HOW TO TD(User Engagement)Treasure Data User Engagement

トレジャーデータのサポート体制

ホーム » トレジャーデータのサポート体制

カスタマーレプレゼンタティブチームの安永 大志です。
本日はトレジャーデータのお客様サポート体制についてご説明させていただきます。

トレジャーデータでは「カスタマーサクセス」「ソリューションアーキテクト」「サポートエンジニア」の3つの側面から、お客様のデータ活用をサポートします。

カスタマーサクセスでは、お客様の相談窓口としてTreasure Data CDPの様々なデータ活用事例のノウハウを持つメンバーがお客様のデジタルトランスフォーメーションをお手伝いします。ソリューションアーキテクトではビッグデータ基盤やデジタルマーケティング、ITに精通したメンバーがお客様のソリューションの実現を支援します。サポートエンジニアでは、Treasure Data CDPの仕様に精通したエンジニアがトレジャーデータに関する技術サポートを実施します。

コロナ禍であっても、各種オンラインツールを利用し、お客様にご満足いただけるサポート体制をご用意しております。

主にはZoom等を利用したWeb会議やをチャット・メールを利用した各種お問い合わせへの対応を始め、より良くトレジャーデータをご利用いただくために、ユーザートレーニングやトレジャーデータの管理コンソールから直接サポートエンジニアにお問い合わせできるオンラインチャットなどをご用意しております。

続きまして、トレーニングについて詳しくご紹介いたします。


Treasure Universityではウェビナー形式でトレジャーデータの管理画面の使い方、SQLの基礎講座、セグメント機能や自動化機能等の基礎知識全6コースを無償で閲覧いただくことが可能です。

実際の受講画面

一方でTreasure Academy for CDP Mastersは有償となっておりますが、技術的側面、操作方法のポイントだけでなく、実際のケースをもとにプロジェクトの全体設計等に関するノウハウを公開し、実務プロセスに使えるカリキュラムをご用意しております。

「技術がわかるプロマネ」「ビジネス理解のあるエンジニア」の「インハウス化」をサポートするオンライントレーニングとなっており、お客様の人材育成面でのサポートを実施しております。

こちらはプロダクトマネージメントコースとエンジニアコースの2コースがあり、双方40時間以上の受講が必須となります。

CDPトレーニングプログラムの構成全体像手法だけでなく、実際のケースをもとに実務プロセスに使えるカリキュラムを整備


続きましてテクニカルサポートについてご説明します。

テクニカルサポートではコンソールからのチャットにより24時間365日のチケット受付を行なっております。日本語による回答は東京オフィスの営業時間である9時〜18時までです。オンラインチャットはBestEffortですが、すぐに回答できない場合でも弊社からメールによる返信を実施しております。

Treasure Data CDPに関わる各種機能や他のツールとの連携方法などについてエンジニアリングのバックグランドを持った技術者がサポートさせていただいており、多くのお客様からその対応内容についてご評価いただいております。

以上が、トレジャーデータのサポート体制となります。ご不明な点等ございましたらぜひご利用ください。

安永 大志

Customer Engagementチーム

大手都市銀行を経て、電子マネー運営会社に転職。大手航空会社とのポイントアライアンス事業や、電子マネーの利用データを使ったモバイルメディア・O2Oマーケティングビジネスの事業開発等に従事。前職のITサービス会社では、同社のゲームプラットフォームや広告メディアをご利用いただく企業様向けのカスタマーサクセスチームやマーケティングチームのマネージャーを歴任。カスタマーサクセスチームでは、自身の経験を生かし、カスタマーサクセス人材の育成にも注力し、多くの人材を輩出。マーケティングチームではSNSや各種Webメディアを利用したオンラインプロモーションからTVCM・屋外広告・リアルイベントを始めとしたオフラインプロモーションまで幅広く実施。現在はトレジャーデータにて、カスタマーエンゲージメントチームのシニアマネージャーとしてTreasure Data CDPをご利用いただく企業様のカスタマーサクセスを推進。

得意領域 : オンライン・オフラインプロモーション設計、カスタマージャーニー設計、ポイントアライアンス、人材育成

Back to top button