Treasure Academy

Treasure Academy受講者専用ページ

Treasure Academyについて

Treasure Academy for CDP Masters の紹介動画です。

多様化、複雑化するユースケースへの対応

CDPの普及が進み、データ利活用プロジェクトは初期の広告最適化等から大きく対象を拡大し、テーマ別、業界別にと複雑化してきています。
本プログラムでは、トレジャーデータが提供しているプロフェッショナルサービスで培ったノウハウをコンテンツ化したことで、実践的な内容を習得できようになっています。

テクノロジー/ビジネス両方に理解のあるπ型人材の育成

CDPの導入は単にデータサイロを解消し、統合するだけではありません。
データの利活用でよく見られる現場の課題は、ビジネスロジックとテクノロジーの双方に理解のある人材が少ないことです。CDP導入の成功要因はテクノロジー、ビジネスの双方に理解のある2種類の「π型人材」を育成することです。

OJT主体だったノウハウを体系的に習得

これまでCDP導入、活用については主にOJT形式で実務を学んでいくことが多いのが実態でした。CDP自体が新しいコンセプトで事例も少なく、体系化が難しい領域でした。
CDPの普及に伴い事例が増えてきた今、ノウハウを体系化してトレーニングプログラムとして提供しています。

特徴1 実務プロセス・プロマネノウハウのコンテンツ化

  • CDPの各種機能、セキュリティ設定や権限管理等の技術的側面に加えて、ユースケースや実際の施策を念頭においたプロジェクト設計や実務プロセスを重視

特徴2 Hand on セッションの充実

  • 参加者が実際にサンプルデータを使いながら、CDPを操作
  • 少人数制を採用し、講師が一人一人の質問に対応
  • 学習初期のつまづきを最小化し、社内データ活用の早期立ち上げに貢献
  • データインポート、アグリゲーション、可視化、データエクスポート等、実務に沿ったコンテンツを用意

特徴3 認定制度

  • トレーニング修了後に試験を実施し、認定する制度をご用意
  • 一定人数の資格保有者が認定パートナー企業に在籍するようにCDPのエコシステムを発展させる計画

トレーニングコースのご案内

TD Certified Project Leader Course プロジェクトリーダー向け プログラム

  • CDP活用、データ利活用を進めるために必要な知識及びPJ設計/推進を学ぶ
  • コースを通じて社内でProject Leaderとなれる人材を養成
  • 8セッションを約4週間で学ぶプログラム

TD Certified Engineer Course エンジニア向け プログラム

  • CDP活用、データ利活用を進めるためにエンジニアとして必要な知識を学ぶ
  • CDPの特徴、機能に精通し、施策を実現するための実装方法を習得
  • 9セッションを約4週間で学ぶプログラム

対象者

CDP導入に携わるエンジニア及びビジネス担当者様 (2種類のコース)

料金

3万ドルからのご案内 プロジェクトリーダー2名、エンジニア4名の計6名

各講義概要

はじめてのCDP

受講推奨TD歴 0-2ヶ月

Basicよりも更に前段階の「CDPを体系的に理解したい」「用語や概念的な部分から知りたい」など、CDPの全体像からCookieについての解説セミナーを定期的に開催しております。
この講義に関しては、受講者さま以外も受講可能となっております。Treasure Academyの雰囲気を知りたい方へもオススメしております。
CDPプロジェクトに入って間もない方、これからCDPをご活用される予定の部署の方等、「CDPってなに?」という皆さまも、是非お気軽にご参加ください。
開催日・お申し込みはこちらから

Basic

受講推奨TD歴 0-2ヶ月

Treasure Data CDPの基本的な利用方法と機能を理解し、プロジェクトに適した機能の選択が行えるようになるためのセッション。
基本的な用語の解説から、Treasure Data CDPのWebコンソールのメニューから操作方法、利用するにあたって知っておくべき前提知識を網羅できます。

SQL基礎編1

受講推奨TD歴 0-2ヶ月

TTreasure Data CDPを利用するにあたってどうしても避けることができないSQLを0から学べるセッション。(すでにSQLの知見がある方は動画視聴で可。
SELECTとは?WHEREとは?というところから始まり、JOINや関数などまで学べる、SQL書いたことない!という人にも安心・嬉しい内容です。

SQL基礎編2

受講推奨TD歴 1-3ヶ月

標準のSQLに加えてTreasure Data CDP特有のアーキテクチャや関数、その利用方法を学べるセッション。
Treasure Data CDP上でクエリするのに必ず理解しておくべきtimeカラムの意味、それを有効に、効率よく利用するためのTD専用の関数を知ることができます。

SQL基礎編3

受講推奨TD歴 個人のレベルに応じて

これまでに習得したSQLの知識に加えて、業界別のよくある分析ケースや考え方まで学ぶことができます。
ハンズオンも多く、より高度な施策についての質疑応答も可能です。

Audience Studio

受講推奨TD歴 3-6ヶ月

Treasure CDPのWebコンソール上でデータの抽出、セグメントの作成、外部サービスへの連携、さらには機械学習までGUI操作のみで実現できるAudience Studioを学ぶセッション。

WorkFlow・CustomScripts概論

受講推奨TD歴  0-2ヶ月

Treasure Data CDP上で各処理を実行・管理するのに重要となるTreasure Workflow、
そのWorkflow上で自身のPythonスクリプトを実行できる機能であるCustom Scriptについて概念部分を学ぶセッション。
エンジニア初心者の方・実装までは対応しない方向けのハンズオンも用意し、ご自身のスキルに合わせてTreasure WorkflowとCustom Script最低限の知識を身につけることができます。

Workflow演習

受講推奨TD歴 1-3ヶ月

Treasure Workflowの具体的なハンズオン形式の演習、さらには実践的なTipsまで習得できます。
実際の実装を担当するエンジニア向け講義となります。

Custom Script演習

受講推奨TD歴 3-6ヶ月

Custom Scriptのユースケースから実践的な演習、機械学習の実装まで実際に手を動かしながら学ぶことができます。
実際の実装を担当するエンジニア向け講義となります。

Administrator

受講推奨TD歴 1-3ヶ月

ユーザ管理・権限管理・データの管理など、Treasure Data CDPを管理者として運用するための知識を学べるセッション。
セキュリティに関わる設定含め、Treasure Data CDPを安全に利用するために必要な一歩踏み込んだ機能の理解が可能です。

ProjectLeader Session

  • 1−2:受講推奨TD歴 0-2ヶ月
     イントロダクション/課題の把握・理解、構想・要求定義
  • 3−4:受講推奨TD歴 2-3ヶ月
     CDP基盤設計パート、基盤実装パート
  • 5-6:受講推奨TD歴 3-4ヶ月
     実行パート(BI/セグメント実装/機械学習)、ケース事例

Treasure Data CDPの導入において必要な目的・戦略の定義から、実装の全体像・設計のイメージ、実装後の施策運用など、プロジェクトを遂行・完遂するためのノウハウが学べるセッション。
これまでに弊社がお手伝いさせて頂いたお客様の事例や、そこから得られたTips、よもやま話など、生の情報を得ることができます。

リーガルコンテンツ

受講推奨TD歴 なし

データのクラウドでの取り扱いにあたり、一般的な保護規則から、セキュリティや個人情報保護などについて理解する、IT分野を専門とするTMI総合法律事務所 大井弁護士によるセッション。
自社・クライアントでのプロジェクト運用において法的な知識を身に付け、データの保安・保守管理の重要性について理解を深めます。
実践編ではデータマッピング、プライバシーポリシーに焦点を当て、自社データの洗い出しを行いリスクヘッジを考える講義となっております。

講師紹介

お問い合わせはこちら

Back to top button