TD MEMBER(User Engagement)Treasure Data User Engagement

カスタマーオンボーディングチーム

ホーム » カスタマーオンボーディングチーム

カスタマーオンボーディングチームは、導入初期のユーザー様へTreasureDataCDPの技術的な知見、データ活用やDXへの理解、プロジェクトの進め方などの各社に合わせたスムーズな利用開始を支援するチームです。

小暮 和基

インターネット広告の大手メディアレップにてWebメディアへの広告コンサルやadTechツールの導入を数多く手掛けた後、博報堂DYメディアパートナーズに出向。マスメディアのアセットを活用したデジタル事業開発やクロスメディアプロモーションを推進する専任担当として活動。その後、デジタル以外に領域を拡げるべく籍を移した外資系マーケティング会社では企業のマーケティング・ブランド戦略、プロモーション効果計測、マーケットリサーチなどに携わる。
前職ではIoT製品を開発・販売するスタートアップ企業のマーケティング担当として、戦略立案から施策実行、自社メディアの運用や販売チャネル分析など幅広く担当(人がいないから全部やる)。2019年にトレジャーデータに参画。カスタマーコンサルティングチームを経て、2020年からはカスタマーオンボーディングチームに所属。
得意領域
IoT、ペルソナ分析、ジャーニーに合わせた情報設計、効果検証

荻島 啓介

2004年、大手自動車会社のCRM施策の担当としてインターネット業界でのキャリアをスタート。その後、ソーシャルメディア施策・コーポレートサイト構築ディレクションと業務の幅を拡大。2008年より株式会社カカクコムにて、価格.comメディアの広告商品企画や家電メーカー向けのデータ活用を営業企画部長としてアドテク・データ領域をリード。
ゲームアプリ会社にて新規事業推進を行った後、2017年10月よりトレジャーデータにてカスタマーサクセスとしてゲーム会社、オンラインメディア企業から不動産、金融系のトラディショナルな企業まで幅広い業種でのデータ利活用を支援。
得意領域
デジタル広告、CRM設計、データアライアンス、プロジェクトマネジメント

塚原 一喜

マーケティング・広告領域の専門出版社で、広告営業、イベント企画、Webメディアの広告商品開発に従事。広告主企業・テクノロジー企業・メディア企業・制作会社等、幅広いクライアントを担当。2017年トレジャーデータに入社し、カスタマーサクセスとしてメディア企業をメインに担当。メディア企業におけるデータ分析手法提案や、データを活用した広告商品設計などサポート。
Ex.大学時代は早稲田大学ラグビー蹴球部に所属し、大学選手権優勝。ポジションはフッカー。
得意領域
メディア企業におけるデータ活用サポート、Workflow、DataStudio

溝川 晃央

2007年に中堅WEBメディアに入社。広告営業から新規事業開発、大手ポータルサイト各社とのアライアンスまで幅広く担当。その後、DSPベンダー数社にてDSP/DMP事業の立ち上げ、営業、アライアンスを担当。エンジニアと並走しての入札ロジックの改善、新規メニューの開発から、海外と連携しての新規プロダクトの輸入、Go-to-marketに従事。
2017年よりセールスフォースにてDMP事業の立ち上げ、営業、導入企業へのコンサルティングを担当。2021年にトレジャーデータへ参画。導入期の伴走支援を行うカスタマーオンボーディングチームに所属。
得意領域
プロジェクトマネジメント、ロードマップ策定、施策設計、効果検証

大西 高広

GMO NIKKOに入社し、営業と並行して広告運用も自ら行う部署で継続して最大105アカウントを担当していたことから、運用型広告やアクセス解析をメインにデータ活用から最適化していく仕組みをノウハウ化。その後、大手クライアント向けの部署で営業として、WEBのマーケティング戦略の立案から実行・運用迄、社内外のマネジメント業務を経験。 2015年に楽天株式会社に転職。ビッグデータを活用した広告商品の企画・開発や営業推進を担当。保有技術とアセットを組み合わせ、マーケティングに活用するAIエージェントやデータアライアンスを利用した広告商品、オンオフの購買データを統合分析した広告ソリューション等、複数の広告商品の企画・開発を行い、ローンチ後の営業推進を担当。 2020年3月にトレジャーデータ参画し、カスタマーサクセス担当としてクライアントのデータ利活用の支援に従事。
得意領域
デジタル広告全般、アクセス解析、データアライアンス、広告運用、施策設計

UserEngagement事務局

ユーザーの皆さまへのお知らせや、Treasure Data UserEngagementのサイト運営を担当する事務局アカウント。
Back to top button