fbpx
Uncategorized視聴ページ

[PLAZMA After 3rd Party Cookie vol.2]CDPを軸にしたオムニチャネル施策の自動化と包括的な同意管理

ホーム » [PLAZMA After 3rd Party Cookie vol.2]CDPを軸にしたオムニチャネル施策の自動化と包括的な同意管理

PLAZMAAfter 3rd Party Cookie vol.2

Cookie規制後のデータ活用とマーケティング

CDPを軸にしたオムニチャネル施策の自動化と包括的な同意管理

ご視聴後、ぜひアンケートにご協力ください。回答後、本セッションの資料をダウンロードいただけます。

アンケートに回答する

(30分38秒)企業のCX/マーケティング担当者は、ジャーニー全体で継続的にパーソナライズされた体験を設計する必要があります。本セッションでは、組織間の連携を強め、オムニチャネルで顧客一人ひとりに最適なコミュニケーションの計画と実行を簡易化・自動化し、包括的な同意管理を実現するTreasure Data CDPの新機能となるカスタマージャーニーオーケストレーションを支援する機能と同意管理プラットフォームを紹介いたします。

佐藤 純平

トレジャーデータ株式会社

エバンジェリスト

2001年、大手SIerに入社。IT基盤からミドルウェアの領域で営業担当、営業マネージャーとして数多くの大規模システムの導入を主導した後、役割を商品開発に移し海外のスタートアップのソリューション発掘と国内展開に向けてのスキームづくりに注力。その後、国内通信事業者のグループ会社に移り、新規事業の企画を担当。国内市場におけるビッグデータ活用の将来性を強く実感し、21年11月より現職に就く。

榎本 康孝

トレジャーデータ株式会社

シニアソリューションエンジニア

外資系ベンダーにてデータベース製品のテクニカルセールス職につき、様々な顧客の基幹系データベース基盤の提案、構築案件を経験。その後、DWHアプライアンス、クラウドデータサービスのテクニカルセールスとして、主に金融、小売流通顧客向け情報系分析プラットフォームの提案・導入テクニカルリードを担当。その後顧客データプラットフォーム(CDP)に関心を持ち、2021年4月より、トレジャーデータに参画。

Other Sessions

Post Cookie

配信中

ファーストパーティデータを最大有効活用したマーケティング戦略

(15分12秒)この数年間、広告主、パブリッシャーが取り組んでいる「サードパーティCookieやモバイル広告ID終焉後」のビジネスの維持と拡大に対して、ユーザーとの関係、プライバシーガイドラインを重要視した、「ファーストパーティデータの最大有効活用したマーケティング戦略」についてお話しさせていただきます。

今井 則幸 氏

LiveRamp Japan株式会社

Head of Partnerships

2010年に米Yahoo!社が提供していたRight Mediaに入社し、日本市場でのAd Exchangeビジネスの定着と拡大に尽力。その後MediaMath社をはじめグローバルの広告プラットフォームで日本市場のビジネス展開、デジタル戦略とソリューションの専門知識を培ってきました。2019年3月に現在のデータを安全かつ効果的に活用するためのデータ接続プラットフォームのLiveRamp JapanにHead of Partnershipとして入社。IDソリューションをパブリッシャー、テクノロジープラットフォームといったパートナーへの提供を担当。

Post Cookie

配信中

変化をし続ける3rd Party Cookie無き世界への対応

Chromeの3rd Party Cookieの規制まで約1年となり、3rd Party Cookieに依存しないマーケティング方法やメディアの収益化の手法(ポストCookie対応)を模索する企業も増えてきています。本セミナーではこの1年でのポストCookie対応の変化についてご紹介させていただき、今後のトレンドについてお話します。

簗島 亮次 氏

株式会社インティメート・マージャー

代表取締役社長

株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長。慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019年10月東証マザーズへ上場。2020年にはデータ活用領域のさらなる拡大を目指し、Fin Tech事業会社クレジットスコア株式会社や、Privacy Tech事業会社Priv Tech株式会社を設立。データサイエンティストというアカデミックな視点と経営者としてのビジネスの視点から、日本最大級を誇る約4.7億のオーディエンスデータを用いてさまざまな業界の課題解決を支援している。

Data Clean Room

配信中

ポストCookie時代におけるAmazonのデータクリーンルームソリューションの活用

Amazonの広告ソリューションの中で、Amazon DSPの今後のプロダクト方針と、データクリーンルームソリューションであるAmazon Marketing Cloud(AMC)をご紹介し、ポストCookie時代におけるAmazon のアドテックプロダクトのご活用方法についてご紹介いたします。

中村 卓弘 氏

Amazon Ads Japan(アマゾンアドジャパン)

アドテックセールス事業本部 本部長

三井物産にてITビジネス、インフラ事業投資を経験後、国内アドテックベンチャーの経営企画部長、海外事業担当役員を経て、2019年にAmazon Ads Japanに入社。以来、Amazon Ads JPにおいて、Amazon DSP事業のパートナーシップ拡大、アドテックセールス事業(Amazon DSP、Sizmek、Amazon Marketing Cloud)を立ち上げに取り組み、現在主管。

すべてのセッションを見る

Back to top button