データを基盤にしたパーセプションフロー・モデル構築講座
-基礎・導入編-

株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役
音部 大輔

S-1

“データ・ドリブン IMC時代が到来した今だからこそ構築すべき!”

データを基盤にしたパーセプションフロー・モデル構築講座

-基礎・導入編-

 

有料セッション:税込5万円(2日間)

講演概要

5月22日(火)
カリキュラム 1日目 13:00-16:00(180分)

①マーケティングとブランドの要諦(90分)
②ブランディング活動の設計図(20分)
③パーセプションフロー・モデルの作り方(20分)
④例で解説(翌日セッションへの導入)(30分)
⑤質疑応答(10分)

5月23日(水)
カリキュラム 2日目 13:00-15:00(120分)

①初日の振り返り
②ワークショップ:モデルケースで作ってみよう

講師

株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役 音部 大輔

P&Gジャパン、マーケティング本部に17年間在籍し、ブランドマネジャー、マーケティングディレクターとしてアリエール、ファブリーズ、アテント、パンパースなどのブランドを担当し、市場創造やシェアの回復を実現。のちにUS本社チームでイノベーションの知識開発をマーケティングとして主導。帰国後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂など多様な文化背景、製品分野で、複数ブランド群を成長させるブランドマネジメント、組織構築、人材育成を指揮。博士(経営学 神戸大学)。

実施意図

トレジャーデータ を導入してデータの蓄積、分析、活用を進めたい。皆さま様々な形でトレジャーデータを活用いただいていると思います。
そもそもデータを通して何を実現したいのか、それぞれに目的があると思いますが、結果的にビジネス成長に寄与する、ということは共通項目だと考えます。
データを成長の糧にするためには、目的の設定、実施体制の確立、そしてKPI設計が重要なポイントです。
本セッションでは、データにもとづいたマーケティングをより効率的に進めることを目的に、マーケティング活動の設計図としてパーセプションフロー・モデルの理解を目指します。

すでにデータを蓄積し、活用されている企業様にとっては、さらなる成果実現に向けてヒントとなるでしょう。これから活用されていく企業様にとっては、データを活用することの意義をご理解いただけると思います。

セッション後の意識変化

ワークショップで制作するフロー

開催概要

日時

2018年5月22日(火曜)13:00~16:00 (180分)
2018年5月23日(水曜)13:00~15:00 (120分)

会場

東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ5F ホールA
会場アクセス

虎ノ門駅徒歩5分
神谷町駅徒歩6分
霞が関駅徒歩8分
内幸町駅徒歩8分

定員

30名

受講料

5万円(税込)※2日間

続きを読む
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

Close