HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

CDPから広告配信ソリューションへの連携について

ホーム » CDPから広告配信ソリューションへの連携について

こんにちは、カスタマーオンボーディングチームの荻島 啓介です。

本日はTreasure Data CDP導入初期のお客様に向けた、Treasure Data CDPと広告配信ソリューション(Google/Facebook/各種DSPサービス等のデジタル広告配信サービス)との連携の概要及び検討を行うべきポイントをご紹介いたします。

まず、 広告配信ソリューションとの連携について説明をする前提として、Treasure Data CDP内におけるデータフローイメージを使ってご説明いたします。

色々な機会で見ているデータフロー図かと思いますが、分散している外部のデータソースからTreasure Data CDPにデータを収集、蓄積し、その後、Treasure Data CDP内にてユーザー単位にデータを統合し、各種施策(広告配信/MA/コンテンツ出し分け)実施のためにユーザーセグメントを作成、各種施策ツールにデータ連携を実施する流れとなります。

Treasure Data CDPから広告配信ソリューションへの連携概要

Treasure Data CDPに蓄積したデータを広告配信ソリューション側に連携する対応内容と連携イメージ図は下記の通りです。

流れとしては、図の通りですが、

  1. 利用を行う広告配信サービスを確認し、利用に関する契約等の手続き等をお客様側にて実施。
  2. Treasure Data CDPと広告配信サービスとのデータ連携に関する連携設定を実施。
  3. ※連携設定については、広告配信サービス毎に「Connecotor/TD間のData Exchange機能利用/ファイルサーバ経由」と異なるので、サービス毎に連携方法を確認し、設定する必要有り。

  4. 広告配信対象となるデータをセグメントし、広告配信ソリューション側にデータ連携を実施。
  5. ※連携を行うデータ項目(cookie ID/Mobile広告ID/Emailアドレス/その他必要情報)については、連携を行う広告配信ソリューション毎や広告メニュー毎に異なります。

ポイントとしては、広告配信ソリューション毎に「連携方法」「連携を行うデータ項目」が異なるという点です。特に、データ項目については、広告配信実施からスケジュールを逆算して、Treasure Data CDPへのデータ蓄積を行う必要があります。

では、次に具体的にどのような広告配信ソリューションとTreasure Data CDPはデータ連携が可能かについて、現状をご紹介します。

Treasure Data CDPから広告配信ソリューションへの連携状況※2021年5月時点

2021年5月時点にてTreasure Data CDPと連携実績がある広告配信ソリューションのサービスと連携を行う時のデータ項目(連携key:Cookie IDの種類/Mobile広告等の情報)の整理情報です。

データ項目(連携KEY)のパターンとしては、大きく下記の通りです。

  1. Web面への広告配信:Cookie ID
  2. ※Cookie IDについては、下記2つのパターンがあります。

    • Treasure Data CDPのJSタグにて発行している3rd Party Cookieである「td_global_id」をそのまま連携が可能なパターン
    • 広告配信サービス側のCookie IDとCookie Syncを行う必要があるパターン
  3. アプリ面への広告配信:Mobile広告ID(IDFA/AAID)
  4. その他:Emailアドレス / Phone Number / サービスID(例:Twitter ID等)
  5. ※上記keyを利用し広告配信サービス側の広告メニューによりweb面/アプリ面及びその他チャネルへの広告配信を実施。

広告配信メニューに応じて、上記データ項目を広告配信サービス側にデータ連携を行い、広告配信サービス側の広告配信対象リスト(広告配信除外リスト)にセットされ、広告配信サービス側の管理画面より広告配信キャンペーンを実施して頂きます。

以上、広告配信ソリューションへのデータ連携概要と連携KEYについてご説明いたしましたが、広告配信においては皆様ご存知のように現状、下記課題があります。

  • 3rd party Cookie規制により、web面での広告配信時のkeyとして利用していた3rd party cookie Iが利用出来なくなる。
  • AppleのiOS14から開始されたIDFAのオプトイン必須化による利用可能IDFA数の減少

また、上記には影響を受けず連携KEYとして注目されている「EMAILアドレス」についてですが、こちらは、単独データとして個人情報に該当しますので、Treasure Data CDP内及び広告配信サービスへの連携におけるデータ管理及び運用オペレーション上のセキュリティ担保及びケアが必要となります。

こちらについては、法規制や業界内でのルール及び各サービス会社というレベルにて様々な検討が行われおり、日々変化しています。トレジャーデータとしても、外部環境の把握及びTreasure Data CDPサービスとしての対応を検討している状況ではありますので、弊社からのアナウンスのご確認いただきたい場合や、具体的なお困り事、不明点があればトレジャーデータ担当者にお気軽にご連絡ください。

荻島 啓介

Customer Onboardingチーム

2004年、大手自動車会社のCRM施策の担当としてインターネット業界でのキャリアをスタート。その後、ソーシャルメディア施策・コーポレートサイト構築ディレクションと業務の幅を拡大。2008年より株式会社カカクコムにて、価格.comメディアの広告商品企画や家電メーカー向けのデータ活用を営業企画部長としてアドテク・データ領域をリード。ゲームアプリ会社にて新規事業推進を行った後、2017年10月よりトレジャーデータにてカスタマーサクセスとしてゲーム会社、オンラインメディア企業から不動産、金融系のトラディショナルな企業まで幅広い業種でのデータ利活用を支援。

得意領域 : デジタル広告、CRM設計、データアライアンス、プロジェクトマネジメント

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

Back to top button