HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

AudienceStudioを活用する前のMasterSegment設定

ホーム » AudienceStudioを活用する前のMasterSegment設定

カスタマーリプレゼンタティブチームの大西 高広です。

今回は、TreasureDataCDPの機能の1つである、AudienceStudioに必要なMasterSegment設定準備について解説します。
以前ご紹介したAudienceStudioの機能の赤枠の領域になります。

MasterSegment

実際にAudienceStudioの中で最も頻度高く使われる機能でもあるSegmrnt & Funnelsは、データを投入しすぐに使えるという訳ではなく、元データであるMasterSegmentを設定しておく必要があります。

    MasterSegmentの設定に必要なデータとして、Master/Attribute/Behaviorの3種類のTableがあります。

  • MasterTable: Masterとなるためのユーザーが含まれるデータ
    ┗CookieID/Emailアドレス/会員ID等
  • AttributeTable:ユーザーの属性情報が含まれるデータ
    ┗会員データ/性別/年齢/居住地等
  • BehaviorTable:日時が紐付く行動が含まれるデータ
    ┗Web/Appのアクセスログ、購買データ等

MasterSegmentの設定

それぞれのTableのデータを、ユーザー識別子をKeyに紐付けを行います。
例えば、MasterTable内にある会員IDと、AttributeTable内にある会員データに含まれる会員IDを紐付ける事で、
「会員ID○○○であり、&男性であり、&30代であり、&東京在住」といったデータになります。

また、MasterTable内にあるEmailアドレスと、BehaviorTable内にあるEmailアドレスを紐付ける事で、
「○○@○○.comであり、&0時00分に商品□□を購入」といったデータになります。

MasterTable内にAttributeTableにもBehaviorTableにもKeyを保持している事から、両方のTableデータを組み合わせて把握することが可能になり、
「会員ID○○○であり、&男性であり、&30代であり、&東京在住

○○@○○.comであり、&0時00分に商品□□を購入」

といった属性と行動を組み合わせたデータとなります。

MasterTable側から紐付ける元となるDatabaseとTableを指定し、Foreign KeyとJoinKeyをAttributeTable/BehaviorTable側から指定し、
それぞれ活用していきたいカラムを追加していくことで、AudienceStudioのSegment & Funnelsでも利用できるようになります。

ただし、AttributeTableとBehaviorTableの両方が必要という訳ではなく、実際にはどちらがあればMasterSegmentの作成は可能です。
準備に時間がかかる等問題があれば、まずは一度今あるデータのみで作成してみてAudienceStudioを一度活用した上で投入データを改めて検討してみてもいいかもしれません。

また、作成したMaterSegmentを更新するスケジュールや更新時のSQLエンジンの選択も可能となっています。

いかがでしたでしょうか。目的や用途に合わせてMasterSegmentを複数設定いただき、実際に施策活用時のSegmentを作成するためのAudienceStudioのSegment & Funnelsを効率良く、効果的に利用して頂ければ幸いです。

ご不明な点等ありましたら、弊社のカスタマーサクセス担当迄ご相談いただければと思います。また、トレジャーアカデミーではAudience Studioについて演習を交えた講義を開催しております。詳細はこちらをご参照ください。

大西 高広

Customer Representativeチーム

GMO NIKKOに入社し、営業と並行して広告運用も自ら行う部署で継続して最大105アカウントを担当していたことから、運用型広告やアクセス解析をメインにデータ活用から最適化していく仕組みをノウハウ化。その後、大手クライアント向けの部署で営業として、WEBのマーケティング戦略の立案から実行・運用迄、社内外のマネジメント業務を経験。2015年に楽天株式会社に転職。ビッグデータを活用した広告商品の企画・開発や営業推進を担当。保有技術とアセットを組み合わせ、マーケティングに活用するAIエージェントやデータアライアンスを利用した広告商品、オンオフの購買データを統合分析した広告ソリューション等、複数の広告商品の企画・開発を行い、ローンチ後の営業推進を担当。2020年3月にトレジャーデータ参画し、カスタマーサクセス担当としてクライアントのデータ利活用の支援に従事。

得意領域 : デジタル広告全般、アクセス解析、データアライアンス、広告運用、施策設計

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button