記事

PLAZMA12 Day1 Keynote配信「データと社会の本来あるべき関係性」(日本語)

台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン 氏×一般社団法人コード・フォー・ジャパン 関 治之氏×トレジャーデータ若原による鼎談

KEYNOTE|

台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン 氏
一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事 関 治之 氏
トレジャーデータ株式会社 エバンジェリスト 若原 強

コロナ禍によって様々なことがらを「問い直す」機会がもたらされています。データ活用に関してもまた然りです。「データは本来誰が持つべきか」「データ提供と活用のギブ&テイクはどう成り立つべきか」「データはもっと謙虚であるべきではないのか」等々、データは社会にとってどんな存在であるべきかという本質を、台湾のデジタル担当大臣オードリー氏、Code for Japan代表理事の関氏と共に深掘りします。データに関わる全ての方が再認識すべき、原点を振り返るセッションです

動画は、PLAZMA会員のみ、ご覧いただけます。

今すぐ会員登録(無料)・ログイン

Tags
続きを読む

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。クラウド型データマネジメントソリューションを提供しています。日本では2013年から本格的に事業を展開し、デジタルマーケティングやデジタルトランスフォーメションの根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングに導入いただいています。
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

Close