fbpx

ホーム » Treasure Data Customer Award 1stSeason

TREASURE DATACustomer Award 1stSeason

開催概要

TREASURE DATA Customer Awardは、Treasure Data CDPを導入活用する企業・組織を対象とした表彰制度です。

Treasure Data CDPは、顧客データを収集、統合、分析し、様々なツールやシステムに連携することで、顧客を深く理解し、顧客体験(CX)を向上させることができます。

その過程で必要な技術・知識は多岐にわたり、それらの事例やスキルをお持ちの方々を、マーケティング・エンジニアリング・デジタルトランスフォーメーションに造詣の深い有識者、そして実際にTreasure Data CDPを活用されている他ユーザーが審査し、様々な取り組みを表彰いたします。

トレジャーデータは本Awardを通じ、CDP活用および顧客体験向上の発展を支援していきます。

開催によせて

三浦喬

トレジャーデータ株式会社代表取締役社長三浦 喬

日々、お客様各社の斬新なアイディア・日々のデータ利活用は進歩しており、そのお取り組みが多くの方へ共有されていくことで更なるデータ利活用につながっていくと考えております。
是非、TREASURE DATA Customer Awardにエントリー頂き、既に先進的な取り組みをしているユーザーの皆様からのアドバイスを受けながら、ビジネスにおけるデータ活用を推進いただき、多くの企業様に素晴らしい顧客体験事例をお届けしていただければと思います。

各賞の紹介

TREASURE DATA Customer Awardでは、以下の3つのカテゴリから各部門賞を設置しています。

優れた事例を作成した企業・プロジェクトを“Treasure Masterpiece”として表彰し、事例推進に貢献された方を”Treasure Master”として認定いたします。認定された方は、Treasure Masterで構成される”Treasure Masters”の一員として次世代のTreasure Master育成にご参画いただきたいと考えております。

Treasure Masterpiece of the year

・Marketing部門:マーケティング事例
・Beyond Marketing部門:マーケティング以外の事例 (DX/エンジニアリング技術含む)
・New Customer部門:直近2年以内契約の企業の事例

参加特典

受賞企業

・トロフィー授与
・Treasure Data CDPプロダクトへの優先的な意見の反映(ボードメンバーやプロダクトチームとの交流会)
・Treasure Data CDPに精通したユーザーとのコミュニティ参加

エントリー企業

・ユーザー会内で開催される勉強会への優先参加権
・Treasure Data CDPに精通したユーザーとのコミュニティ参加

エントリー概要

募集対象

Treasure Data CDPをご契約の企業及びプロジェクトの2022年1月〜2022年11月までの活用内容を対象といたします。

受賞後は、Treasure Mastersの一員として次世代の“Treasure Master”育成にご参画いただきます。

※ 仮名・匿名でのエントリー可

※ New Customer部門については、2020年1月以降にご契約いただいた企業に限る

応募方法

エントリーフォームより、必要事項をご記入の上ご応募ください。

応募いただいた企業及びプロジェクトの中から書類審査を通過した方に、今後の流れについて個別ご連絡をさせていただきます。

応募規定

エントリー無料

Treasure Data CDPの導入企業

日本語でコミュニケーションや発表ができる方が所属している企業・組織

今後、Treasure Dataユーザーグループの活動にご参画いただける方が所属している企業・組織

注意事項

1. 活動内容の発表方法

活動内容を発表していただく前提でエントリーをお願いいたします。

審査のためにTREASURE DATAユーザーグループ会員及び審査委員に対して活動内容を発表していただきます。

2. 応募受付

応募受付締切日以降のエントリーは無効となりますので期日内のエントリーをお願いいたします。

3. 取材のお願い

ご応募いただいた活動内容についてPLAZMA等のイベントやWebサイトでの取材や特集の掲載をお願いする可能性があります。

スケジュール

2022年2月1日エントリー受付開始

2022年4月28日エントリー受付締切

2022年11月22日プレゼンテーション資料・動画提出締切

2022年12月吉日受賞者発表

エントリーされた方の活動内容

Treasure Data CDPに精通したユーザーとのコミュニティや勉強会への参加、TUG FORUMを活用して情報交換を進めてください。

応募いただいた企業及びプロジェクトの中から書類審査を通過した方に、取り組み概要に合わせた得意領域を持つ”Treasure Master”をメンターとしてご紹介いたします。“Treasure Master”と事例発表のためのディスカッション進めてください。

エントリー

審査委員

太田一樹

Treasure Data, Inc.CEO&Founder太田 一樹

藤沢 久美

シンクタンク・ソフィアバンク代表取締役藤沢 久美

ルゾンカ 典子

コスモエネルギーホールディングス株式会社執行役員 CDO コーポレートDX戦略部長ルゾンカ 典子

藤川 佳則

一橋大学大学院経営管理研究科 国際企業戦略専攻 准教授藤川 佳則

入山 章栄

早稲田大学大学院経営管理研究科早稲田大学ビジネススクール 教授入山 章栄

上記審査員からの審査に加え、TREASURE DATAユーザーグループ会員による投票を審査の一貫として行います。

Treasure Masters

安西 麻里子

安西 麻里子ユーザー歴:7年得意領域
プロジェクトマネジメント
広告
BI・ダッシュボード

泉 善博

泉 善博ユーザー歴:5年得意領域
プロジェクトマネジメント
マーケティング
広告
アナリティクス
プランニング(企画.計画)

小川 秀樹

小川 秀樹ユーザー歴:5年得意領域
プロジェクトマネジメント
マーケティング
アナリティクス

川原 博

川原 博ユーザー歴:2年得意領域
BI・ダッシュボード
SQL・Workflow
プロジェクトマネジメント

久保田 賢

久保田 賢ユーザー歴:5年得意領域
プロジェクトマネジメント
マーケティング
アナリティクス

佐野 太刀彦

佐野 太刀彦ユーザー歴:6年得意領域
広告
SQL・Workflow
プロジェクトマネジメント

富岡 広通

富岡 広通ユーザー歴:4年得意領域
広告
マーケティング
プランニング(企画.計画)

西橋 誠

西橋 誠ユーザー歴:3年得意領域
広告
マーケティング
CRM

Treasure Mastersの得意領域

エントリーいただいた皆さまのメンターとなる、Treasure Data CDPおよび、マーケティング・エンジニアリング・デジタルトランスフォーメーションに造詣の深いユーザー”Treasure Masters”の得意領域一覧。

プロジェクトマネジメント データ分析またはDX系プロジェクトの立案からプロジェクト推進の経験
マーケティング デジタル、データ利用の目的を販売領域にした活動の企画推進または実行の経験
広告 データを用いたプロモーションの最適化およびその運用(効果計測、効率化)の経験
CRM 顧客ロイヤリティ向上(LTV向上・リテンション・解約抑止含む)を目的にしたデータ利用の企画推進または実行の経験
BI・ダッシュボード 可視化分析の要件定義からBIツール等での実装の経験とそれに関わるツールの知識、開発経験
SQL・Workflow データベースの知識とデータハンドリングスキル及び、要求に沿ったデータマートの設計、作成、自動化の経験
アナリティクス データ分析要件を定義し、分析による示唆から意思決定を進めビジネス効果に繋げた経験
プランニング(企画.計画) デジタル、データを用いた事業創出や業務改善等の企画の策定経験

お問い合わせ

トレジャーデータ Customer Award / User Group事務局

jp-customer-engagement@treasuredata.com

Copyright 2021 Treasure Data, Inc. (or its affiliates). All rights reserved.

Back to top button