すべての記事

商業施設で活躍する混雑可視化ソリューション

ホーム » 商業施設で活躍する混雑可視化ソリューション

株式会社バカンは「いま空いているか、1秒でわかる優しい世界をつくる」ことをミッションとして、リアルタイム空席情報配信サービス『VACAN(バカン)』を提供してます。

商業施設において、レストラン・カフェやトイレ等の空席・混雑状況を、AI/IoT等を使って検知し、その情報をスマホやデジタルサイネージに配信する事で、施設全体の「顧客体験の向上」にどう寄与しているのか、同社の中島 純 氏が紹介しました。

 

中島 純

中島 純 氏

株式会社バカン

フィールドセールスチーム マネージャー

神奈川県横浜市出身。新卒にて大手物流企業に入社し、営業企画・海外営業を経験。その後、大手IT企業のプラットフォーム事業にて営業系職種、オフィス向け通販企業の代理店営業を経て、モバイルゲーム系スタートアップにジョインし、執行役員として国内事業の推進に務める。2019年6月より株式会社バカンに参画。

※トレジャーデータ株式会社が主催した「PLAZMA 小売&アパレル」(2021年7月開催)での講演のアーカイブ動画です。

(時間:37分11秒)

 

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。組織内に散在しているあらゆるデータを収集・統合・分析できるデータ基盤「Treasure Data CDP」を提供しています。デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメション)の根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングカンパニーに導入いただいています。
Back to top button