ARTICLELIGHTNING TALK

セグメントづくりからアクションまで可能。CDPの価値をBIツールが最大限に引き出す|Looker Data Sciences Inc.

Lightning Talk|Looker Data Sciences Inc. ソリューションコンサルタント
西見 麻利子氏

データドリブンの経営が求められる中、データ分析を武器に市場をどう席巻するかが問われるようになりました。そうした中、世界1800社超の企業に採用されているのがLooker Data Sciencesが提供するBI&ビッグデータ分析ソフトウェア「Looker」です。Arm Treasure Data eCDPの「Utilization Dashboard」画面でもLookerがサービスに組み込まれています。2019年に開催された「PLAZMA 2019 JAPAN IT Week 春」での同社の講演からLookerが提供する価値やその活用例を見ていきます。

データを生かすも殺すもデータサイエンティストの腕次第

BI&ビッグデータ分析ソフトウェア「Looker」を展開するLooker Data Sciences。2012年に米カリフォルニアで設立されるや年平均70%で成長を続け、現在はグローバルで1800社超の顧客を抱える。日本法人は2018年9月にAPACで最初の拠点として設立され、これまでにメルカリ、リクルートマーケティングパートナーズ、ソニー、Diverseなど、さまざまな業種業態の企業で採用されている。

Lightning Talk

続きを読むには会員の登録が必要です。

登録・ログインはこちら

Show More
Back to top button
Close