HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

Something went wrong on our end エラーが発生したときに

ホーム » Something went wrong on our end エラーが発生したときに

テクニカルサポートエンジニアリングチームの伊藤 一樹です。
今回は、Treasure Data CDPコンソール(ブラウザで操作するWeb UI)で稀に発生する、奇妙なエラーについて触れてみます。

Something went wrong on our end

Treasure Data CDPコンソールを使っていると突然Something went wrong on our end. Please go back and try again.というエラーが発生することがあります。

メッセージを見て「Treasure Data CDP側(our end)で何か問題が発生した」ってどういうこと?と思われるでしょう。 本当にTreasure Data CDP側で障害が発生している可能性もありますが、クライアント、すなわちブラウザ側に起因していることがほとんどなので、利用者側で対処することができます。

対処方法

リロードする

本エラーは一時的な事象に起因している可能性があります。その場合は、既に試している方がほとんどかと思いますが、エラーが発生したページでリロードすると解消されます。ただ、リロードで解消するケースは体感では珍しいので、リロードで解消しない場合は他の方法を試してみてください。

他のブラウザを使う

先述しましたが、このエラーはブラウザの状態に起因していることがほとんどなので、他のブラウザで同様の操作を行うとエラーが発生せず解消する場合が多いです。 試してみて解消した場合、そのままそのブラウザをお使いいただいても良いですが、後述の方法を試してみると元のブラウザでもエラー解消することができます。

ブラウザのキャッシュ・Cookieを削除する

他のブラウザで解消することを確認できた場合、Treasure Data CDP側で障害が発生しているわけではないと考えられるので、エラーが発生するブラウザのキャッシュやCookieを削除することでエラーが解消します。

それでも解消しない場合

お手数ですがTreasure Data CDPのサポートに問い合わせていただければと思います。 下記ブラウザの開発者ツールなどを用いることでお客様に調査にご協力いただきながら原因特定させていただくことになるかと思います。

終わりに

簡単にではありますがSomething went wrong on our endというエラーについて説明させていただきました。検索しても出てこないエラーかと思いますので、本ブログが参考になりますと幸いです。

伊藤 一樹

Technical Support Engineeringチーム

大学院卒業後2012年に日本オラクル株式会社に入社。ITコンサルタントとしてOracle Databaseの設計から運用、チューニング、性能アセスメントなどに従事。また、顧客のDBAチームの立ち上げやスキルトランスファー、短いダウンタイムでのデータベース移行、テストツール・オプションに注力し、コンサルタントのナレッジの訴求のため外部向けの講演なども経験。縁あって2019年2月にトレジャーデータに入社。多くの問い合わせを解決することを喫緊の至上命題とし、最も多くの問い合わせ対応を行っている。

得意領域 : データベース、SQL/付随するアーキテクチャ、トラブルシューティング

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button