EVENT INFORMATION

持続的に成果を出すマーケターになるためのヒント【12月22日開催】

2022年に向けた、全体図の設計とその活用

ホーム » 持続的に成果を出すマーケターになるためのヒント【12月22日開催】

※本セミナーは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

こちらからオンデマンドでご覧いただけます。

開催概要

本セミナーでは、2021年のマーケティングにおける変化を振り返りながら、2022年に向けたマーケティング活動全体を設計するためのヒントをお伝えします

12月1日に、『The Art of Marketing マーケティングの技法』(宣伝会議)が刊行されました。書籍では、マーケティング活動の全体設計図である「パーセプションフロー・モデル」の考え方から、使い方、つくり方、検証の仕方に至るまで、詳細にわたって解説しています。

この刊行を記念して、著者である音部大輔氏をお招きし、マーケティング活動の「全体最適」を実現するために欠かせないマインドと手法について、生配信でうかがいます。

セミナーにお申し込みいただいた方の中から抽選で100名様に、書籍をプレゼントいたします。

こんな方におすすめ!

  • マーケティング活動全体を俯瞰し、的確な判断へとつなげたい
  • 複雑化する環境下で、チーム全体で現状認識や将来像を共有したい
  • パーセプションフロー・モデルとその考え方について知りたい

プログラム

2021年の変化を振り返る

    • Cookieレス・CRM回帰
    • デジタル化で複雑になる顧客接点
    • BtoBでも増える顧客接点と複雑化するマーケティング
    • 大企業のD2Cビジネス参入

マーケティング活動の「全体最適」を実現するためには

    • マーケティング活動の全体設計図のつくり方
    • パーセプションフロー・モデルが、なぜ全体設計に有効なのか
    • 顧客データ活用における視点

2022年のマーケティングを活動を進化させるためのヒント

セミナー概要

日時 2021年12月22日(水) 13:00-14:00
Googleカレンダーに追加
実施方法 オンラインセミナーでの開催です。
詳しくは参加お申込みを頂いたのち、メールにてご案内します。
参加費用 無料
対象 マーケティング、IT部門、デジタル推進部門、経営企画部門に携わる方
主催 トレジャーデータ株式会社
ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

スピーカー

  • 音部大輔
    音部 大輔 (おとべ だいすけ) 

    株式会社クー・マーケティング・カンパニー / 代表取締役

    17年間の日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などで、マーケティング組織強化やビジネスの回復・伸長を、マーケティング担当副社長やCMOとして主導。2018年より独立し、現職。消費財や化粧品をはじめ、輸送機器、家電、放送局、電力、D2C、飲料、医薬品、IP、BtoBなど、国内外の多様なクライアントのマーケティング組織強化やブランド戦略を支援。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)がある。

  • 堀内健后
    堀内 健后(ほりうち けんご)

    トレジャーデータ 株式会社 / 取締役

    トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。

セミナー一覧へ>

Back to top button