fbpx
Uncategorized視聴ページ

[PLAZMA After 3rd Party Cookie vol.2]ファーストパーティデータを最大有効活用したマーケティング戦略

ホーム » [PLAZMA After 3rd Party Cookie vol.2]ファーストパーティデータを最大有効活用したマーケティング戦略

PLAZMAAfter 3rd Party Cookie vol.2

Cookie規制後のデータ活用とマーケティング

ファーストパーティデータを最大有効活用したマーケティング戦略

ご視聴後、ぜひアンケートにご協力ください。回答後、本セッションの資料をダウンロードいただけます。

アンケートに回答する

(15分12秒)この数年間、広告主、パブリッシャーが取り組んでいる「サードパーティCookieやモバイル広告ID終焉後」のビジネスの維持と拡大に対して、ユーザーとの関係、プライバシーガイドラインを重要視した、「ファーストパーティデータの最大有効活用したマーケティング戦略」についてお話しさせていただきます。

今井 則幸 氏

LiveRamp Japan株式会社

Head of Partnerships

2010年に米Yahoo!社が提供していたRight Mediaに入社し、日本市場でのAd Exchangeビジネスの定着と拡大に尽力。その後MediaMath社をはじめグローバルの広告プラットフォームで日本市場のビジネス展開、デジタル戦略とソリューションの専門知識を培ってきました。2019年3月に現在のデータを安全かつ効果的に活用するためのデータ接続プラットフォームのLiveRamp JapanにHead of Partnershipとして入社。IDソリューションをパブリッシャー、テクノロジープラットフォームといったパートナーへの提供を担当。

Other Sessions

Post Cookie

配信中

本当のCookie規制がやってくる

(27分10秒)今年の通常国会では「改正電気通信事業法」が成立しました。改正法では「情報送信通信指令」に対して規制の網がかかります。このセッションでは、マーケターにとって馴染みのない法律用語を図表を使って読み解きます。そして当規制に対して打つべき手と、法案成立に先行し、既に対策を講じている企業の例を紹介します

宮崎 洋史 氏

株式会社DataSign

ビジネスディベロップメント担当

ソニー、ネット報道局、人材会社、自営業、Webコンサルファームを経て現職。マーケ、営業、事業開発畑を歩んできました。ソニーでは、お笑い芸人を起用して、電気屋さん向けの商品導入番組を制作。自営業時代は、グーグルでネット広告代理店向けトレーナーを担当。プレゼンで重視するのは「どう伝えるか」。MBTI指標は「ENFP」です。

Post Cookie

配信中

Unified ID 2.0が実現するアイデンティティの未来

Googleが3rd Party Cookieサポート終了を発表して以来、デジタル広告業界では様々なCookieレスのソリューションの発表が続いています。当社がイニシアイティブをとっている「Unified ID 2.0」もCookieレス時代を支えるソリューションの一つで、媒体社、広告主、テクノロジープロバイダーなどの業界のリーダーたちと協力し、より透明性の高いオープンインターネットのアイデンティティー基盤を構築するために開発が行われました。 本セッションではUnified ID2.0がなぜ透明性が高く、広告主やユーザーにとってもメリットをもたらすアイデンティティソリューションなのか、深掘りしわかりやすく解説します。

城間 恒斗 氏

The Trade Desk Japan株式会社

Data Partnerships ・Data Partnerships Director

大学卒業後、大手レコード会社のメディアプロモーションに携わり、エンターテインメントビジネスを本格的に学ぶため米国ロサンゼルスへ留学。帰国後はIT業界各社での経験を重ね、2015年よりTeads Japan株式会社の事業立ち上げに参画。パブリッシャーディビジョンを統括し、アウトストリーム広告のコンサルをはじめ純広告商品の開発やPMPのアライアンスに従事。 2021年1月にThe Trade Desk Japan株式会社にData Partnerships Directorとして入社。データ事業統括責任者として事業社とのデータパートナー戦略の立案・実行、及びUnified ID2.0の導入をリードする。 沖縄県出身。

山森 康平

トレジャーデータ株式会社

事業開発・パートナーシップ担当執行役員

ドリームインキュベータにて主にエンターテイメント業界及びPEファンド向けのコンサルティング業務と自社の投資先向けのハンズオン支援に従事。2013年より投資先のアイペット損保へ出向、後に転籍をして社長室長に。2018年にマザーズ上場。アイペットではデジタルマーケティングを活用した販売チャネルシフト、RPA導入プロジェクト、代理店向け業務システム開発、金融庁との折衝窓口、投資業務等を担当した。2019年にトレジャーデータへ参画。

Data Clean Room

配信中

ポストCookie時代におけるAmazonのデータクリーンルームソリューションの活用

Amazonの広告ソリューションの中で、Amazon DSPの今後のプロダクト方針と、データクリーンルームソリューションであるAmazon Marketing Cloud(AMC)をご紹介し、ポストCookie時代におけるAmazon のアドテックプロダクトのご活用方法についてご紹介いたします。

中村 卓弘 氏

Amazon Ads Japan(アマゾンアドジャパン)

アドテックセールス事業本部 本部長

三井物産にてITビジネス、インフラ事業投資を経験後、国内アドテックベンチャーの経営企画部長、海外事業担当役員を経て、2019年にAmazon Ads Japanに入社。以来、Amazon Ads JPにおいて、Amazon DSP事業のパートナーシップ拡大、アドテックセールス事業(Amazon DSP、Sizmek、Amazon Marketing Cloud)を立ち上げに取り組み、現在主管。

すべてのセッションを見る

Back to top button