おすすめの動画すべての記事

𠮷野家/伊東常務と語る、データマーケティングと店舗DX

ホーム » 𠮷野家/伊東常務と語る、データマーケティングと店舗DX

外食・小売店舗のデジタル化が加速しデータ活用が当たり前になった今、人が担うべき仕事、テクノロジーに任せるべき仕事とは? AI搭載カメラ「ミルシル」を提供するIdein中村社長が、𠮷野家の伊東常務をゲストに迎え

  1. 国内外食/小売のデータマーケティングにおける課題感および𠮷野家社で行ったマーケティング施策
  2. 今後の店舗DXにおけるAI活用への期待/アイデア
  3. データマーケティングの今後

の3つのトピックについて、過去の経験や実例に触れながら「データマーケティングと店舗DX」を語りました。

トレジャーデータ株式会社が主催した「PLAZMA 小売&アパレル」(2021年7月開催)での講演のアーカイブ動画です。

伊東 正明

伊東 正明 氏

株式会社𠮷野家

常務取締役

1996年P&G入社。ブランドマネージャーとしてジョイ・アリエールのブランドを再建。ファブリーズグローバルチームのマーケティング責任者として米国本社・ヨーロッパ本社にてブランドのグローバルオペレーションへの移行、世界新製品、新規市場開拓戦略をリード。その後シンガポールにてペットケア事業責任者、アジアパシフィック・Eビジネス事業責任者、ホームケア・オーラルケアヴァイスプレジデントを歴任。2017年11月退職・独立。現在株式会社𠮷野家常務取締役および複数社の顧問兼務

中村 晃一

中村 晃一 氏

Idein株式会社

代表取締役・CEO

岩手県出身。2015年に東京大学大学院情報理工学系研究科を中退し、Ideinを創業大学時代はスーパーコンピュータの為のソフトウェアの高速化技術(最適化コンパイラ)が専門2018年、日本人初のARM Innovatorに認定

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。組織内に散在しているあらゆるデータを収集・統合・分析できるデータ基盤「Treasure Data CDP」を提供しています。デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメション)の根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングカンパニーに導入いただいています。
https://www.treasuredata.co.jp/
Back to top button

PLAZMA 21-カスタマーサクセス-

顧客体験価値を最大化する
データの使い方

2021.12.8(水)-9(木)オンライン開催

詳しくはこちら