記事

【9月23日開催】よくわかるDX – 消費財メーカー編 DAY2  〜D2Cを成功に導くデータ戦略〜

〜D2Cを成功に導くデータ戦略〜

メーカーが直接消費者に販売するD2Cは、新しいビジネスモデルとして注目されています。ブランドからの一方的な発信ではなく、様々な媒体を通して双方向で世界観を作っていくD2Cビジネス。その成功には「顧客データの活用」と「活用のためのデータ基盤構築」が欠かせません。

顧客一人ひとりに直接寄り添い、個別最適なマーケティングを実現するために、どうデータを活用していけばいいのか。

本セミナーでは、D2Cビジネスの成功事例を交えながら、そこで顧客データ基盤であるCDP(カスタマープラットフォーム)が担う役割についてお話しいたします。


受付終了しました

プログラム

  • 消費財(CPG)業界の環境変化と新たなビジネス機会
  • D2Cモデルの可能性と課題
  • 国内外のD2Cモデル成功事例
  • データ活用戦略のステップ
  • カスタマーデータプラットフォーム(CDP)によるデータ活用事例

開催概要

日時 2020年9月23日(水) 14:00-14:50
実施方法 オンラインミーティング形式での開催です。
詳しくはメールにてご案内します。
対象 食品・飲料・日用品・化粧品など消費財メーカーのマーケティング、IT部門、デジタル推進部門、経営企画部門に携わる方
主催 トレジャーデータ株式会社
ご連絡先 sdr-jp@treasure-data.com

スピーカー

  • Jotaro Kuwahat
    桑畑 穣太郎(Jotaro Kuwahata)

    トレジャーデータ株式会社 / セールスディベロップメント

    大手カード会社にてデータベースマーケティングに従事した後、マーケティングコンサルティングファームおよびデジタルエージェンシーに参画し、エンタープライズ企業のブランド構築·デジタルマーケティング·CRMを推進。2018年4月にトレジャーデータに参画。

セミナーのお申し込みにはユーザー登録・ログインが必要です。

ログイン

続きを読む
Back to top button

Arm Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

Arm Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

無料オンライン相談窓口開設

CDPに関するお悩みを解決しませんか?