朝日新聞社の顧客データ活用法と新メディア構想

株式会社朝日新聞社

メディア業界の最新事例を、今すぐダウンロード

世の中のあらゆるデータを収集・分析・連携できる基盤、Treasure Data CDP。
企業内のサイロ化されたデータを統合・分析し、それにもとづいた施策を打つことで、個々の顧客体験を最大化させることが可能です。

1879年に創刊した朝日新聞社は、日刊新聞を中心にさまざまなメディアを運営する企業です。
社員数約4400人のうち、半数が記者や編集者としてメディアに携わっています。

報道だけでなく、全国高校野球選手権大会や、吹奏楽や合唱コンクール、展覧会といったリアルイベントなども主催しており、SNS上でも幅広いタッチポイントを有しています。

朝日新聞社では、2016年に企業理念として「ともに考え、ともにつくる」を掲げました。

インターネットの隆盛にともない、新聞業界は厳しい状況に面しており、抜本的な改革が急務。顧客志向のビジネス展開に向け、オーディエンスデータの活用に取り組んでいます。

下記フォームへ必要事項をご記入の上、お進みください