キリンがTreasure Data CDPと共に歩みだしたマーケティングのデジタル変革

キリン株式会社

キリン株式会社のデータ活用事例を今すぐダウンロード

パーソナライズしないとモノが売れない時代 。

数多くの商品ブランドをそれぞれの事業部で同時展開している消費財メーカーにとって、マーケティング戦略を抜本的に見直すことは決して簡単なことではありません。

しかし、国内需要が減速し消費者のライフスタイルが大きく変化している現代社会において、長年培ってきたマーケティング戦略に固執することは、成功体験の成熟というメリットがある一方で時代とのミスマッチというリスクをも生み出す可能性を秘めています。

特に、テクノロジーの発展によって消費行動がデータ化された昨今、企業のマーケティングもデジタルを活用した変革が求められています。

こうした市場環境において、飲料・酒類分野で日本を代表する企業であるキリンは、時代の変化に対応すべくマーケティングのデジタル変革に挑んでいる企業のひとつ。

キリン デジタルマーケティング部の山中啓司氏に同社のマーケティング活動における変化をお聞きしました。

下記フォームへ必要事項をご記入の上、お進みください