JTが厳しい規制を遵守しながら顧客ロイヤリティを最大化

日本たばこ産業株式会社

日本たばこ産業株式会社のデータ活用事例を今すぐダウンロード

たばこビジネスにはマーケティングに多くの制約が存在します。

インターネット広告も含めて対外的な広告宣伝は厳しく規制され、オウンドメディアの閲覧には身分証明書の提出を必須とする会員登録を求められます。

その中で各社は愛煙家を対象とした厳しい顧客争奪戦をしなければなりません。

また、たばこビジネスにおいて「たばこを吸いましょう」という新たな喫煙者の創出を推奨することはできません。たばこビジネスにおけるマーケティングとは、既にたばこを愛用している喫煙者のみが対象となります。

そのミッションは、自社製品を愛用している顧客のロイヤリティを最大化することであり、また他社製品を使用している顧客を自社の顧客にリプレイスすることです。

こうした市場環境において、長年日本のたばこビジネスを牽引してきた日本たばこ産業(JT)は、テクノロジの進化によって蓄積される顧客データをどのようにマーケティングに活かそうとしているのでしょうか。

同社たばこ事業本部マーケティング&セールスグループ 平谷氏と田中氏にお話を伺いました。

下記フォームへ必要事項をご記入の上、お進みください