記事

よくわかるDX – 交通業界編

〜「移動手段」から「新たな価値提供」へ進化するためのデータ戦略〜

生活者のデジタルシフト、沿線人口の減少、コロナ禍での移動ニーズの減少など、交通業界を取り巻く環境は変化し続けています。

今や、交通業界の価値提供は「移動手段」だけにとどまりません。デジタル化、IoT化がすすみ、データの種類と量が爆発的に増大する時代にあって、交通インフラを起点に幅広いデータを取得できる業態だからこそ、「生活者一人ひとりへの最適な体験提供」を実現できる可能性を秘めています。

本セミナーでは、データを活用した交通業界のDXの可能性と、そこでCDPが担う役割についてお話しいたします。

申し込みはこちら

プログラム

  • Opening
  • ビッグデータを活用した鉄道会社のDX戦略
    • 交通業界を取り巻く外部環境
    • 業界が抱える課題とマーケティング戦略
    • CDPの提供価値とDX
  • Arm Treasure CDPについて
  • Q&A

開催概要

日時 2020年7月9日(木) 15:00-16:00
実施方法 オンラインミーティング形式での開催です。
詳しくはメールにてご案内します。
対象 交通、鉄道業界のマーケティング、IT部門、デジタル推進部門、経営企画部門に携わる方
主催 トレジャーデータ株式会社
ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

スピーカー

  • 若原強
    若原 強(Tsuyoshi Wakahara)

    トレジャーデータ株式会社 / エバンジェリスト

    SIer、戦略コンサルティングファーム、広告代理店、事業会社を経て2019年トレジャーデータ 株式会社入社。エバンジェリストとしての活動を通じ、データを活用した社会変革の拡大に従事。

  • Jotaro Kuwahat
    桑畑 穣太郎(Jotaro Kuwahata)

    トレジャーデータ株式会社 / セールスディベロップメント

    大手カード会社にてデータベースマーケティングに従事した後、マーケティングコンサルティングファームおよびデジタルエージェンシーに参画し、エンタープライズ企業のブランド構築·デジタルマーケティング·CRMを推進。2018年4月にトレジャーデータに参画。金融·不動産·交通·旅行といった業種向けにCDP(カスタマーデータプラットフォーム)活用の啓発·支援を行う。

お申し込み

セミナーのお申し込みにはユーザー登録・ログインが必要です。

ログイン

 

申込ボタンをクリックしても完了画面画面に遷移しない場合は、アドブロッカー、Ghostreyなどのアドオンを一時的にOFFにして登録をしてみてください。登録完了の完了メールが到着しない場合は、sdr-jp@treasure-data.comまで、お知らせください。

Tags
続きを読む
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

Close