Theme

時代はO2OからOMOへ~コンテンツ·ディスプレイ·生活の融合を考えるアイディアソン

QRコード決済、俳優のアバター化など中国ではオンラインとオフラインの融合が当たり前の時代を称して「Online Merges Offline(OMO)」と定義しています。日本でも消費税増加に伴いキャッシュレス化の流れが始まりデジタルトランスフォーメーションが企業、生活者の中で当たり前になる時代OMOを前提にビジネスを考えていく必要があります。
当アイディアソンでは来るべきOMO時代に、コンテンツホルダー、ディスプレイメーカー、などはどのようなサービスや商品を生み出していくべきか?を考えていきます。
参考プロダクトとしてJDI(ジャパンディスプレイ)の基礎技術を素材として提供すると共に、海外OMO事例を紹介後に60分間でアイディアを生み出していきます。面白い!と思うアイディアには最大10万円の賞金が出ます。
JDIは今までに培った技術力をもって、価値あるサービスやソリューションを提供しモノづくりだけではないコトづくりを推進するプロジェクト「JDI Future Trip」を推進しています。アイディア次第でJDIとのビジネスコラボレーションの可能性もあります!また、アイディアソンに参加せずともギャラリーとして応援する方も楽しんでいただける企画も準備しております。OMO時代を考える良いきっかけになりますし、InterBeeの初日懇親会としても楽しんでいただけますのでぜひ皆様積極的に参加くださいませ!

Detail

アイディアのベースとなるテクノロジーやソリューション

  • 反射型
    ディスプレイ

    反射型液晶技術により低消費かつ高画質で、外光下での視認性に優れています。

  • 狭額縁
    ディスプレイ

    高密度な配線レイアウト・加工・実装の技術を追求し、4辺狭額縁を実現しています。

  • 高精細
    ディスプレイ

    低温ポリシリコン技術による8K画素で500ppi超の高精細画質を実現しています。

  • ライトフィールド
    ディスプレイ

    見ている物の表面で反射する様々な方向に向かう光を疑似的に再現することで立体視を可能にしています。

Presentation

アイディアのプレゼンテーションテンプレート

  • Product / Service

    どのような製品サービスを考えたか?その名前は?

  • Innovation

    ユニークポイントはどこか?

  • User Benefit

    ターゲットユーザーは誰か?どのようにハッピーになるのか?

  • $$$

    どのようなビジネスが想定できるか?

Award

受賞数に上限なし

  •  

    10万円

  •  

    5万円

  •  

    3万円

  • 受付・軽食&ドリンク提供

  • アイデアソン概要説明・技術説明

  • アイデアソン

  • プレゼンテーション

  • 審査・結果発表・ネットワーキング

OVERVIEW

  • 名称

    TREASURE DATA, HEART CATCH and Majors
    Open Innovation Ideathon powered by Japan Display

  • 開催日時

    2018年11月14日(水)

  • 会場

    InterBee 2018 IGNITION @幕張メッセ

  • 主催

    トレジャーデータ株式会社・株式会社 HEART CATCH

  • 参加費

    無料※事前登録制

  • 参加対象

    デザイナー、アーティスト、デジタルマーケター、マーケター、新規ビジネス担当、事業開発担当

  • 持ち物

    名刺2枚※受付時にお渡し下さい
    プレゼンテーション用PC

  • 注意事項

    ※チームでお申込ください
    ※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
    ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
    ※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
    ※イベントは完全招待制となります。事前連絡がない方の場合は、入り口でお断りさせていただくことがあります。

審査員/進行

審査員
株式会社ジャパンディスプレイ マーケティング&イノベーション戦略統括部 統括部長
下垣内 康

早稲田大学理工学研究科卒。ソニー株式会社に入社し、液晶ディスプレイの開発、設計、商品化を担当。1998年にはスタンフォード大学にてレーザー結晶化の研究を行う。2012年からジャパンディスプレイにて中国モバイル顧客向けのビジネスを担当し、2018年より新設されたマーケティング&イノベーション戦略統括部を率いている。

審査員/進行
株式会社 HEART CATCH 代表取締役
西村 真里子

国際基督教大学(ICU)卒。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後外資系企業のフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社のプロデューサーを経て2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×クリエイティブ×ビジネスをつなげるプロジェクトをスタートアップ、大企業、行政の垣根を超えてゼロイチで作り上げるプロデューサー。J-Startupサポート企業。アート思考ワークショップ・プロデューサー。

審査員/進行
株式会社メジャース 取締役
難波 弘匡

2010年にメジャースに入社後、グーグル社、マルケト社などの外資系IT企業のマーケティングを支援。成果主義のBtoBマーケティングプロデュースを軸に、リアルマーケティングの総合プロデュース、マーケティング戦略設計、リードジェネレーションのプロセス構築、 インサイドセールスの組織構築など、多岐にわたり企業のマーケティングに携わる。現在は、マーケティング×リアル×テクノロジーを使ってリアルマーケティングにも新しい潮流を起こすことを目指している。

審査員/進行
トレジャーデータ株式会社 マーケティング担当ディレクター
堀内 健后

トレジャーデータの日本法人設立当初の2013年2月より日本の事業展開に従事しており、PRからマーケティング、事業開発まで担当している。トレジャーデータ以前は、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社(現 日本アイ・ビー・エム株式会社)にて、業務改革、システム改革のプロジェクトに参画。その後、マネックスグループにて、顧客向けWebサービスの企画・開発のプロジェクトマネージャーを担当していた。外資企業から日本企業、大企業からスタートアップ、など幅広い環境で幅広くキャリアを経験している。

ジャパンディスプレイ(JDI)とは

ジャパンディスプレイ(JDI)は、ディスプレイ分野における最先端技術製品を提供するグローバルリーディングカンパニーです。スマートフォンをはじめ車載用、医療用、VR / AR用における中小型ディスプレイ分野に注力し、強みである低温ポリシリコン(LTPS)技術による、高精細、低消費電力、狭額縁などお客様の製品をより魅力的にするディスプレイを提供いたします。
JDIは、高度な技術力、コスト競争力、製造力、高品質な製品により、世界の人々に、最先端技術を通して感動を届け、豊かな社会の実現に貢献します。

https://www.j-display.com/

JDIでは第二の創業と題した構造改革にあたり、2017年10月に常務執行役員 チーフ・マーケティングオフィサー(CMO)として伊藤嘉明が就任。事業成長に向けて、3つのマーケティング基本戦略として「第二の創業を担うスピード改革」、「顔の見える企業コミュニケーション」、「ものづくりだけではないコトづくり」を掲げています。
そしてJDI発足以来初の社内公募を行い、マーケティング・イノベーションを推進する組織体を2018年4月に発足。世界シェアNo.1の技術力を駆使した新たなコトづくりを進めており、8月1日に戦略発表会「JDI Future Trip」でコトづくりにおけるイノベーションの戦略について発表しました。
http://jditrip.net/

トレジャーデータとは

2011年12月、米国シリコンバレーで設立されたトレジャーデータは、設立以来企業が扱う大量のデータを、リアルタイムで収集、統合するための仕組みであるエンタープライズ・カスタマーデータプラットフォーム”Arm Treasure Data eCDP”を提供しています。これにより、オンライン広告配信やマーケティング、CRM(顧客管理システム)などの領域において、顧客一人ひとりのデジタル上の行動ログデータや属性データなどのカスタマーデータを統合することで、パーソナライズを軸とした顧客ロイヤリティの向上やデジタルによるビジネス変革を可能とします。さらに、センサーデータやマシンデータなど、IoT分野におけるビッグデータへの対応も強化しています。2018年8月にArmの傘下に入り、現在ではArmのIoTサービスグループの一員として本格的にIoTソリューションの提供を開始しています。

「企業がイノベーションに挑戦するために必要なものを提供する」ことをテーマとして本年2月を皮切りにスタートしたトレジャーデータのプライベートイベント「TREASURE DATA “PLAZMA”」。次回11/30に第4弾に秋葉原で開催します。DXの事例満載でお送りします!
https://plazma.red/akihabara/

お申し込み

Back to top button
Close