題ありません。


上記のように、やりたい施策毎に必要な上納の棚卸しが必須になります。その際にどのように行うかを今回は説明したいと思います。まずは、顧客データの紐付け出来るデータはなにか、それはどこにあるかを考えます。紐付けできないデータは、利用できないためです。


まずは、上記の「人」「端末」「ブラウザ」の3つに分けて考えてください。なお一番上の人の部分には、アンケート情報なども含まれます。アンケート情報にメールアドレスなどがあればそこから紐付けが可能だからです。次にどのIDを利用して顧客データを紐付けるのかを整理しましょう。現在取得しているデータを整理することで、紐付けの元となるIDを保有していないデータが存在しているかなどがわかります。例えば、前述のアンケート情報の場合、アンケート情報の中に他のデータと紐付ける情報(顧客IDやメールアドレスなど)がない場合は、活用できないデータとなります。

まずは自社で持っているデータを下記のように一覧表にしてみることをおすすめします。この一覧表を作ることで、どのIDがデータを紐付けるのに有効なのかがわかります。下記の例ですと、データセンターで保有している会員情報にて「顧客ID」「会員ID」の紐付けがされている為、全てのデータを紐付けることが可能となっています。仮に、「顧客ID」と「会員ID」の紐付けができない場合は、購買履歴をもとにアプリの最適化などができない状況になってしまいます。万が一、そのような形になっていたとしても安心してください。いますぐ紐付けできるように不足しているデータを取れるようにすればいいだけです。


上記のようにデータの現状を確認したら、今後のデータ取得のために、自社内でデータの統合ルールを明確にしましょう。ルールを明確にすることで、今後新たにデータを追加する際にも、統合に必要なIDを取得し忘れ、使えないデータを集めてしまうと言ったような事を防ぐことができます。

いかがでしょうか。上記まで完了させれば、やりたいことに必要なデータを用意することが可能になったかと思います。次回は、「用意したデータを収集・加工・集計する」ことについてご説明させていただきます。最後まで読んでいただきありがとうございます。また次の記事でお会いできると幸いです。
 
*Treasure Data CDPについてご不明点等ございましたら、本ブログの下部にある質問コーナーからご質問ください。担当より別途ご連絡させていただきます。

安永 大志

Customer Representativeチーム

大手都市銀行を経て、電子マネー運営会社に転職。大手航空会社とのポイントアライアンス事業や、電子マネーの利用データを使ったモバイルメディア・O2Oマーケティングビジネスの事業開発等に従事。前職のITサービス会社では、同社のゲームプラットフォームや広告メディアをご利用いただく企業様向けのカスタマーサクセスチームやマーケティングチームのマネージャーを歴任。カスタマーサクセスチームでは、自身の経験を生かし、カスタマーサクセス人材の育成にも注力し、多くの人材を輩出。マーケティングチームではSNSや各種Webメディアを利用したオンラインプロモーションからTVCM・屋外広告・リアルイベントを始めとしたオフラインプロモーションまで幅広く実施。現在はトレジャーデータにて、カスタマーレプレゼンタティブチームのシニアマネージャーとしてTreasure Data CDPをご利用いただく企業様のカスタマーサクセスを推進。

得意領域 : オンライン・オフラインプロモーション設計、カスタマージャーニー設計、ポイントアライアンス、人材育成

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button