fbpx

[PLAZMA SUBAROAD SESSIONS] どんな課題も解決する「地図」の可能性

ホーム » [PLAZMA SUBAROAD SESSIONS] どんな課題も解決する「地図」の可能性

PLAZMASUBAROAD SESSIONS

どんな課題も解決する「地図」の可能性

マップボックス・ジャパンについて

建物や道のある場所を示すことだけが「地図」の役割ではない。私たちが小さな頃から触れ、馴染みのある「地図」。誰しもが、記憶のなかに残る「地図」を持っているのではないだろうか?しかし今、私たちの掌に乗るデバイスで表示する地図は、どこか不自由だ。

地図プラットフォームを提供するマップボックス・ジャパンのCEO高田 徹氏は、「実に地図は、なんでもできてしまう」と話す。SUBARUのドライブアプリ「SUBAROAD」のようなサービスはもちろん、農場管理、ゲーム開発、選挙速報などさまざまなユースケースがあるという。

「PLAZMA SUBAROAD SESSIONS」第3回は、SUBAROADの技術的基盤となった地図プラットフォーム「Mapbox」について話を聞こう。ゼロから地図をデザインするMapbox。「地図」と「技術」の掛け算から生まれる化学反応について、マップボックス高田氏と、トレジャーデータの堀内健后が語り合う。

Speakers

高田 徹 氏

高田 徹 氏

マップボックス・ジャパン合同会社

CEO

2007年4月、ヤフー株式会社に入社 。2013年より広告事業の製品開発、事業開発の責任者として従事する。2019年、Zコーポレーション株式会社の代表取締役社長に就任。2020年5月、マップボックス・ジャパン合同会社CSO、同11月より最高経営責任者CEOに就任。2020年4月からはソフトバンク株式会社の技術投資戦略本部 本部長も務める。 

堀内健后

堀内 健后

トレジャーデータ株式会社

取締役

トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。

Contents

トレジャーデータ 堀内 x SUBARU 小川氏

SUBARU流データ活用、DXの現在地

SUBARU 小川氏 x Mapbox 高田氏 x トレジャーデータ 堀内

「信頼」から生まれるイノベーション

トレジャーデータ 堀内 x Mapbox 高田氏

どんな課題も解決する「地図」の可能性

Mapbox 山家氏

マップボックス・ジャパンについて

SUBARU 小川氏 x Mapbox 高田氏 x 西村氏

「SUBARUらしさ」を体現するユーザー体験

西村氏 x Mapbox 高田氏 x SUBARU 小川氏

Coming Soon

mapbox ロゴ treasure data ロゴ

Back to top button