ARTICLEFEATURE

「テクノロジーに基づく未来は予測できる」情報銀行、独自分散台帳技術、Scalar DLT

Feature

「情報銀行」の社会実装がいよいよ始まろうとしています。総務省及び経済産業省による合同での検討会を経て取りまとめられた「情報信託機能の認定に係る指針ver1.0」が公表され、情報銀行認定に関わる環境が急ピッチで整えられています。

そのような状況で、「Next Generation Database for xTech Infrastructure」を掲げる株式会社Scalar(以下「Scalar」)は、「分散台帳ソフトウェアを活用した情報銀行及びデータ活用事業者向けにソリューション開発に着手した」と発表しました。PLAZMAでは、20年に及ぶ先端テクノロジー領域とビジネスの越境から幅広い知見を有するScalar代表取締役CEO兼COO 深津 航氏に、情報銀行の社会実装により起こる変化と、それを支える技術的背景、また同社の提供するScalar DLTについて、インタビューを行いました。今回はその内容を構成してお送りします。

Case Study

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録はこちら登録済みの方はこちら

Show More
Close