記事

D2C時代のメーカーマーケティング戦略 | 動画でわかるDX

コロナ禍によるデジタルシフトが加速し、リアルの顧客接点の役割があらためて問われる中、新しい顧客接点の作り方として「D2C(Direct to Consumer:ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」への注目が高まっています。

購入をゴールとせず、購入後も消費者との継続的な関係構築が求められるD2Cにおいて、メーカーはどのようなマーケティング戦略を描けばいいのか

株式会社顧客時間 共同CEO 取締役の奥谷氏をお迎えして「D2C時代のマーケティング戦略」についてお話しいただきました。

スピーカー

  • 奥谷孝司
    奥谷 孝司 (Okutani Takeshi)

    オイシックス・ラ・大地株式会社 / 執行役員 Chief Omni-Channel Officer

    株式会社顧客時間 / 共同CEO 取締役

    97年良品計画入社。10年WEB事業部長に就き「MUJI passport」をプロデュース。15年10月にオイシックス(現オイシックス・ラ・大地株式会社)に入社し、現職に。17年10月Engagement Commerce Lab.設立。18年9月株式大広との共同出資会社株式会社顧客時間設立。共同CEO 取締役に就任。

モデレーター

  • 若原強
    若原 強(Tsuyoshi Wakahara)

    トレジャーデータ株式会社 / エバンジェリスト

    SIer、戦略コンサルティングファーム、広告代理店、事業会社を経て2019年トレジャーデータ 株式会社入社。エバンジェリストとしての活動を通じ、データを活用した社会変革の拡大に従事。

Topics

メーカーのこれからの顧客接点の作り方

  • これまでの顧客接点とその課題
  • これからの顧客接点の作り方

D2Cへの転換で、ビジネスはどう変わっていくのか

  • D2Cマーケティングの顧客理解
  • 上質なユーザー体験によるLTV向上のために

多種多様なデータを扱う際に必要なこと

  • D2Cにとどまらない、小売店頭やEC接点のデータ
  • マーケティング以外のデータ活用
  • 顧客データ基盤(カスタマーデータプラットフォーム)の必要性
続きを読む

トレジャーデータ株式会社

2011年に日本人がシリコンバレーにて設立。組織内に散在しているあらゆるデータを収集・統合・分析できるデータ基盤「Treasure Data CDP」を提供しています。デジタルマーケティングやDX(デジタルトランスフォーメション)の根幹をなすデータプラットフォームとして、すでに国内外400社以上の各業界のリーディングカンパニーに導入いただいています。
Back to top button

Treasure Data CDP 事例資料

最新データ活用事例が集結

今すぐダウンロード

CDP導入のためのチェックポイント

大手企業のための、プロジェクト成功のベストプラクティス

今すぐダウンロード

CDPリサーチ資料

プライベートDMP市場動向レポート2020年

今すぐダウンロード

Treasure DataのTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)

Forrester Consulting 調査レポート

今すぐダウンロード

無料オンライン相談窓口開設

CDPに関するお悩みを解決しませんか?

お気軽にご相談!