すべての記事

OMOにおけるデータ活用で見えた「顧客のほんとうの姿」| PLAZMA OMO イベントレポート

ホーム » OMOにおけるデータ活用で見えた「顧客のほんとうの姿」| PLAZMA OMO イベントレポート

加速するデジタル化により顧客の購買活動が多様化し、企業は顧客に対して最適なタイミングで最適なコミュニケーションが求められる中、先進的な企業はオンラインとオフラインを融合したデータ活用を進め「顧客体験向上」に取り組んでいます。

オンラインとオフラインの融合は、「OMO」(Online Merges with Offline)とも呼ばれ、企業によってそのアプローチは様々です。2021年4月にトレジャーデータとUNCOVER TRUTHが共同開催したイベント「PLAZMA OMO」では、株式会社パルコの林氏、株式会社サンリオの田口氏をお迎えし、両社のOMOへの取り組みから初めてみえてきた「顧客の本当の姿」について伺いました。

PLAZMAに会員登録をしていただくと、当日配信した動画を最後までご視聴いただけます。

各セッションの記事も、併せてご覧ください。

パルコの顧客起点マーケティングに見る、ワクワクする買い物体験のつくり方

日本全国でショッピングセンターを運営する株式会社パルコ。ファッションやアートを軸に、顧客をワクワクさせる売り場づくりが強みだ。複数のテナントによるショッピングセンター業態では、顧客との接点不足が課題になる。この課題に対し、パルコは買い物体験にアプリを組み込むことで解決を図った。
アプリによるカスタマージャーニーに沿った接点づくりと、データに基づく顧客コミュニケーション改善サイクルについて、同社執行役員の林直孝氏が語った。

多様なファンと常につながるブランドへ ― サンリオの顧客起点マーケティング

株式会社サンリオの顧客であるファンは、年齢も属性も非常に幅広く、また長期にわたってブランドを支持してくれている。一方で、同社は熱心なファン以外のライトなファン層との接点を持てず、顧客理解に苦慮していた。この課題を、CDPを核にしたマーケティング基盤と全社共通ポイントサービスで解決する過程を、同社CDOの田口歩氏が語った。

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。組織内に散在しているあらゆるデータを収集・統合・分析できるデータ基盤「Treasure Data CDP」を提供しています。デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメション)の根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングカンパニーに導入いただいています。
https://www.treasuredata.co.jp/
Back to top button