ARTICLELIGHTNING TALK

匿名ユーザーのままでもナーチャリングを可能にするMA。その活用ポイントとは?

LIGHTNING TALK|SATORI株式会社 マーケティング営業部 マーケティンググループ グループ長 相原 美智子氏

Webサイトを訪問するユーザーの大半は匿名ユーザーです。そうした中では「匿名ナーチャリング」の重要度はますます高まっています。SATORI株式会社(以下、SATORI)では、ユーザーが匿名のままでもWebでの行動をトラッキングし、ナーチャリングすることを得意としたマーケティングオートメーションツール「SATORI」を提供しています。「PLAZMA 2019 JAPAN IT Week 春」に登壇した同社のマーケティング営業部 マーケティンググループ グループ長の相原美智子氏が、匿名ナーチャリングの重要性とその方法を解説しています。

なぜ匿名ナーチャリングが重要であるのか

2015年に創業したSATORIは、自社開発のマーケティングオートメーション(MA)ツール「SATORI」を駆使し、企業のマーケティングを支援している。従業員数は50人弱(2019年5月現在)という比較的小規模な企業だが、「SATORI」の導入実績はすでに450社にのぼる。

Lightning Talk

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close