MARUNOUCHI SESSION

10:45-11:15
TREASURE CDPを活用した新規事業開発事例~競争力のあるマーケティングオートメーションツール『SATORI』の開発ストーリ~ (SATORI)

SATORI株式会社 代表取締役 社長
植山 浩介 氏

講演概要

SATORI株式会社は「あなたのマーケティング活動を一歩先へ」をスローガンに “TREASURE DATA PLAZMA 2018 in Digtal Belt″に参加、デジタルマーケティング業界の発展と革新を目指して、新たな一歩を踏み出します。本セッションではDMP内蔵型次世代MAツールとして誕生した「SATORI」の開発秘話や、トレジャーデータとの連携によってより高度な分析が可能になった経緯など、 両社の強みを掛け合わせることでツールの進化が加速した開発事例を代表の植山がご紹介します。

プロフィール

植山 浩介 氏
SATORI株式会社
代表取締役 社長

東京大学情報理工学系研究科修士課程終了後、トライアックス株式会社を設立。ウェブシステム構築事業を開始し、様々な顧客のウェブ支援、大学・研究機関や先端ベンチャー企業が求めるシステムの開発支援事業に従事。そのノウハウを基盤とし、「ワンストップで顧客とコミュニケーションが取れるプラットフォームを提供したい」との想いから、2015年にSATORIをスタート。国産MAツール「SATORI」の経営、マーケティング活動を行う。

Tags
Show More

Related Articles

Close