記事

よくわかるDX – 保険業界編〜生損保一体ビジネスをドライブするデータ戦略〜

〜生損保一体ビジネスをドライブするデータ戦略〜

保険業界に関わる事業環境は、自然災害頻発、人口減少、テクノロジー進展など、めまぐるしい変化を続けています。また既に国民の8割以上が生命保険に加入しており、少子高齢化も相まって、飽和状態に陥りつつあります。

そうしたなか、テクノロジーを活用し顧客理解を深め、「顧客一人ひとり」に対し、生涯に渡り、生損保一体の商品開発・販売を行うことで、LTVを高め、グローバル(国内/海外)の保険ビジネスを成長させる「データ戦略」が注目されています。

本セミナーでは、データを活用した保険業界のDXの可能性と、そこでCDPが担う役割についてお話しいたします。

プログラム

  • Opening
  • ビッグデータを活用した保険業界のDX戦略
  • 保険業界を取り巻く外部環境
  • 業界が抱える課題とマーケティング戦略
  • CDPの提供価値とDX
  • Treasure Data CDPについて
  • Q&A

開催概要

日時 2020年8月7日(金) 14:00-15:00
実施方法 オンラインミーティング形式での開催です。
詳しくはメールにてご案内します。
対象 保険業界のマーケティング、IT部門、デジタル推進部門、経営企画部門に携わる方
主催 トレジャーデータ株式会社
ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

スピーカー

  • 若原強
    若原 強(Tsuyoshi Wakahara)

    トレジャーデータ株式会社 / エバンジェリスト

    SIer、戦略コンサルティングファーム、広告代理店、事業会社を経て2019年トレジャーデータ 株式会社入社。エバンジェリストとしての活動を通じ、データを活用した社会変革の拡大に従事。

  • Jotaro Kuwahat
    桑畑 穣太郎(Jotaro Kuwahata)

    トレジャーデータ株式会社 / セールスディベロップメント

    大手カード会社にてデータベースマーケティングに従事した後、マーケティングコンサルティングファームおよびデジタルエージェンシーに参画し、エンタープライズ企業のブランド構築·デジタルマーケティング·CRMを推進。2018年4月にトレジャーデータに参画。金融·不動産·交通·旅行といった業種向けにCDP(カスタマーデータプラットフォーム)活用の啓発·支援を行う。

続きを読む
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

Close