HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

オフラインメディア施策結果の可視化の活かし方

ホーム » オフラインメディア施策結果の可視化の活かし方

カスタマーコンサルティングチームの西村 啓です。

現在、Treasure Data CDP を導入されたお客様へのコンサルティング業務を担っております。サポート範囲は、導入フェーズから、実際の利活用フェーズまでとなっております。私自身は、2019年12月のトレジャーデータ入社まで広告代理店でアカウント業務、メディア業務を実施しており、全く違う世界の人間でした。

トレジャーデータへ入社してから、いくつかのプロジェクト運営を実施してきた経験を元に
1回目:Treasure Data CDP導入を推進していく中で、抑えておくべきポイント
2回目:Treasure Data CDP 導入中に気をつけたいポイント整理(CRM施策の高度化)
3回目:Treasure Data CDPを活用したオフラインメディア施策結果の可視化
をご紹介いたしました。

4回目の今回は、「オフラインメディア施策結果の可視化の活かし方」について、ご説明いたします。

前回のおさらい

Treasure Data CDPの活用方法は、弊社のHPにも、下記システム概要図のご説明がございますが、施策実行において、ご契約企業に応じて、様々な活用方法がございます。ご契約企業様のイメージとしては、MAツール連携や、デジタルマーケティング連携による活用が主軸になると考えております。

前回、Treasure Data CDPの活用方法として「オフラインメディア施策結果の可視化」方法の事例をご紹介として、オフラインメディア=テレビ広告の可視化事例をご紹介いたしました。

  • テレビ広告を可視化していく上での概要
  • Treasure Data CDPのタグで、取得済みCookie情報を元に、下記を可視化

    1. ”テレビ広告” 放送時間から、●分毎で、Web アクセス状況を可視化
    2.  ”テレビ広告” 放送番組時間内で、Web アクセス状況を可視化
  • Treasure Data CDPにおいてID統合がなされている前提とした場合
  • ご契約企業様のテレビ広告実施後の効果を、会員単位で、把握する事が可能

実際の活用方法の検討について

前回のおさらいにも記載した通りで、テレビ広告効果を、テレビ広告見たであろう人を「別の形」で定義付け” する事で、ご契約企業様の会員単位での効果の可視化が可能になります。

前回からのUPDATEポイント

  • 新規アクセス数
  • 購入者数
  • ベースライン新規アクセス数
  • ベースライン購入者数

上記を新しくデータ抽出を実施
※データ抽出における詳細条件については、今回は、割愛させていただきます。

活用方法1 / 新規アクセス数の把握 → 新規顧客とのコミュニケーションに活用

Treasure Data CDPにおいてID統合がなされている前提とした場合、新規アクセス数=会員単位での把握可能となります。
結果として、下記のような施策設計が可能です。

  • テレビ広告を視聴した会員のうち、新規アクセス会員のみを抽出(Cookie単位で取得)
  • 取得できたCookie情報を活用した、デジタル広告の実施

活用方法2 / 既存ユーザーのアクセス数の把握 → CRM施策への活用

下記のような施策設計が可能です。

  1. 既存ユーザーの場合、各種CRM施策に必要な情報(メールアドレスなど)を把握できているケースが多い
  2. CRM施策に必要な情報を元に、メールなどのCRM施策の実施

活用方法3 / テレビ広告の高度化への活用

一般的に、テレビ広告を実施する場合、広告代理店様 / 媒体社様が、テレビ広告掲出枠をクライアント様毎に最適化し、ご提案する場合が多くなります。ただ、クライアント様の実態と、必ずしも即しているとは言えない場合もある中で今回のような、アクセス数 / 新規アクセス数 / 購入数 のような実態の数字と照らし合わせる事でクライアント様にとって、テレビ広告の効果最大化を狙う事は可能と考えます。

仮に、テレビ広告実施において、ご提案枠での広告掲出がなされた場合、新規アクセス数が多い番組(時間帯)での広告掲出の方が、クライアント様にとっては、有意義である可能性は考えられます。

 (補足)

  • 現状、アクセス数 / 新規アクセス数 / 購入者数 とう全体感のみ把握していおりますが、本当は、会員ID単位で把握する事で、ユーザーのユニーク化を実施。
  • ユニーク化された会員単位での可視化する事で、より性格な効果を把握し、テレビ広告の最適化及び効果最大化を狙うことは可能となります。

西村 啓

Customer Consultingチーム

広告代理店で約10年間、メディア担当、アカウント担当に従事。新卒からマスメディアを中心とした、メディアバイイング及びメディアプランナー業務を担当。その後、流通小売の営業担当を兼務。オンライン・オフラインの統合メディア戦略立案に従事する中で、データ活用の重要性を感じる。また、新規での流通小売のアカウント獲得に向けた提案、獲得、実務(メディアプランニング、分析支援、新規事業立案)までを一気通貫して経験。2019年12月、データ活用の最前線で働きたいと考えた結果、15年住み慣れた関西を離れ、東京に移住。トレジャーデータに参画。現在はカスタマーコンサルタントとして、鉄道運輸・サービス業のプロジェクトに携わり、Treasure Data CDPの導入・活用支援に従事。

得意領域 : メディアプランニング、流通小売業マーケティグ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button