個人情報保護方針とアイデアソン利用規約

トレジャーデータ株式会社、株式会社HEART CATCH(以下、「主催者」といいます)および株式会社ジャパンディスプレイ(以下「協賛者」といい、「主催者」および「協賛者」を「主催者等」といいます)が開催する「Open Innovation Ideathon powered by Japan Display」(以下「本イベント」といいます) には、以下の参加規約(以下「本規約」といいます)に承諾の上、参加申し込みをお願いします。

「Open Innovation Ideathon powered by Japan Display」参加規約

  1. 本イベントの参加について
    1. (1)本イベントには個人、グループを問わず、本規約に同意の上、所定のエントリーフォームに必要事項を入力し、事前に参加応募していただく必要があります。虚偽の申告は無効となります。なお、本イベントの参加を申し込んだときは、本規約に同意したものとみなします。
    2. (2)未成年の方は、親権者の同意を得た上で応募して下さい。
    3. (3)グループで応募する場合は、エントリーフォームにチーム・メンバーの氏名を記載して下さい。メンバーはそれぞれエントリーフォームより参加応募して頂く必要があります。
    4. (4)応募者多数の場合は、抽選により、参加者を決定します。なお、抽選結果に関する個別のお問い合わせにはお答えできません。
    5. (5)前項に基づく参加者決定の後でも、虚偽の申告が判明するなど、本イベントへの参加が適当でないと主催者が判断した場合、当該参加者の本イベントへの参加資格を取り消します。
    6. (6)本イベントへの参加は参加者自身の責任で行ってください。参加者は自己の責任において体調管理等を行い、本イベント中でも体調不良等を感じた場合、直ちに参加を中止してください。
    7. (7)参加者は、本イベントのスタッフの注意等に従うものとし、円滑な運営に協力するものとします。また、参加者が本イベントへの参加を継続するのが困難と主催者から判断された場合、当該参加者は本イベント中であっても参加を取りやめていただきます。
    8. (8)開催会場までの交通費、宿泊費等は参加者の負担となります。
    9. (9)本イベント参加にかかる権利の譲渡、名義変更は出来ません。
    10. (10)参加者は、自己の責任で貴重品を含む所持品を保管するものとします。
  2. 参加者が持ち込む素材等について
    1. 参加者は、主催者等が用意する以外のデータ、ソフトウェアおよびコンテンツ等(以下 「参加者の素材」といいます)を本イベントに持ち込み、利用することができます。ただし、参加者の素材の購入費用等は参加者各自が負担するものとします。
    2. 参加者は、参加者の素材を自己の責任において用いるものとします。参加者は第三者の知的財産権を侵害しないよう配慮するものとし、参加者の持ち込んだ素材が第三者の知的財産権を侵害したとして主催者等がクレームを受けた場合、当該素材を持ち込んだ参加者がこれを解決するものとします。
    3. 本イベントで使用するパソコンや周辺機器は、参加者各自が用意するものとします。
  3. 主催者等の素材
    1. 本イベントで主催者等が用意し参加者に提供するデータ、ソフトウェア、およびコンテンツ等(以下「主催者等の素材」といいます)にかかる著作権等の知的財産権その他の権利は主催者等に帰属するものとし、参加者は主催者等の素材に対して一切の権利を主張できません。
    2. また、主催者等は本イベントでのソフトウェアの創作・開発等を目的とした利用に限定して主催者等の素材の利用を参加者に許諾するものであり、本イベント終了後に参加者は主催者等の許可なく素材を利用することはできないものとします。
  4. 公開について
    1. 主催者等は、本イベント当日の会場の模様(撮影された写真、動画、音声等)や本イベントで創作・開発されたソフトウェア等の成果物や発表内容を主催者等の記録用として保存するほか、本イベント又は主催者等の事業に関する情報発信のため、主催者等、主催者等グループ企業、主催者等関連団体およびメディアが発行・運営する各種媒体(インターネットサイト、テレビ、ラジオ、新聞、 雑誌等を含みますがこれらに限定されません。以下、総称して「情報発信者」といいます)において公開することがあります。参加者の氏名や法人名、団体名、顔写真、プロフィールも公開されることがあります。
    2. 参加者は前項の情報発信者による公開に関し、肖像権、氏名表示に関する権利、プライバシー権などの権利を行使しないものとします。
  5. 成果物について
    1. 参加者は成果物(アイディア等、本イベントの中で参加者が作成した文章、スケッチ、図、3Dデータ、CGデータ、写真、音声、動画、ソフトウェア、ハードウェア、著作物、発明、アイディア、ノウハウ、コンセプト等その他一切のものを含みます。以下「成果物」といいます)が本イベント開催期間中に制作されるものであること、参加者自身の制作による完全なオリジナル作品であること、及び第三者の制作による作品等の権利を侵害するものではないことを主催者等に保証するものとします。
    2. 参加者は成果物に第三者が権利を有する映像等の素材を使用する場合、自己の責任において適法に使用し、主催者等その他本イベント関係者に対し、迷惑、損害等を与えないことを保証します。
    3. 参加者は主催者等または主催者等の指定する第三者が本イベントの実施、運営、管理、放送、広報活動または販促活動及び本規約に定める公開を行うにあたり、成果物をこれらの目的の範囲内で自由に利用することを予め承諾するものとし、当該利用に対し、著作者人格権に基づくものを含め、何ら異議申し立てや対価の請求等を行わないものとします。 なお、主催者等および主催者等の指定する第三者による利用には、放送、広報宣伝活動を目的としたスクリーンショット、アニメーション、ビデオの公開などが含まれますが、これらに限定されません。
    4. 参加者が成果物の商品化またはサービス化を希望する場合、参加者は主催者との間で優先的に交渉を行うものとする。交渉については別途協議するものとする。協賛者が成果物の商品化またはサービス化を希望する場合も主催者と交渉を行うものとする。このとき、主催者は協賛者を最も優先的に取り扱うものとします。
  6. 懸賞について
    1. 入賞したチームには、賞金又は賞品を授与します(詳細未定)。 ※賞金の税金については、日本法に従い適切に取り扱います。
  7. 秘密について
    1. 参加者は、本イベントの実施内容や参加によって知り得た主催者等や主催者等が指定する第三者の一切の情報を本イベント終了後も第三者に対し一切開示、漏洩等してはならないものとします。
    2. 参加者は非公開としたい情報、著作物、発明、アイデアアイディア、ノウハウ、コンセプト等を本イベントで利用せず、開示しないものとします。
  8. 本イベントの中断、延期、一部変更、縮小、中止
    1. 主催者は、本イベントの延期、一部変更、縮小、中止を決定する場合があります。
    2. 主催者は、本イベントの延期、一部変更、縮小、中止を決定した際、ご登録いただいた参加者のメールアドレスにその旨を通知します。
    3. 参加者は、本イベント開催中に主催者が本イベント参加続行に支障があると判断した場合、主催者からなされる本イベント参加中断・中止の指示に直ちに従うものとします。
    4. 主催者は、本イベントが延期、一部変更、縮小、中止になったことで参加者自身に不利益、損害等が発生した場合でも、主催者の責めに帰すべき事由がある場合を除き、一切責任を負いません。
  9. 個人情報の取扱
    1. 参加者は、本イベントへの参加申し込み及び参加にあたって主催者に提供した各自の個人情報が、本イベントの開催、運営及びこれに関連する事項のために、または主催者が開催するイベント等をご案内するために、主催者または主催者の指定する第三者により処理、保存、および使用されることに同意するものとします。なお、主催者の個人情報の取り扱い方針は、以下をご覧ください。
      「トレジャーデータ株式会社 個人情報保護方針」(https://www.treasuredata.co.jp/privacy/policy/
  10. 反社会的勢力の排除及び禁止行為
    1. 参加者は、現在、過去に関わらず、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。 「個人情報の利用目的について」に記載した利用目的と同じです。
      1. ・暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. ・暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. ・自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. ・暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. ・役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    2. 参加者は自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
      1. ・本イベントの運営を妨害する行為
      2. ・暴力的な要求行為
      3. ・法的な責任を超えた不当な要求行為
      4. ・取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
      5. ・風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
      6. ・その他前各号に準ずる行為及び本イベントにふさわしくないと主催者が判断する行為
    3. 参加者が上記表明及び確約に反することが判明したときは、主催者は何らの催告をせず、参加者の参加を取り消します。参加者はこれになんら異議を申し立てることができないものとします。
  11. 免責事項
    1. 本イベントに参加したこと、参加者の素材の持ち込みおよび利用、本イベントにおいて参加者が開示した情報、または本イベントで創作・開発した成果物や発表内容に関連して、参加者自身に不利益、損害等が発生した場合でも、主催者等は一切の責任を負いません。
    2. また、これらに起因して参加者同士、もしくは参加者と第三者との間に紛争等が生じても、主催者等は一切の責任を負いません。
  12. その他
    1. 本規約の効力、履行および解釈については日本法に準拠するものとし、本イベント又は本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

Back to top button

Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

今すぐダウンロード

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

今すぐダウンロード

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

今すぐダウンロード

Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

今すぐダウンロード

無料オンライン相談窓口開設

CDPに関するお悩みを解決しませんか?

お気軽にご相談!